メイン

つぶやき・・・ アーカイブ

2005年08月24日

仕事完了!だけど・・・

お盆を挟んでやっていた仕事がほぼ完了。
「挟んで」というのは、つまり「通して」という意味です。
頑張れば、少しは休めたかも知れないけれど、
休日の仕事はつい、だらだら続けてしまいます。
イカンところです。

さて、もう1件片づけて、カヌーでもやりたいところ。

2005年08月30日

何を伝える?

8月は、終戦記念の番組が最も多い時期です。
今年は、特に、戦後60年の節目ということもあってか、特に多かったように思います。
昨夜も、「TBSテレビ系列 ドラマ特別企画」と称して「広島・昭和20年8月6日」 をやってました。
私は、この手の番組の「被害者意識」ばかりが強調された「お涙頂戴スタイル」が嫌いで、いままであまり見ることもなかったんですが、「もう一度戦後を見直そう」という最近の機運もあることだし、何か代わっているかも知れないと思い、観ることにしました。

結果は、相変わらず・・・・。
伝えるのは、戦争の中のごく普通の人が犠牲になった、という通り一遍のストーリー。
最後は原爆が落ちて、ホワイトアウトしてお終い。
これじゃ、原爆の恐怖なんて伝わらないです。
NHKで、「裸足のゲン」の作者の中沢さんが、カナダとドイツの高校生に原爆の真実を伝える、という番組をやってましたが、彼が語る原爆の実体験と較べてあまりにも中身がありません。
ゴールデンタイムに残忍なシーンを流すごとを躊躇したんでしょうか?
「戦争の残忍性」を伝えるのが目的のはずなのに?
最後のテロップに、燃えた死体やひどいやけどを負った人の写真が、申し訳程度にながれましたが、その部分を映像化しないと意味無いのでは?
憤りしか残らないドラマでした。

2005年09月02日

タイガー&ドラゴン

といっても、ドラマではなく、セリーグの首位攻防戦の話です。
阪神タイガース vs 中日ドラゴンズ、がっぷり四つに組み合っています。
阪神は、今岡が昨日の試合で完全復調の予感。
赤星の調子はもう一つだけど、打線につながりが出て得点力が上がってくれば、
使われすぎの投手陣を休める事が出来るでしょう。
さて、どうなるか?
岡田、落合両監督の采配も見物。
楽しみです。

ところで、なんで、こんなおもしろい首位攻防戦を放送しない?(関東地方)

2005年09月03日

まどろっこしいもの

3Dのレンダリングのやり直し。
いくらマシンが速くなっても、
3Dレンダって、まどろっこしいです。
これを何時間もかけてやる人、尊敬!
まぁ、気合いの入ったものが出来上がると、それはカンドーなんでしょうけど・・・。

2005年09月05日

献血

昨日、運転免許の更新に行ってきました。
駐禁の違反があった私は、フツーに運転免許試験場へ。
あの前近代的なシステムについての不満を晴らす意味でも、帰りに、久しぶりに献血でもしようという気になりました。
以前やったときは、たしか飲み物をもらえましたが、今回もアクエリアスを事前に飲むことを勧められました。そればかりか、昼食前ということで、クッキーも食べろと勧められます。で、終わったら、また飲み物や食べ物を勧められます。なんだかすごい厚遇です。
もちろん、血糖値を下げないようにという配慮ですが、なんんだか居心地悪いくらい・・・。
私の他にも何人か若い人が受けていました。
1人の男の子は、なんだか痩せてるなぁと思ったら、体重が48キロ。
スタッフのおばさんに、「ありがたいけど、規定で受けられないのよ」とやんわり断られてました。
気持ちはわかるけど、どっちかと言えば、輸血される側じゃないかな?(^_^;

もう1人は、彼氏と一緒に来た若い女の子。
この子の場合は、血が薄かったので、アウト。
ダイエットもほどほどにネー。

意外に断られる人がいてびっくり。

2005年09月11日

選挙

行けませんでした・・・。(;^_^A アセアセ…

休日出勤で、オフィスから帰れなかったわけですが、ちょっと残念でした。
投票率も随分高かったようで、それだけ「面白い」戦いであったということでしょう。
今の投票システムでは、67.51%は、なかなか頑張った数字だと思いますが、
もう一度、選挙と投票のシステムは再考願いたいですね。
私のように、急な予定変更で選挙に行けない人もなんとか参加出来るようにして頂きたいもの。
それと、まず、あの「どぶ板選挙」と呼ばれる「連呼」と「握手」だけの方法はいかにも旧いし、本質的な政策論争とはかけ離れています。選挙戦略は大事ですが、まず、政策を謳うのが先です。常日頃からマスコミを通じてでも、政策論争をやっていただきたいところ。

2005年09月14日

民意

民のせいにするなつーの。
勝ったほうも負けたほうも、770億円の血税を使ったことを忘れてませんか?。

1000万分の1

IMGP0322.jpg

今年になってから、台所を中心に”アリ”が出没するようになりました。
原因は、おそらく、私が料理をした後に、きちんと掃除をしていないためでしょう。
アリの行動をはなかなか面白いです。
彼らは、「どこそこに美味いものがある」とか、「帰り道はこっち」みたいに、お互いに情報のやりとりをしています。
1匹でいるときは、当然、自分の判断で行動しているわけですが、全体としては、極めて統率された団体生活を行っています。
いくらおいしいご馳走を見つけても、独り占めするやつなんていません。
写真で食べているのは、たぶん、昨夜の私の晩酌の肴であったイカの塩辛の切れはし。
アリは、好んで甘いものに群がると思われがちですが、グラニュー糖は、意外に不評です。
でもケーキなどには群がります。
先兵隊のアリがいると、ケーキのクズなどを置いてやります。
そうすると、臭いがするのか、触覚をヒクヒクさせながらケーキを探し当てます。
なんたって、の体重は、人間の1000万分の1。
クズといっても、アリの何倍もある大きさですから、人間ならお菓子の家みたいなスケールです。

そんな食べ物を見つけた日には、人生最高の喜びでしょうね。

「おろろ・・・。な〜んかええ臭いするんとちゃう?」
「近いよ、近いよ。」
「うっひょぉ〜!でっけーケーキ!」
「やりぃ〜、オレってめっちゃラッキー?」
「早くみんなに知らせんとあかんわ・・・」
「まてよ。見つけんたのはオレ1人。バックレちゃうかぁ」
「こんだけあったら、1年は遊んでくらせやろ」
「だまってりゃわからんへんか・・・」
「いや、アカンアカン、何考えてんねん、オレ!遊んでしもたら働きアリとちがうやろ」
「でも、ここの所、働きづめ。自分へのご褒美。ちょっとくらいやったら・・・」
「やっぱアカン、もしばれたらどないすんねん?」
「まぁ、ひとくちなら・・・」

なんて葛藤してるかも。

【関連サイト】
本当に「ありとあらゆる」アリの話が満タンです。
ここを読むと、間違いなくアリのうんちく王になれます。
ありとあらゆるアリの話

2005年09月15日

これって、ヤバくない?

先日、チャリで近所をまったり走っているとき、
信号のない交差点で、車を待って停止したところ、
若い女性が乗ったチャリが、私を追い抜いて、車の鼻先をかすめて駆け抜けて行っちゃいました。
見通しが悪いので、車は見えないはず。
「ほぇ〜、やっべー!」
私も車の運転手も、唖然呆然です。
はっきり言って、ほとんど自殺志願者。

他にもよく見かけるのが、携帯メールを見ながら、やっぱり、信号機のない交差点をチャリで突っ切るケース。当然、車なんて見ていません。
「おいおい、メールの代わりにあんが飛んで行く気かよぉ・・・(・o・)」

で、目立つのが若い女性。
当然男も多いですが、とっさの運動神経に劣る女性の場合、今までは「むちゃ」をする人は少なかったように思います。
しかしながら、最近はどうも目に付いちゃいます。
少し前のニュースで、長いマフラーが、バイクの後輪に巻き付いて、転倒、死亡した女性がいましたが、「無茶」というより「無知」といってもいいくらい。
なんか、危険に対してすっごく鈍くなってる感じがします。

「これって、マジ、ヤバくないっすか?」

2005年09月26日

サーバー障害

今日25日、午後6時頃からUSENのWWWとメールサーバーがダウンしている模様。
毎度の事ながら、サポートへの電話はなかなか繋がらず、
情報を報知すべきUSENのホームページ自体閲覧不能な状況。
まったく、お粗末なサポート体制には困りものです。

2005年09月27日

メール消失!

9月26日のUSENのサーバーダウンは、予想以上に深刻な模様。
今日、27日になって、仕事関連のメールが届いていないことが発覚。
あわてて、サポートに電話すると、どうやら、一部のメールが消失したらしい。
しかし、障害情報のページには、
「ネットワーク障害」としてしか報告されておらず、
メール消失に関する報告もないのは、いったい・・・甚だ不安なり。
早々に乗り換えるしか・・・。

【追記】
原因はどうやら「gate01.com」の更新ミスとか。
ダイジョーブか?
Internet Watch


【追記2】
未着だったメールが何通か届きました。(28日19時現在)
ただし、すべての未着メールが届いたかどうかは不明。

2005年10月02日

国勢調査

久しぶりに自宅に帰ったら、国勢調査員のメモが、何枚かポストに入ってました。
内容は「〜月〜日、おじゃましましたがご不在でした。〜月〜日〜時頃再度おじゃまします。」
大抵、平日の昼間だったりするので、単身者の私がいるはずもありません。
とうとう、4度目くらいの来訪のメモと共に、用紙が投函されていました。
平日の午後4〜7時頃回収に来るとあります。
今時、そんな時間に帰宅出来るのは公務員くらいです。
さて、中身はとみると、国籍の記載を求める箇所があります。
ま、外国人も住んでますから当然です。
もらった用紙は、オール日本語でしたが、別途各国語対応版があるんんでしょうか?
本人確認の意味合いがあるんでしょうけど、
大した内容でもないのに何度も足を運んで、その費用が心配。
もっと、低コストでより実質的な調査方法があると思うんですけどね・・・(^_^;

2005年10月05日

イジリもの

「機械いじり」やら「盆栽いじり」とか「庭いじり」とか、
いわゆる「イジリもの」って好きですね。
イジリものは、なんというか、結果を求められないというか、
取り留めもなくいじっている時間が心地いいんですね。
最近は、どーも忙しくてイジリものはご無沙汰です。
サーバーイジリ、Flashイジリ・・・したい。

2005年10月12日

ETC前払い割引サービス終了、ってか!

もうすぐ終わるそうです。
高速チケットの割引に代えてということだったはずだけど。
かわりにマイレージサービスなる、従量制の割引サービスが始まるそうです。
50円で1ポイント。
1000ポイントで8千円のキャッシュバックとか。
つまり、5万円分で8千円のお得感は同じというわけ。
でも、これには裏があって、
ポイントの有効期限は2年間だったり、
高速道路によって合算できないケースがあったりで、
まぁ、手前の都合でしか物事を考えられない「お役所体質」はいつになったら直るんでしょうか?

もっとも、1年で3万円分も使わない私などは、
残高リミットの20万円分まで前払いしてしまうと、
6年間以上は、割引の恩恵を受けるわけで、
たぶんその頃には、また様子が変わっているかも知れません。

2005年10月26日

いしかわじゅん氏怒る!

週間アスキーは、アイコンの頃からたまに買っています。
このなかの連載企画、「だってサルなんだもん」(11-1)の中で、いしかわじゅん氏が怒ってました。
その原因は、「USEN9/26チョンボ事件」。
ロケ先の沖縄からのレポートを、ウェブにアップしようとしたところ、
件の騒動で出来なかったとか。
特に、USENが、ドメインの更新を怠ってこういう事態になったことをきちんと謝罪せず、まるで、他のサイトの責任であるかのように報告している点を憤慨してました。
まー、それが普通の感覚ですね。
相変わらず、USENは、事の詳細を公開していないし、当然ながら、今後の対策なども示されていません。

2005年11月10日

金持ちはケチ?

「金持ちはケチ!」とは、良く言われることですが、最近実感しました。

うちのオフィスは、この部屋の所有者から不動産屋を介して借りています。
で、このオーナーがとーーーーてもしぶちん。
マンションも時間の経過とともに、設備?の耐用年数が過ぎてきて、
あちこちガタが出始めるものですが、
今年に入って、浴室の換気扇の音が異常に大きくなり、深夜に回しておくには煩わしいほどになりました。
もう一つは、水道の蛇口からの水漏れ、ひどくはないけれど、いつも水が漏れているのは気になります。
そんなわけで、お盆の前に不動産屋にそのことを告げました。

続きを読む "金持ちはケチ?" »

2005年12月15日

合理的計算?

いよいよ、12月20日、24時を持って、ETCの前払い金の追加が出来なくなります。
残高をチェックしてみたところ、145,050円。
残高の限度額が20万円なので、5万円の追加をしようとすると、
145,050円+50,000円+8,000円=203,050円となり、3,050円超過してしまいます。
1万円づつの追加だと、500円しかついてこないので、最大2,500円のお得。
単純にこの計算で行けば、20日までに3,050円使って、8,000円を狙う方が得な気もします。
しかし、実際のところ考えると、わざわざ「無駄に」3,050円分使うとするなら、
お得感は、8,000円ー3,050円=4,950円となります。
さらにシビアに考えると、3,050円を有料道路で支払うために、相応のガソリン代を支出してしまいます。
具体的に言えば、東京ICから秦野中井ICまで往復約、100キロを走行しないと「クリア」できません。
そうすると、高速燃費が14km/Lで計算すると、860円の出費。
高速に乗るまでのガソリン消費を考えると、ひいき目に見ても、約4,000円ほどになるでしょうか。
2,500円と4,000円。
車で100km走行することの労働コストを考えると、明らかに「徒労」です。
いっそ、誰かに3,050円分を使ってもらえば・・・。
なんて計算をするのがそもそも合理性に欠ける?

2005年12月23日

久しぶりの”注意”

あまり気分の悪いことは書きたくないのですが、書きます。
お昼を食べに、下北の「やさい酒場」に行きました。
前にも紹介しましたが、ここは体に良さそうな料理が特徴です。
いつもの「おばんざいランチ」を注文したところ、
お店の雰囲気が、どうも妙です。
しばらくして、店長と思しき人が、女性スタッフにわめき始めました。
どうやら、店頭の値段の表示を、間違えて平日用を出していたためのようです。
そんなの普通、一度指摘すれば済むことですが、
もう、しつこいくらいにクドクド、クドクド、クドクド、クドクド・・・。
しかも客が数人いるにもかかわらず、です。
スタッフがどれほど失敗しても、客の前に叱責するのは、リーダーの行動としては失格です。
なんとか食事中は我慢していましたが、席を立とうとしたときに、また「クドクド」が始まりました。
不愉快この上ありません。
私は、伝票を受け取ろうとした店員(怒られていた女性スタッフ)を遮って、店長に言いました。
「こんな伝票の間違いよりも、よほどあんたのクドクドのほうがよほど不愉快だよ。」
店長は、一瞬驚いたような顔をして、謝りました。
他人に「注意」するなんて、そんな”玉”ではないんですが、
つい、黙って居れなくて・・・。
歳をとった証拠ですね。(^_^;

2005年12月24日

クリスマス休戦

世は正に、クリスマスです。
もはや「キリスト教徒でもないのに」などと言えない状況です。
しかし、年の瀬はそうでなくとも、何かとせわしい。
クリスマスが終わったら、すぐにお正月です。
なんとか、秋頃にやってくれません?
ダメ?

戯け事はさておき、
「クリスマス休戦」というのがあるそうですね。
戦場の最前線でも、「聖夜」だけは、戦闘をやめたとか。
第一次世界大戦中の1914年、ドイツ軍が掲げたクリスマスツリーを契機に、
イギリス軍がクリスマスキャロルを歌い始め、
お互いに、食料やプレゼントの交換を始めたそうです。
さらに、驚くべき事に、翌日にはサッカーの試合まで始まったとか。
ほんの数時間前まで、殺し合いをしていたにもかかわらず、です。

イラクに代表される、今まさに戦時下にある兵士はどうしているんでしょうか?
しばしの安息があるよう祈るのみです。

2005年12月28日

接客

クルマを買うまでに、いくつかのディーラーで試乗しました。
で、気がついたこと。

「メーカーによって、ずいぶん印象が違う」

トヨタ以外の国産ディーラーに行きましたが、
最も印象がスマートだったのは、「ホンダ」
多分、大きな差は無いと思いますが、ちょっとした事で、印象は大きく変わるようです。
ホンダディーラーの場合、接客の時のしゃべり方や姿勢、大まかな手順など、妙に謙った印象もなく、ごく自然な受け答えをしてくれます。
電話は2コール以内に出ますし、店舗に入ると、すぐに誰からともなく声がかかって、飲み物を用意してくれます。
総じて、マクドナルドのような接客マニュアルが徹底しているかのようです。
で、新しくお世話になり始めた、マツダディーラーは、イマイチです。
電話のコールは、相当待つことがありますし、店舗に入っても、すぐに声がかかりませんん。
担当の方は、当然すぐに来ますが、どうも、自分の担当以外のことには「立ち入らない」ようです。
”チームとしてのまとまり”とでもいうか、お互いの業務の連携がないと「ミス」や「事故」に繋がるので、自分的にも注意が必要かなと思いました。
複数の店舗で感じたことなので、おそらく、マニュアルがないのか、あってもキチンと実践されていないのではと想像します。
その他のメーカーもおしなべて、印象が薄いです。
立ち位置や挨拶の角度、笑顔の具合がバラバラなかんじ。
レクサスが、接客を徹底しているようですが、あんなに大げさにしなくとも、「感じの良い接客」というのは出来ると思います。
客の車が見えなくなるまで、店頭でお辞儀するより、早く電話に出てください!(^_^;

2006年01月25日

グラデーション

早起きは、結構好きな方です。
特に、空気が澄み切った寒ーい朝は、特に。
空が漸く白んで来る頃、微妙に紫ののグラデーションなんて最高。
自然の中の朝は、有無を言わさずいいけれど、
都会の朝も、また違った感じで良いです。
上手い具合に、自分以外の誰も見あたらない時間、
「ひょっとして、この地球に私一人?」
みたいな事を思ったりするのは、楽しいもの。
でも、しばらくすると、
地球人がうじゃうじゃ出てきて、妄想はおしまい。

2006年01月27日

どーなる、Sony?

1月26日付けのCNET Japanによると、
ソニーが、9つのカテゴリーの事業縮小を発表した模様。

・ロボット
・カーナビ
・プラズマテレビ
・クオリア
・エアーボード
・事業用効きなど

ん〜ん・・・、なんとなく、Appleが経営改善の建前の元、自社の面白い研究をやめてしまってしまったこととオーバーラップします。
将来の柱になりそうなロボット。
独自のスピード感あふれるインターフェースのカーナビ。
やめるんですか・・・・。
切り捨てでしか、利益を確保できないという考えは、相変わらずの"ハード志向"。
将来の"種"を捨てるとは!

2006年02月04日

新兵器?

朝日新聞記事によると、東京都が、税金滞納者の車を差し押さえる目的で、器具によってホイールをロックさせる手段をとるそうです。
豪華なクルマを所有しながらも、税金を滞納する人というのは、結構多いようで、
米国などでは、民間委託の"回収屋"なる職業があるとか。
"非武装地域"の日本と較べて、何事も「力」勝負の社会なため、クルマの回収は、とってもキケンが一杯。
クルマを奪われることをおそれるオーナーが、銃で応戦することがあるので、回収屋は、防弾チョッキ着用の上、見張りを立てて、持ち主がいないことを確認しながら、レッカーします。
さて、東京都の「新兵器」は効を奏すでしょうか?
「ホイール交換する」は、出来ないんですよね?

2006年03月22日

苦手なもの

IMGP2034.jpg

白状します。
掃除が苦手です。
掃除をするのは、お客さんが来る前と、
散らかりすぎてどうしようもなくなったとき。
毎年確定申告の後のオフィスは、日頃の散らかり+書類や伝票の山で荒れ放題。
机の天板が見えないし、床は、歩いているエリアとそうでないエリアがはっきり分かる具合です。
しかしながら、片付けなきゃ、と思いつつもパソコンやら車やら、つい目の前の“好物”に走ってしまいます。
ダメ人間ですね。(^_^;)
散らかっていて平気なわけでもなくて、
掃除するときは、とことんやる気持ち満々。
書類は取り出しやすいようにキチンと整理して・・・とやるわけですが、
大抵は、途中で挫折することに。

さすがに、限界です。
そろそろ“戦後処理”をせねばと覚悟を決めました。
出動せよ!HITACHI CV-CD4号。

2006年03月25日

やばいぞ、自分。えらいぞ、ATM!

とってもはずかしいはなしですが、
買い物をして、おつりを受け取り、そのまま商品を置いたまま帰ろうとすることがあります。
完全にシングルタスクの脳みそというか、だいぶ“ヤレ”が出てきているというか、
まぁ、ぼーっとしてるというか、何か考え事をしているとダメみたい。
でも、さすがにやばいなと思ったのは、先日のこと。
ある用事ののために、慌てて近所のセブンイレブンのATMで引き出したものの、
用事を終えて、財布を見たら入っているはずの諭吉さんがいない!
そーです。どうやら、ATMで引き下ろしたお金を置き忘れたようなのです。
ちょっと凹みました。
お金は、まぁ“寄付をした”と思うことにしましたが、
いくら考え事をしていたとはいえ、ヤバイです。
脳年齢計るのが怖い・・・。

数日後、ネットで口座を覗くと、例のポカをした出金のあと、同じ金額の入金を発見しました。
どうやら、引き出されてもそのまま取り出し口からお金を取らないと、自動的に元の口座に戻されるみたい。
お利口〜。えらいぞ、ATM!

2006年03月28日

またまたUSEN不調!

今朝、出社後、ネットを見ようとしたら、いつものサイトが開きません。
すんごく時間がかかるか、最悪タイムアウト。
とりあえず、自分の機器に問題がないことを確認して、USENのサポートに連絡にコールしました。
が、出ません。「窓口業務は10時から」の“機械の声”の繰り返し。
んなはずは無いはず、と調べたら、法人向けは、10時〜20時。
個人向けは、9時〜21時。
なして????
仕方なしに、個人向けサポートをコール。
あきらめた頃に漸く繋がってみると、
「法人向けの取り扱いがないので、窓口が開くのを待って欲しい」とのたまいます。
仕方がないので、10時をまって即コール。
予想通り、繋がりません。
漸く繋がったのは、30分以上してから。
と思ったら、甘かった。
「混み合っているので、そのままの状態で“しばらく”待ってください」の自動応答。
結局、“生の声”が聞けたのは、更に1時間近くしてから。
記録更新です。
うっかり、感動しそうになりました。
と、苦労してサポートにに繋いでみても、多くの場合期待した応えは得られません。
「DNSの障害のようです。現在復旧中です。」

それにしても、サポートの対応時間が契約時より短くなっているのは解せません。
つか、これって契約に違反しないのかしら・・・。(-.-#)

2006年04月22日

行く人来る人

imgp2595.jpg

歓送迎会に出ました。
といっても、以前に勤めていたデザイン事務所の。
長く勤めていた人が、退社し代わりの人が入社しました。
私は、その事務所の社員第1号。
10年も前にバックれたのに、お呼びいただいたのは有り難いことです。
私が入社したのは、さらに9年近く前。
しばらして、オフィスにパソコンを導入することに。
ボスは、PCにするかMacにするか散々悩んだようですが、結果、Macintosh llが導入されました。
ラディウスのモニター込みで数百万の投資。
もし、これが98だったら、私は今の仕事をしていなかったでしょう。
退社する彼は、とっても真面目な好青年。

がんばってほしいです。(^_^)V

【追記:04/23】
実は、電車に乗ったの久しぶり。

続きを読む "行く人来る人" »

2006年05月17日

ごめんよ、ベンジャミン!

先日「五月の花園」でアップした一枚。
実は、自宅ベランダのベンジャミン。
ベランダに出したまま越冬させてしまい、
全ての葉が落ちてしまいました。
普通、11月には室内に入れてやらなきゃいけないのに・・・。
実は、2年ほど前にも越冬に失敗させてしまい丸坊主にしていました。
しかし、時々水をやっていると5月には小さな葉が出てきて復活しました。
今回はもうダメかとあきらめた頃、こんな葉っぱが出てきました。
ごめんよ、ベンジャミン。
もう二度とこんな不憫な思いはさせないからね。m(__)m

2006年05月31日

禁断症状か・・・

2st_eg.jpg

久しぶりにええ天気。
オープンカー日和というには、日差しきつすぎ。
でもこんな日の夕方走ると、さぞ気持ち良いでしょう。
正直、早めに帰ってカッパ2号で走りたくなりました。
これって、禁断症状?
ガバッとアクセル開けて、血液が体の後ろのほうに溜まる感じがほしい!
バイクでもオッケー。
何気に、2ストバイクの中古物件を検索している自分が居ます。(^_^;
良いんですよねー、2スト。
通常走行では不整脈のような排気音で、
「早くアクセル開けろよぉ〜!」て誘うんですよね。
んで、ガバッってアクセル開けようもんなら、
ビーーーーンって回って路面をかっぽじる。

良い出物があるんですよね。(^_^;

2006年06月27日

お嬢様誘拐

いつものウォーキングコース。
やたら警官が多いと思ったら、やっぱり事件だったんですね。
最近、テレビで見かけるのが、
「Aさま特集」みたな、ちょっとリッチな素人さんを取り上げた番組。
今回被害者となった鉢山のお嬢様も、お母さんと一緒に出ていました。
資産家を狙った事件が多いこの御時世に、
当人といい、企画するテレビ関係者といい、
まぁずいぶんと開けっぴろげというか、
無防備といいうか、
ゆるいというか。
「必ず、狙われるだろーな」なんて思っていたら・・・。
幸い、無事だったから良かったですが、
広告を兼ねているとはいえ、「私生活公開」するのであれば、
それなりのセキュリティーの心構え&対策が必要な時代なんですね。
目立たないのがセキュリティーの第一歩なんですが、
やっぱり見せたくなるんでしょうか。

それにしても、あのお母さんの若作りが気になります。
こちらの“セキュリティー”は、完璧なようです。(^_^;

2006年07月14日

歩くということ

天気の良い日の夕方、ウォーキングorジョギングしています。
かれこれ8年ほど続けてるでしょうか。
きっかけは、デザイン事務所を辞めて、自分で仕事をはじめてからしばらくして、
ちょいとジョギングでもと思って走ったら、ものの500メートルほどで息が上がってしまって愕然とした事に始まります。
元々、体力に自信があるとは言えないまでも、人並み以上には丈夫であると自負があったのに、運動不足は明らかでした。
で、慌ててジョギングを始めることに。

続きを読む "歩くということ" »

2006年07月15日

嵐!

殆ど“熱帯性低気圧"。
車が揺れる風雨を体験しました。

続きを読む "嵐!" »

2006年07月19日

IT業界で最も有名な食べ物

spam.jpg

IT業界で最も有名な食べ物です。
でも、実際に食べた経験のある人は少ないのでは?
かくいう私も未体験です。
などという前振りはともかくとして、
最近めっきりスパムが増えました。
せっかくのスパムフィルターなども稼働していたかったようで、
対策はダメダメでした。(^_^;
とりあえず、フィルターを機能させましたが、万一不都合があるかもしれません。
ご迷惑をお掛けするかも知れませんがよろしくお願いいたします。m(__)m

2006年07月30日

キター!値上げ。

IMGP4059.jpg

大方の予想の通り、順調に右肩あがりです。
いよいよハイオク150円突破です。
一頃の1.5倍、50円は高くなっていますから、
一ヶ月に1000km走るとすれば、
10km/Lの燃費で、月に5千円、年に6万円が余計にかかります。
都心では、他の交通機関を使って済ませることが出来ますが、
クルマしか足がない地域では深刻です。
その他にも、原材料費、輸送コストにも同様にかかってきますから、
いよいよ化石燃料以外のエネルギーを本気で考えないといけない時代になりつつありますね。

続きを読む "キター!値上げ。" »

2006年08月02日

サガサナイデクダサイ・・・

kame.jpg

8月に入ったというのに、意外に涼しい日が続きます。
日差しも弱くて、オープンには絶好の天気。
差し迫った仕事もないし・・・。(^_^;
ごめんなさい、サボりです!
カッパ2号で、ちょいと遠出してきます!
では、そういうことで!

2006年08月03日

自殺予防教育?

『自殺予防教育を本格化 文科省、月内にも研究会』
2006年08月03日付けのasahi.comの記事です。
カウンセラーの設置などはともかくとして、
まず何とかしなきゃいけないのは、“親”であり、“大人社会”じゃないかという気がするんですが・・・。

2006年08月10日

参勤交代2006

さて、今年もいよいよ「参勤交代」が近づいて参りました。
私は、関西の某田舎まで、物好きのも、毎回クルマで帰っています。
高速道路の区間のみで618Km。
高速料金は、12650円ですが、深夜割引が3割引になるので、8850円。
クルマを運転するのは大して苦にならないんですが、今年はガソリンの値上がりがイタイ。
ちょっと冷静に計算してみました。

続きを読む "参勤交代2006" »

2006年08月16日

ネットを離れる時間

IMGP4224.jpg

今は、スイカの消費量が減っているんだとか。
かくいう私も、スイカを“買った”記憶がありません。
こうやって、お盆の折に食べるくらい。
子供の頃って、夏のおやつといえば、スイカだったとの記憶があります。
「井戸水で冷やしていたスイカを縁側で・・・」という絵に描いたような田舎生活でした。(^_^;

続きを読む "ネットを離れる時間" »

2006年08月17日

首都圏大停電

そう言えば、東京を離れている間に、事故による停電があったんだとか。
ニュースで知って、うちのサーバーが停止したり、
冷蔵庫のアイスが溶ける、などの被害を予測していたんですが、
何とも無かったようです。
Why?

「最大3時間」とも言われていたようですが、思ったほどでもなかったのか。
一応、無停電電源を設置してますが、それほど長くは持たないはず。
果たして?

それにしても、仕事中や生活で電気が不可欠な人は、怒り爆発ですね。
補償あるそうだけど、作業中のテータが飛んだ場合はどうなるのかしら。
作業時間?
証明が難しそうだから、無理?
約款によると、1時間以上の停電は無条件で、基本料金の3%が返還されるとか。

2006年08月18日

「ググる」、「Pod」は、無断使用お断り!

「ググる」、「Pod」の使用を制限する旨の通達を、Google、Apple各社がおこなったとか。

「アップル、製品名での「Pod」の使用停止を要求--企業2社に文書を送付」
CNET JAPAN 2006/08/16 13:05

「ググる(Googling)」は自然発生的に出てきたものだし、
「Pod」は一般名称でしょうに。
ほとんど、“言いがかり”じゃないかと。
こういう事をやると、反感買うだろうし、
露出が少なくなると、結果的に自分たちの首を絞めることになるんじゃないのかなぁ。
感じ悪いと思うんですが・・・。

2006年08月21日

ゴミを減らすためには

土曜日、煮詰まった頭をほぐす目的で、中目黒にある「BALS Tokyo」に行きました。
ここには、センスの良い家具や小物で一杯です。
値段は、少々、あるいは結構高めのものが多いですが、それでもほしいなぁと思わせるものが並びます。
私に、十分なスペースのある家と、使い道のないお金があれば、良いお得意様になったかも知れません。
この日は、買い物ではなく、頭の中を奇麗なイメージで満たすことに注力しました。

続きを読む "ゴミを減らすためには" »

2006年08月23日

シュレッダーで指切断

シュレッダーで、子供が指を切断する事故が起こっていたとか。
シュレッダーを買おうと思っていた矢先なので、とーっとも気になります。
あの広い口(8ミリとか)じゃ、子供の指はおろか、大人でも細い指なら入ります。
入り口のすぐ近くに、破砕用の刃が付いているので、指が入ればひとたまりもなさそうです。
刃までの距離を長くすれば、指が届かないと思うんだけどなー。
これを作った技術者は、こんなケースを想像できなかったのでしょうか。
毎度の事ながら、こういった“想像力の欠如”による事故が、どんどん増えてる気がします。
理由の一つは、技術や経験の継承が行われていないからでしょう。
とーーーってもヤバイなぁって思うこの頃です。

2006年09月03日

「たかが」、「されど」

R0010035s.jpg

休日は、近所のコーヒー店でモーニングを摂ることが多いです。
まぁ、トーストなんで、大抵は3分ほどで出てきます。
ただ、混み合っているときは、少々時間がかかります。
「まぁ、混み合ってるからしょうがないな」
そう考えられる余裕を持てる程度の「少々」です。
でも、今日は「少々」で済みませんでした。
「ひょっとして、忘れられてる?」

続きを読む "「たかが」、「されど」" »

2006年09月04日

羨ましいもの

「祭り」というのは、いろんな意味があるそうで。
「祠祭」意外に、「消費」「共同体意識」「ストレスの発散」等々。
治める側の都合もあるし、治められる側の知恵であったりもしましす。
今の祭りってなんなんでしょう。
一般的には、地域振興?
副次的には、普段は冴えないオヤジが、光り輝く日?
この日ばかりは、外から来た人間は、観客になるしかありません。
お祭りは、“地元復権の日”のようで、
地元が遠い人間には、とても眩しく見えます。

2006年09月08日

ダイジョーブか、MacBook!

早いところゲットしたいMacBookですが、
掲示板では、相変わらず「電源断問題」の板が伸びています。
ついに昨日、Appleのサポートページに簡単な文書が追加されました。

「お使いの MacBook が断続的にシャットダウンする場合は、サポートサービスの窓口として AppleCare あるいはアップル正規サービスプロバイダまでご連絡ください。」

この文章では、原因が究明されたのかどうかわかりません。
そこで、「アップル製品の購入に関する窓口」にコールしました。
で、そこで得た回答を要約すると、

・製品不具合に対する対処の情報はない。
・ユーザからの「電源断」の報告はあるが、一部の不良品の問題と思われる。
・Appleユーザーは、思い入れの強い方が多いので、話が大きくなりすぎているのではないか。
・万一そう言った症状が出た場合でも、初期不良として交換等で対応する。

う〜ん、本当に「一部」なんでしょうかね。
発症したのが「一部」とも考えられるので、
是非とも、「一部」が不良品になった原因を早急に公開して貰いたいところ。
「不具合が出たら、交換します」っていわれても、
「それなら大丈夫ですね!」なんて言えません。
そもそも、電源断の報告があるパソコンなんて、怖くて仕事で使えないんですが。

2006年09月21日

子供だって「プハァ〜」

IMGP4518.jpg

先日、ラーメン屋で見かけたポスター。
ちょっと飲んでみたくなります、「こどもびいる」。
メーカーのサイトも面白い。
ライバル商品で「よいこのビール」なんてーもあります。
なんとなく、
「よいこのびいる」=正義・よい子
「こどもびいる」=チョイ悪系
のような構図に見えます。
う〜ん、どっちも飲んでみたい。

お父さん:「とりあえずビールね」
息子:「あ、オレもビールちょうだい!」
お父さん:「おれも、こどもびいるもらおうかな」
店主:「だめだめ!大人なっちゃったらダメだよ」

ってな感じになるんでしょうか。(^_^;
この調子で行けば、「こどもざけ」とか、「こどもタバコ」なんかも登場する?
挙げ句の果てには、「こどもすなっく」に「こどもくらぶ」なんて・・・。
どーする、おとな!

2006年09月22日

アップル大忙し!

アップルの掲示板で書いたコメントが削除されてしまいました。
サポートのサイトに、「ユーザ同士の情報交換の場」としてあるはずなんですが、
「不適切」と判断されたコメントは、時々、削除されます。
一応、技術情報の交換と言う名目なので、販売やサポートに関する不満は、削除対象のようです。
話の流れで出てきたコメントなのに、削除されて繋がりがわからなくなったりしています。
電源断の不具合で問題を抱えるMacbookの掲示板では、頻繁に削除されているようです。
このMacbookの不具合に関しては、相当神経質になっているようです。
それにしても、アップルからの情報が無い故に、掲示板を頼って来ているユーザも多いのに・・・。
順序が違う気がします。
まぁ、サイト管理を請け負った会社が、契約に従ってやっているだけのことでしょうけど、とっても印象が悪いです。
Apple Discussion board (Macbook)

2006年10月03日

もはやデザイン不能?

IMGP4706.jpg

今月号の『日経デザイン』です。
特集は、意匠権、商標権、著作権の現状と対策。
製品開発をしてると、否が応でも関わってくるのがこれらの対応。
ものを作る側からすれば、しがらみなく、自由に作りたいのはやまやまですが、
これらの権利に抵触せずに製品開発をすることは、年々厳しくなっています。
この本では、携帯電話を例に取り上げていますが、もう殆どデザインは出来ないんじゃないかと思えるほどがんじがらめ。
携帯の多くの意匠権を持っていいるのはシャープ。
携帯にスピーカは付きものでですが、あらゆる場所に縦長のスピーカを配した意匠を登録しているため、縦長のスピーカを使おうとする限り、どうやってもシャープの意匠権に引っ掛かってしまいます。
その他にも、製品の一部の形状のみの意匠を「部分意匠」として登録できるため、、
レンズとフラッシュのあらゆる意匠を登録されていたりします。
この場合、全体の形は似ていなくとも、レンズとフラッシュの意匠が訴えの対象になり得ます。
こんな塩梅なので、とにかく、他社の意匠権に抵触しないようにデザインするのは至難の業。
まともな形を提案するとダメなので、わざわざ本意でないデザインになっていたりするようです。
店頭で、「なんでこんな変なデザインにするんだろう?」
って思った製品は、そんな複雑な事情があるのかも知れません。
権利保護は大事ですが、それが行きすぎると、結果としてユーザーの不利益に繋がってしまいます。
登録の審査は慎重に行ってもらいたいものです。

【特許庁サイト】

2006年10月07日

天高く“人馬”恋ゆる秋

昨日の雨がウソのような秋晴れです。
「ああ、オープンカー、最高!」って思える季節到来です。
都心から程なく離れたこのカントリーロードを走りながら、
停車の度に見上げると、
目に入ってくる物は、木々とこの空のみ。
うう、気持ち良すぎ・・・(T^T)。

続きを読む "天高く“人馬”恋ゆる秋" »

2006年10月10日

パワー・ナップ

IMGP2063.jpg

Power nap」(パワー・ナップ)なる言葉があるそうで。
いわゆる、「昼寝」と違うのは、お昼に仮眠をとることで、
集中力が回復して、午後の仕事の効率アップに繋げましょう、ということらしいです。
数年前から出ていた言葉のようですけど、さほど広がっていないところををみると、
実践している人も多くはないのでしょう。
ニュースで、聞いた例しもありません。
「パワー」って名前も、イマイチ芳しくありません。
同じ類の「パワーランチ」なんてのもありますけど、
深夜の通販番組でやってる、筋トレマシンの名前みたいで、
“単純パワー全開”みたいなノリは、ビミョ〜。
ともかく、昼間の15〜20分の仮眠というのは、生理学的に良いことは確かなようです。
でも、仕事に依っちゃ、「そんなの無理!」って声もあるでしょう。
いっそのこと、昼寝を義務化しちゃったらどうでしょうか。
午後は、どこの会社もお昼寝タイム。
それくらいに、世の中がゆるくなれば、変な犯罪や自殺なんかも減るかも知れません。
因みに私も時々昼寝を実行しています。
お昼を過ぎると、大抵は左脳の働きが著しく低下するんですが、
昼寝をするとやや回復するようです。
ただし、「パワーナップ」というよりは、「シエスタ」に近いですが。(^_^;

2006年11月08日

つか、高くなぃ?「新幹線」

ちょいと京都まで出かける事になりそうなので、計画立ててみました。
電車だと13700円。3時間46分。
念のため、クルマでも計算。
499km。13km/L、135円/Lとして、ガス代に5182円。
高速料金は、10050円(夜間割りで、7050円)。
夜間割りで行けば、12,232円!
時間こそ6時間40分かかるけど、クルマのほうが1500円近く安いです。
クルマのほうが全然非効率なのに、大量輸送している鉄道が高いのは“ロハズ”じゃない!
特急料金高すぎでない?
TGVだとパリーストラスブールが503kmで2等7500円(1等でも12100円)。(H.I.S)
かなり営業努力が足りないって気がするんですが・・・。
つか、たっぷり税金かけて民営化してコレ?って感じなんですが。
って、あまり文句言う人もいないんですね・・・。(^_^;

2006年11月14日

愛国心を教えるぅ?

「愛国心を教える」なんてことを検討しているそうですが、
教えられるものなんですか、“愛国心”。
つか、そんなの議論するまでもない気がするんですが。
「日本の四季は美しい」ってことを教える先生がいましたが、
何が美しいかは、個人の感性の問題です。
政治家が平気でウソを言ったり、受験のために学校がズルをする国を、子供が誇りに思うはずはないでしょう。
こんなことを、真面目に検討する人種がいるらしくて、
またそれが想像以上に多いみたいで頭がイタイです。

どうします?「日本ほど美しい国はないですね」なんて小学生が現れたら。

2006年11月16日

ゲーム商戦開始!だけど・・・

PS3、Wii、Xboxと、クリスマスに向けて、ゲーム商戦開始です。
でも、ゲームには一切興味がない私は、萌えません。
ただ、仕事の関係で、ゲームのインターフェースには興味があります。
なので、PS2もオフィスのモニターの裏に転がっていますが、
数回使ったきりで、置物状態。
PS3やWiiも値下がりをした頃に、研究用に買わねば。
あ、そういえば、PS2は、DVDプレーヤーとして使えるんですね。
PS3はHDレコーダーくらいにはなるかしら。

2006年11月21日

自宅は小高い丘の上の5階にあるので、結構見晴らしが良いです。
以前に言ったように、天気がよい日は、富士山やみなとみらいまで見えます。
昔、自宅で仕事をしていた頃、暇なときには、窓からの風景を飽きずに見て過ごしました。
オフィスが都心になってからは、蜘蛛の巣のような電線の類の隙間から見える空も小さく、見る機会も減りました。
住居もいっそ都心に移した方が、効率がよいことはわかってるんですが、決断できません。
見晴らしが悪くなるというのは、決断できない理由の一つです。

続きを読む "空" »

悩み所のIntel Mac

よほど買おうかと思ったMacBook。
あまりにも出来の悪いプロダクトのよう。
マイチェンはしたけれど、過去の経験から言えば、基本設計が改まらない限り、
ダメなものはダメ。
デザインはイマイチパッとしないけれど、
Core2duoのmacBookProは、なかなかまともそう。
何度か、購入のボタンをクリックする手前までいっています。(^_^;
しかし、メインマシンの更新は時間がかかりそう。
請求書を書いてるソフトはOS9じゃないと動かないし、
すでに、OSX10.3から10.4になっただけで動かなくなったプリンタードライバーが、
IntelMacで動く可能性は限りなく低いです。
便利なユーティリティーやアプリのいくつかの動作は保証出来ないし、
そもそも、普段使うソフトが、当分Intelネイティブじゃないだろーって話もあります。
因みに、うちのメインマシンには、バージョンの異なるOSが必ず入っています。
このおかげで、「難を逃れた」ことも何度かあります。
「MacはWinと違って、相性問題はない」って言い切れるビギナーでもないで、
まぁ、トラブルに陥らない予防線を、色々と張るわけです。(^_^;
う〜ん、考えれば考えるほど、買い換えの意義がわからなくなります・・・・
つか、アップルがプラットフォームいじる度に、出費がかさんで大変なんだけど。
さらによく考えれば、IntelMacの構想中に、
Intel PCのネガティブキャンペーンやってたんですよね、アップル。
あのとき、同調して、2chあたりでIntel攻撃してたMac信者はどうしてるんでしょう。
歴史を振り返ると今がわかるといいますが、
ますますわからなくなる事もあるようです。(-_-;)

2006年11月23日

崖っぷち

「崖っぷちの犬」

つか、これ、公共の電波で放送する内容じゃないですよね。
他にもっと大事なニュースがあると思うんですけど・・・。
そんなコメントが一つも出てこないのが不思議でなりませーん。

2006年11月28日

里山の行方

京都遠征のついでに、実家に帰った折り、
近所のなんてこともない風景を撮りました。
子供の頃と大きく様変わりしてはいないですが、
高齢化やら人口の減少で、農業の担い手が減ったこともあって、
野山の手入れが悪くなっているようです
材木価格の下落もあって、倒れた杉はそのまま放置され、
下草の刈り取りもままなりません。
区画整理が進み、かつての小さな田んぼ空き地になりました。
山は手入れがされないと、木々が茂り、背の低い植物が育たなくなります。
そうすると、イノシシや鹿が、餌を求めて里に出てきます。
なにやらガチャガチャ音がするので、山のほうを見てみると、
立派な角を持った大きな牡鹿が、ワナの檻に入っていました。
最近、全国でクマの出現が話題になっていますが、
“グレーゾーン”の里山が減ったのも原因の一つでしょう。

2006年11月30日

自殺願望?

昨夜帰宅中、危うく人を轢きそうになりました。
世田谷の某中道。前のクルマに続いて、信号のある交差点にさしかかった時、
同時に自転車に乗った高校生のカップルがさしかかりました。
車側の信号は、青。
当然ながら、人側は赤なので、止まるものと思っていたら・・・止まらない!
そのまま車道を突っ切りました。
先に走っていた彼女は、携帯電話で会話中。
私、慌ててブレーキ。
彼女は、ずーっと会話中。振り向きもしません。
信号もクルマもまったく見た様子はありません。
「お〜ぃ、彼女、今私がブレーキふまんかったら、あんたイッてるでー!」
後ろを走っていた彼は、彼女につられて道に出ようとしたものの、
私の車に気づいて思いとどまりました。
実は、最近こんなケースがとっても多いんです。
老若男女、みんな携帯に夢中。
命をかけて話さなきゃいけないことがあるんでしょうけど、
私の車の前には出てこないで。

キャピトル東急、営業終了

だそうで。
数々の逸話のあるホテルとも知らず、
その昔、利用したことがあります。
和風モダンの落ち着いた内装だった記憶があります。
歴史のあるホテルが無くなるというのは、なんだか寂しいですね。
特に、このホテルに想い出のある人にとっては、殊の外でしょう。
跡地は、建築家の隈研吾氏が監修をするとか。
その昔、CD-ROMコンテンツ花盛りだった頃、
素人ヌードの『Yellows(イエローズ)』で一山当てたコンテンツ制作会社のデジタローグのお手伝いで、
隈研吾さんのプレゼンテーション用のDirectorムービーを弄っていた事を思い出しました。
追い込みの時は、デジタローグで徹夜がかさなり、
ドライアイがひどくなって片目ができ物で腫れ上がりました。
(ぶちゃけ、私がへぼかったんですが・・・)
男女関係なく、寝袋で泊まり込んでたりして、
当時はやっていた大規模ディスコ風に言えば、「イケイケ」?(^_^;
そう言えば、ボイジャーっていう、良質のMac向けコンテンツを制作していた会社なありました。(今もあるって)
『Yellows』は、Web版になって生き残っているようだけど、初期の頃に撮られた彼女たちはすっかりオバサンになってるはず。権利関係はどうなってるんだろう。
なんだか、つい昔のことが気になるニュースです。

2006年12月08日

僕、俺、私

bokuorewatashi.jpg

ブログ花盛りな昨今ですが、
皆さんは、どんな一人称で自分を表しているでしょうか。

続きを読む "僕、俺、私" »

2006年12月13日

Macはそんなにすごい?

apple_cf.jpg

ご存じ、AppleのTV CFです。
「Macとパソコン」「ウィルス」「iLife」「年賀状」の4つのバリエーションがあります。
いわゆる「Mac以外」のパソコン(つまりWindows)と較べて、Macが如何に優れているかを謳っています。
私は、どうもこの手の広告が苦手です。
今や、Macのシェアーは、数パーセント。
ものが売れる条件は、製品の良さのみでは無いことあるでしょうけど、
「そんなに良いものがなんでこんなに売れていないの?」
へそ曲がりな私は、ついつい突っ込みを入れたくなります。

続きを読む "Macはそんなにすごい?" »

2006年12月25日

苦手なもの

苦手なものと訊かれて、すぐに思い付くのは、「ホラー映画」「暴力シーン」「ジェットコースター」。
大体、この3つが三大苦手なものといえます。
正直なところ、お金を払ってこれらを体験する人の気持ちがわからない、というのが本音です。
先日、Wiiを物色するために、某量販店のゲームコーナーに行きました。
サンプルでモニターに出るゲームの多くは、いわゆる「バトルもの」。
一撃を食らって倒れた相手に、次々と「ビーム」を打ち込みます。
おもわず、言いそうになりました。

「もう、相手倒れてるやん」

で、コーナーの一角を占めてるのが、女の子もの。
店頭で売られてるものだから、もろに「エロ」は無いまでも、
売り場の一角を占めてるのがすごい。
でも、オジサンには、デジタルの女の子の良さはわかりません。

「本物のほうがええやろ」

こういうの、フツーに売ってていいんですかね?
ゲームみたいに人を殺める子供がいるってーのに。
かなり、ヤバイと思うんですが。

2006年12月29日

さて、今年も後わずか・・・

さて、今年も残すところ、3日。
昨日の仕事納めの後の飲み会のお酒が残りつつ、
大掃除で、窓を磨いているあたりでしょうか。
私は、昨日自宅の掃除、今日はオフィスの掃除です。
ああ、それにしても掃除って嫌い。
無くなってしまえばいいのに。
なんて思いつつも、デスクの後ろで溜まり放題のホコリは何とかしないと・・・。
流しやトイレなどは、嫌いじゃないんだけどナー。
古い雑誌を片付けたりしているとつい、読みふけってしまったりすることが度々。
昨日も、クルマ雑誌を片付けながら、登場直後のロドの記事に目がいきました。

続きを読む "さて、今年も後わずか・・・" »

2007年01月20日

タメ口なバイク屋

wikipediaによると、「タメ口」とは、
「親しい仲間内または目下の者に対して用いる表現法を指す俗語」だそうで。
ここの所、初めてあった人に、いきなり、この「タメ口」をきかれます。
前回の追突事故の時は、当てた相手のオッサンに、いきなりタメ口の言い訳を聞かされました。
今日、バイクのオイル交換に近所のバイクショップに行ったら、
そこのオヤジ(私と同じか若いくらい)は、終始タメ口です。
年相応に恰幅良くもなく、お金がかかった恰好もしていない私にも非があるかも知れません。
もともとタメ口をきかれやすい雰囲気があるせいかしれませんが、
相応の「いい歳」でもあるし、いわんや「仲間」でもないので、
初めてあった人に、しかも、いい歳をしたオッサンに、
いきなりタメ口でしゃべられるのは、正直、違和感あります。
この「バイク屋」ってーのは、「バイク仲間」って言葉があるくらいで、バイク屋を中心にした連帯意識の上に成り立っているところがあります。
なので、マニアなお店になるほど、「友達感覚」が珍重されます。
「ど、山ちゃん、ゼファー元気?イイの出たよ、オイル」
みたいな感じ。
客も、そんな風に店長から言われると、「常連」と認められたようで悪い気がしないのか、
まだ変えなくても良いオイルを変えたり・・・。
何となく、スナックのママが、強引にニューボトルを入れるのを思い出したりします。
常連さんは兎も角、
せめて、初めての客には、普通に丁寧語を使った方が、商売的にも良いように思います。(^_^;

#それにしても、オイル+フィルター交換で、2650円。
昔は、4000円はしてた記憶があるんだけど。
なんか、意外に安くて感動。
部品が中国製になった?
でも、このショップはもう行かないでしょう。
工具の扱いがラフだったり、
サービスエリアでタバコ吸ってるスタッフがいたり、
ものの見事にアウトです。

2007年01月27日

ショック!大江戸東山温泉閉店

久しぶりに、大江戸東山温泉に行こうと、ネットで休日を確認しようとしたら、
ショックな事実が・・・。

『閉店に伴い、当WEBサイトは閉鎖いたしました。』

(゜◇゜)ガーン
なんでも、泉質の変化に伴い、設備の更新が難しくなったとか。
本当のところはわからないけれど、結局は、営業的に厳しかったんだろうなぁ。
良い温泉が近くにあったと喜んでいたのに、けっこうショックです。
いやー、マジ、がっかり。
はらいせに、明日、どっかの温泉へロドを飛ばそうかな・・・。

2007年02月02日

人間万事塞翁が馬

オフィスの近所には、殆ど食べ物屋さんがありません。
なので、大抵は、近所のスーパーのお弁当で済ますか、
精々、下北までチャリを飛ばすくらいです。
でも、時々、気合いが入った時は、中目あたりまで頑張ったりします。
今日は、少し気温が低いこともあって、自分の中では「ラーメン日和」です。
オフィスからは、片道5キロほど。
ランチにはちょっとヘビーですが、美味しいモノを食べる前の運動と考えれば、まったく苦になりません。
なので、ペダルも軽く、いつもよりもスピードが乗ります。
いつもの緑道を抜けて、246を横切り、山手通りを駆けて来たのは、以前にも行ったフジヤマ
さすがに、この時間、店内は、人で一杯。
結構走ったので、カロリー消費も万全なわたしは、
大盛りのつけ麺を注文しました。
ラーメンが来るまでのしばしの間が、飢餓感を煽ります。
飛ばしたおかげで、結構足に来てるし、
いつもより、お腹も減っているような。
ああ、早く食いて〜。
なんて事を思いながら、カメラを持ってこなかったことに気が付きました。
あ、携帯も。
ま、いらねーしなぁ。
って、思いながら、左のポケットをまさぐると、

あ、財布・・・忘れた!。

人間万事塞翁が馬

2007年02月07日

頭隠して尻隠さず

某アジトで発見した“お宝”。

ぶっちゃけ、かわいいです。
まさに、頭隠して尻隠さず。
何気に、オーナーの思想信条を表しているように感じるのは、私だけ?(笑)
購入の際は、中身を確認でいないので、違うものを揃えるのは大変なんだとか。
同じものだったら、引き取ってもイイヨォ。

それぞれに名前が付いているそうで、
氏は、毎朝語りかけるのだとか。(想像)
なので、一体といえど、こっそり持ち帰るのははばかれそうです。(^_^;

2007年02月09日

私的元祖アイドル

渋谷はBook 1stをぶらついていて、昔の「彼女」に出会ってしまいました。(笑)
アイドルというものにさほど興味がなかったのに、
唯一、掲載されていた雑誌やポスターを大事に持っていたのは、彼女、アグネス・ラムでした。
もともとは、初代クラリオンガール。
小麦色の肌に大胆な白色やニットのビキニの彼女に、
当時、中高生男子を大いに「奮い立たせた」ものでしたが、
素朴な笑顔と性格に、日本中が注目するのに時間はかかりませんでした。
ドリフの全員集合にも出てたっけ。
テレビで見る彼女は、意外にも小さくて、実際は158センチだったとか。
グラビアアイドルっていうと、普通、ある程度お年を召した女性、
つまりおばちゃんからは、敵対的に見られるのが普通だった時代に、
日本には比較的馴染みがある、ハワイから来た小さくて素朴な女の子、というところが、
多くの人の心を掴んだんでしょう。
ボディーは、当時の日本人が得られなかった最高のプロポーションながら、
ずっと日本人に親しみやすいフェイスだったことも大きかったでしょう。
ほぼ同時期活躍した、南佐織などとの類似性も認められますし、
現在もてはやされている「幼顔」+「大人ボディー」の原型であったとも言えるでしょう。

現在、50才の彼女。
高校の先輩だった旦那さんと、双子の子供をもうけて、ハワイはカワイ島に住んでいるんだとか。
双子の子供は、すでに社会人になり、趣味の園芸をしてのんびりとすごしているそうです。
結局、素顔の彼女は、ベールに包まれたままだったよう。
その後の彼女の生き方をみていると、
素朴な笑顔のままだった気がします。

1994年に、ダイハツの車「パイザー」テレビCFに二人の子供と友に登場。
キャッチコピーが、「お、パイザー」。
因みに、うる星やつらの「ラムちゃん」は、アグネスラムからきてます。
他には、『こち亀』の秋本さんも彼女のファンだったとか。
彼は、同時に太田宏美のファンでもあったそうで、
初めて買ったシングルが太田宏美の『木綿のハンカチーフ』の私としては、
非常に共感を覚える次第です。(^_^;

【YouTube】静止画のスライドですが、珍しいアグネスの歌を聴けます。

【団塊パンチ編集長ブログ】

2007年02月11日

ついに「ポチ」しました

なかなかはっきりしないOSX Leopardの発売時期。
必要に迫られて、AppleStoreにて、Macbook Proを「ポチ」しました。
CTOで、メモリを2GB(3GBはさすがに高い!_)に、
HDを160GB(こいつは、流体軸受けドライブ採用、たぶんネ)に、
キーボードを英語版(Winで使うにはこの方が無難か?)に変更。
で、同時に発注をかけたのが、「Parallel desktop for mac」と「XP」。
Parallel desktop for macは、最安値のネット通販店(一応、すぐに破産なんて無いことだけは調査)でゲット。
XPは、久々のヤフオクで狙いました。
数日前に、何点か出品されていたのを確認。
で、大体の落としどころをチェック。
狙いの出品者から、数日中に第2弾の出品があると睨んでいたら、ありました。
で、出来るだけ早い時間帯にケリの付くものを狙って、早々に落としどころの金額で入札。
またまた狙い通りに、大した盛り上がりもなく、程々のところで落札できました。
さて、上手くいけば、一週間後くらいには、リポート出来るでしょうか。

2007年02月16日

小火(ぼや)

カッパ1号で、ちょいと野暮用を済ませて、オフィスの前の横断歩道を渡ろうとしたら、
何台もの緊急車両のけたたましいサイレンの音が。
で、やり過ごそうと待ってたら、次々と目の前の道路に停車しました。
「まさか、うち?」
今まで、3,4個のケトルを溶かした経験があるので、一瞬ヤバイ光景が頭をよぎります。
でも、どうやら、オフィスが入っているマンションの脇を入ったところみたい。
つか、マンションの敷地内にある戸建てのようでした。
たぶん、ここの土地のオーナーかな。
幸いボヤで済んだようで、すぐに鎮火の報告がありましたが、
昨年は、隣のマンションの1室が焼けました。
火事の現場に居合わせることが時々あります。
ホント、多いんですね。
気をつけなきゃ・・・。

2007年02月18日

消える遊具

imgp5670.jpg

「公園から遊具が消える」ってー番組をNHKスペシャルでやってました。
オフィスの近所にある公園でも、やけに遊具が少なくなっていくなぁ、と思ったら、
全国的に撤去される遊具が増えてるそうです。
原因は、遊具での子供の事故。
事故の原因は、遊具の破損や、遊具の設計に問題があるからとか。
さらに、一箇所で事故があると、周辺の自治体で同様の遊具を撤去することもあるそです。
自治体の言い訳は、
・責任を負えない。
・メンテナンスにコストがかかる。
・管理する担当がいない。
などなど。
このコメントからもわかるように、
そもそも、遊具の安全な設計など、キチンと突き詰めていないことや、
作りっぱなしで、メンテナンスの発想すらなかったのがホントの原因でしょ、って。
「な、わけで全部なくしちゃいましょう」
こういう決断は早いですね、お役所。
事故が起きるのを待ってたように、廃止の決断。
作るのもなくすもの、行き当たりばったり。
いや感心するばかり。

でも、当然、それじゃイカン、って人も出てきます。
遊具メーカーを交えて研究するグループなども出てきました。
ま、そりゃ考えますわね、フツー。
でも、国や自治体にそんな考えをするところがあまりないのは、毎度のこと。
お母さんを交えて、安全な遊具を話し合います。
でも、そこにお父さんがいないのが、今のニッポン。

私の子供の頃を振り返ると、そもそも公園自体がありませんでした。(笑)
代わりは、神社か野山。
木の上の「基地」は定番。
枝ごと落ちたこ時は、「柿の木は折れやすい」って事を知りました。
滑り台は、山の斜面で、板に乗って滑走します。
ジャンプ台もありました。
今思えば、元祖スケボーです。
ツタを使ったターザンごっこも命がけ。
崖っぷちでやるものだから、落ちたら相当にヤバイ。
殆ど肝試しでしたね。
でも不思議とひどい怪我をした奴はいなかったなー。
山の斜面に横穴式住居作ったりしてね。
その斜面が崩れたときは慌てました。
中にいた奴が、土にまみれて出てきたときは、マジにホッとしたもの。
う〜ん、考えたら良く死人が出なかったなー。(^_^;

子供の頃に、ちょっとしたキケンを体験したり、少々痛い思いをすることで、
「受け身」やら「危険への対応」やら、あるいは、「思い切り」「勇気」などを覚えていくものですけど、さて、それが無くなったらどうなるでしょう。
非常に生存能力の危うい動物に成り下がりそうな気がします。

今の子供は可哀想ですね。
本当に遊ぶ場所がない。
木登りで落ちたら、下はアスファルトだしね。
失敗すると、即大けが。
これじゃ「再チャレンジ」の前にチャレンジする気も起きない。
大人がなんとかしてやらないといけないはずなんですが、
どうしたらいいかわからない大人も多いようで・・・。

2007年02月26日

一人なのに家族割り?

imgp5587.jpg

ごく稀にですが、
オフィスにもNHKの集金人の方がお見えになります。
昨日、休日出勤の折、オフィスでテレビを点けていたらいらっしゃいました。
私は、自宅では、受信料を支払っていますが、オフィスでは払っていません。
「一人住まいなので、結局2世帯同時に使用することがない」というのが理由です。
集金人の方には、毎回このことを伝えて、支払いを断っています。
彼らの言い分は、「所帯あたりの支払いが決まっているから」です。
「カーナビや携帯電話でも見るでしょう」と、フツーに疑問も出ますが、
とにかく「所帯」っていうところがポイントらしいです。
「でも、一人しかいなくて、2所帯分の受信料を支払わなくてはいけないのは、おかしくないですか?」
って私の問いには、
「確かにちょっとおかしいですが、放送法で決まっているんで・・・」
テレビを担いで、自宅とオフィスを行き来すれば、オッケーとか。(^_^;
で、最後に持ち出されたのが、「家族割り」。
「保険証などの証明書のコピーをとって、所定の手続きを取っていただければ、家族割りも出来ますよ」

・・・・。

いっそ、「公共放送受信税」とでもして、
あらゆる受信機の価格に上乗せして徴収し、
公共放送の比率に応じて、各放送局に分配するなどすればいいんじゃないですかね。
その方がずっと公平だし、わかりやすいと思いますが。

2007年02月27日

胡散臭い言葉

スパムメールやスパムトラックバックには、共通した「胡散臭い言葉」がちりばめられています。
そんな言葉を挙げてみました。
これらの言葉で検索をかけると、胡散臭いサイトが、ずらずら出てきます。
自分のサイトやブログが出てきたら、ちょっと注意かも。(^_^;
こういうので、検索ランキングつけるとおもしろそうですね。

成功,勝ち組負け組,投資,精神世界,ステップアップ,ポジティブ,起業,開業,独立,実業家,人脈,支援,サポート,100%,医学博士,モニター,優良,無料,絶対,厳選,高品質,特別,グローバル経営,国際化,ビジネス,SOHO,能力,成果主義,誠意,極意,口コミ,NPO法人,リサーチ,流通革命,健康食品,情報社会,IT,ネット,美しい国ニッポン。

2007年03月24日

文は人なり・・・・か

「シャネルも、ダナ・キャランのドレスも持っていない。が、ユニクロを着ていてもそうとは思わせない程度の、テクニックと経験を積み重ねてはきた。家事と仕事ともろもろに追われる日常の中、時にはノーテンキにはしゃぎたい心の隙間もあるってもの。だから今ならあの約束、実現できそうだ。」

最新号の「岡百合子男にはわからないクルマの話」の一節です。
彼女が書く文章、その一節で、自分や相手の状況を伝えるのがうまいなぁーと思います。
ずるずると解説を続けながら、最後にオチを持ってくる感じ?
ブランドには、とことん疎い私ですが、
「シャネルやダナキャラン」が、キャリアー系女性の目標になるブランドであることは想像できますし、
今は、家庭を持っているもとバリバリのキャリアウーマンであった彼女が、
その時の知識と経験を、今の生活に生かして、それなりに豊かな気落ちで過ごしているというのもわかります。
かつて「バリバリ」だったころの、女友達との「楽しい」約束。
当時は、目標でもあった約束が、時間的、経済的にも余裕が出来た今なら叶う、ということでしょう。
これが、この短い文章に表れてています。

ちなみに、その「約束」は、

『ゴージャスなドレス着て、オープンカーで夜桜見物に行く』

です。

それにしても、彼女の文章は魅力的です。
昔、小学生の事、(たぶん、人生で最も本を読んでいた次期)気に入った小説家の文体を真似て作文を書いたことがあります。
それを見た担任の先生が、私を呼びつけて、やや興奮気味に、その作文を誉めてくれました。

ごめんなさい、先生。
あれは、「インスパイヤー」されたものです。(^_^;

2007年03月28日

春に三日の晴れ無し

ようやく、仕事が一段落着きそうと、週末の天気をみたら、・・・

「雨かよ!」

好きこそものの上手、でもない・・・

as1.gif

「好きこそものの上手なり」

なんて言葉があります。
自分の経験上、これは必ずしも正しいとは言えないようで。

歌好きの人は、だれも歌が上手い訳じゃないし、
出来れば避けたい、料理好きも存在します。

昔から、数字は苦手だけど、
数学が、嫌いじゃありません。
寧ろ、好きなほう。
じゃ、テストで良い点取れるかってーとさにあらず。
数学的思考を「試みる」ことは楽しいけれど、
すらすらと問題が「解ける」わけではありません。
プログラムも同様。
仕様とかアルゴリズムを考えることは、決して嫌いじゃないし、
なんとか無事動作すれば、快感物質もでてるはずです。
でも、なかなか「はかどらない」・・・。
たぶん、「基本」が出来ていないため。
なので、往々にして、一つ躓くと解決に時間がかかります。
それでも、プログラム環境は進歩しています。
単語から、該当するヘルプやリファレンスを呼び出すのは有り難いし、
スクリプティングを手助けしてくれる様々な仕掛けもあります。
なので、私のようなヤクザなScripterでも何とかやっていけます。(^_^;

部品を作って、組み立てて、動作させる様は、
モーター駆動のプラモデルを作るのに似ています。
「ここにギアをつけて、駆動力を得て、別の部品を動かす」みたいな。
立体じゃないけれど、実際に作ったものが動作する醍醐味があります。
特に、DirectorやFlashといったオーサリングものは。
でも、大がかりになると、部品作りがめちゃ大変。
地味で根気が要る作業です。
今回扱った部品点数は、600点弱。
多いときは、1000点を超すときもあります。
元のデータ作成まで含めると、この数倍になるでしょう。
ビットマップを切り出したり、
ドローソフトでベクターデータを作ったり、
今回のように、3Dムービーやビデオを扱う事あって、
点数以上にデータの処理に時間がかかります。
すべては、組み上がったときの動く瞬間のため。

ああ、上手になりたい・・・。(^_^;

2007年04月04日

訂正番組

昨夜、たまたまテレビを点けたら、
関西テレビの『発掘あるある大辞典2』に関する訂正放送をやってました。
データの改ざんやねつ造をした過去の番組を、検証していく形式。

実際に、制作の指揮を執った下請けのディレクターの反省の弁などもありましたが、
なんとなく、他人事のような話しぶりで、逆に反感を買いそうな内容です。
でも、それ故に信憑性があります。
問題は、そういう人に作らせるように指示をしていた人、
あるいは、見て見ぬふりをしていた人。
仕事の発注側のディレクターは、
「チェックが甘かった」といいます。
さて、どっちのセリフに真実を感じるか?

なぜこのような問題が起きたのか、
これからどう改善していくのか、など、
責任の所在と、これからの対応の説明はこれからのようですが、
果たしてどこまで晒していけるのか見物です。
あと、他局はどーするんでしょうね。
関西テレビだけが特別だなんて、思っている殊勝な人は居ないと思うんですが・・・(^_^;

2007年04月17日

地方の研究施設

祖母の一周忌で、久しぶりに従兄弟に会いました。
彼は、高知の某大学で工学博士としての立派な肩書きがあるんですが、
紹介されたサイトを見せてもらうとこれがすごい。
MITを目指しているというだけあって、施設もすんごく立派。
実家にほど近いところにある「Spring8」などと同様に、いきなり山を削って、米国並みの研究施設をおっ建てましたって感じです。
聞くところによると、地元出身の某元総理大臣のお力なんだそうですけど、
こういうのはいいですね。
へんてこな記念館や博覧会なんかに使うより遙かに意味があります。

向こうに行けば、旨いものをたらふく食べられるということなので、近いうちにロドで瀬戸内海を渡ろうと思っています。
次は、高知を手始めに、四国制覇かな。
待ってろヨー、高知!

2007年05月03日

メモリー価格さらに降下

「1GBメモリが5,000円割れ、値下がり急進」(PC Watch)

だそうで。
早まったか・・・(^_^;

ガソリンは上がりやがりました。
食品もグイグイ上がっています。
下がっているのは、メモリーだけ?
メモリーは、トウモロコシも石油も影響薄っ?

2007年05月09日

衝撃ビデオ!

http://video.google.com/videoplay?docid=-6947118853654187245

かなり、衝撃的な映像です。

2007年05月14日

映画のセットのようなお店

IMGP6131.jpg

下北に、オヤジには好都合そうな焼きとんのお店が出来たので行ってみました。
一串120円からと安い。
でも、これがちょいと期待はずれ。
沢田健二や久保田早紀がかかる手店内は、オヤジがなんの違和感もなく入れそうな雰囲気ですが、
「何かが違う」。
テーブルは、一見使い込んだ感じの木目ですが、よく見ると、プリント合板。
手書き風の品書きは、値段以外は印刷。
自慢の「炭火焼き」なんか変!
妙に炭の香りがキツ過ぎ。
その割に、お肉に香ばしさがないし、
なんでしょうこの違和感は。
キャベツにつけるお味噌も変。
甘辛くて、若干アジアンテイスト。
普通の味噌がいいんだけど。
以前は、某外食チェーンのお店だったんだけれど、
同じ工場で作ってる?

けっこう凹みました。
このまま帰るのは、あまりに満たされないので、
いつもの帽子屋で物色。
なかなか良さ気な、アーノルド・パーマーのニットのハンチングを見つけました。
まだ、口の中には、妙な炭の臭いが取れないけれど、
これで、少しは癒えます。(^_^;

続きを読む "映画のセットのようなお店" »

2007年05月18日

アートな破壊

打ち合わせの途中で見かけたビルの解体現場です。
以前にもブログで取り上げた「クラッシャー工法」ってやつですね。
まわりに騒音や振動の迷惑をかけないように、
重機で、少しずつ破壊していくわけですけど、
なんだか、建てるより難しそう。
まず、中のフロアーを破壊して、
重機を建物の中に入れて、内側から壊していってました。
ちょうど、ショートケーキをフォークで、少しずつ食べていく感じですが、
側壁が倒れたりしないのか、素人には不安。
多分、綿密な構造計算してるんでしょうけど、危険度高そう。
その道の「プロ」がいるんでしょうね、きっと。
「ああ、この年代のこのタイプは、鉄筋が多くなってるから面倒だネー」
なんて、プロの会話があるんでしょうね。
強度不足のビルなんてーのも、速攻でわかるんでしょうね。
偽装物件の解体なんてやっかいだろーなぁ。
壊す人にもスポットを当てて欲しい気がします。
どっかに、「ビル解体マニア」のサイト無いかな。(^_^;

2007年06月02日

打ち上げ

IMGP6230.jpg

少し前に関わったお仕事の打ち上げがありました。
お店は、いつもの「八百屋」。
産学共同物件で、そのアドバイザーというか、
「何かとうるさいオヤジ」的立場で、学生の作品に「ケチをつける」という、
私にはお似合いなポジションで絡みました。
なかなかアイデアがまとまらなかったり、予定通りに進まなくて、
まず、全ての完成は無理かと思ったんですが、
最後の追い込みでなんとか仕上がったようです。
これが「若さ」というものか・・・(^_^;
私なら、最初の段階で諦めているアイデアなども、なんとか形になってそれなりに魅力あるものになっています。
「経験」というものは、多くの場合、メリットとして働くことが多いですが、少なからず弊害もあります。
自分の過去の経験値の中だけで判断してしまいがち。
手っ取り早く言えば、「頭が固くなる」って事っすかー?
う〜ん、いかんっすね。
もう少し、緩めないと。
そうそう、追加したベルギールでも飲んで、と・・・(^_^;

続きを読む "打ち上げ" »

2007年06月15日

「不都合な真実」〜オフィス編

予想以上に天気の回復が早かったようで。
打ち合わせから帰る途中の空は、真夏のそれでした。
で、オフィスのエアコンを入れたところ、
「饐えた臭い」が・・・。
おぼろげな記憶では、ここ2年くらいエアコンの掃除をサボっています。
今年も、暑くなる前にクリーニングをしてもらおうと、
しばらく前にダスキンに問い合わせました。

「お客様のエアコンは、部品の保管年数を超していますので、当社では、保証しかねます。」

こんな、明快だけど、理不尽な答えが返ってきました。
もちろん、そんなのお構いなしにやってくれるところはあるんだけど、
エアコンのクリーニングって、「リフォーム」と同じくらいに、ややグレーな業者もいると伝え聞きます。
仕方ありません。
自分でやるしかありません。
が、これがなかなか一筋縄でいかない。
どうしても、外のカバーが外れないので、格子の隙間からフィンを狙うしかありません。
さらに、下の送風口からも、クリーナーを吹き付けます。
やっぱり、角度が悪いせいかイマイチ汚れが落ちないみたい。
で、奥の送風ファンを覗き込んだとき、すごいものを見てしまいました。
送風ファンは、本来金属のはずなんですが、見たところ真っ黒で、やや「太く」見えます。
手を差し込んで触ってみました。
「苔?」
当然ながら苔であるはずがありません。
苔のように厚くファンを覆った“謎の物体”です。
おそらく、ホコリとカビ。
ここを通った風を、締め切った室内で受けていたわけで、
これじゃ、病気にならないのがおかしいくらい。
実際、エアコンを入れてしばらく体調が悪かったことが何度かあります。
これを見てしまった以上、何らかの手を打つしかありません。
歯ブラシやら小型のブラシを使って、何とか、奥に収まるファンをゴシゴシやりました。
すぐに、黒い塊がボロボロと落ちます。
結局、エアコンクリーナーを4本使い切りましたが、奥まったファンの汚れはなかなか落ちません。
でも、これ以上は、分解清掃でもしない限り無理です。
さて、どうしたものか・・・。

2007年06月17日

銀座の蜜蜂

金曜日午後3時頃の銀座の空です。
天気予報予報よりずっと早くお天気が回復しました。
「梅雨の中休み」ってーのがあるそうだけど、
土曜日もすっかり良い天気だったし、
本当は、まだ梅雨に入っていなかったりして・・・。(^_^;

話は変わりますが、
銀座の商店街が町興しとして、銀座産の“蜂蜜”を生産しているそうです。
沖縄の養蜂所から仕入れた洋蜂もとに、あるビルの屋上で養蜂を始めたとか。
花畑は、近所の公園。
都心には大きな公園が揃っているので、そこの花の蜜を集めます。
銀座は、意外に背の高いビルがないので、蜜蜂か活動する高度の障害物も少ないなど、条件がそろっているようです。
人間が働き蜂のように働いている頭上で、
本物の働き蜂が飛び交ってるわけで、
なんか、いいっすね。
そのうち、図に乗って、屋上で牛を飼ったり・・・ないっすね。(^_^;

2007年06月19日

虚空の建物

先週末、オイルが下がりきったBAJA号を引っ張り出して、久しぶりに林道を走ってきました。
場所は、群馬の南部を東西に走る「御荷鉾スーパー林道 」。
ここは、60キロメートル以上、尾根伝いを走る林道で、関東圏では屈指の距離のある林道です。
とは言え、すでにかなり舗装が進んでいて、実際の未舗装路は、20数キロくらいでしょうか。
それでも、林道派にとっては貴重なエリアの一つです。
ここは、尾根伝いゆえ見晴らしも良く、路面もフラットなので、幾分体力に陰りのあるオッサンにもうってつけ。
スタンディングのまま、気持ちよーく流していけます。
「林道のカブ」と揶揄されるこのバイク、XLRは、本当に乗りやすい。
大抵の凸凹は舐めるように走ってしまうし、アクセルを開ければリアを流せるくらいのパワーもあります。
4輪であれば、頭を打つくらいに跳ねそうな道でも、楽勝でかっ飛べます。
随分とヤレが来ているはずなのに、さすがホンダ。
そんなわけで、走り始めると写真なんて撮る暇ありません。
扉の写真は、秩父の駅近く見つけたセメント工場。
異様な存在感を放つ建物に惹きつけられて、バイクを降りました。

続きを読む "虚空の建物" »

2007年06月22日

なかったことに・・・できない。

失敗や不名誉は、つい、「なかったことに」したくなりまします。
自分だけので済む限り、そういうやりかたもありかとは思いますが、
こと、他人を巻き込んで、かつ、迷惑をかけたり不幸な目に遭わせてしまったことは、
「なかったことに」は出来ません。

来春からし用意される高校教科書の記述が改定された箇所があります。

改訂前:「日本軍に集団自決を強制された人もいた」

改訂後:「集団自決に追い込まれた人々もいた」

一般にニュースなどで言われる「教科書検定」は、正式には、「教科用図書検定」と言われます。
教科書検定に関しては、色んな意見があります。
知識が揃っていないので何が正しいとは言えませんが、
少なくとも、事実を伏せるのは、「嫌な感じ」がします。
戦後60年を過ぎて、出来れば思い出したくない過去を話すお年寄りが語る事実を、取り上げないのは、偏りがあると言われても仕方ないでしょう。
大事なのは、戦争の現場というのは、侵略から自国を守るという建前だけじゃなく、
平静な精神では思いも付かないような、悲惨な状況をも招くという事実も伝えるべきということでしょう。
追い込まれて、自分自身はおろか、自分の子供や親を殺したり、
民間人を守るべき軍人が、民間人を殺したりした事実は、事実として取り上げることが、
戦争というもの本質を考える上で、大切な事かと思います。
為政者が、不都合に向き合う姿勢を示してこそ、「美しい国作り」の第一歩かと思えますが、
それ以前に、取り返しの付かない傷を負わせてしまった人々を、さらに傷つけるような施策が、
どうして出てくるのか、
どうしてそれが見過ごされるのか。

理解できません。


「教科書検定とはどんなもの?」

「沖縄戦集団自決「軍命令」を修正 高校教科書検定」(Sankei Web)


「岩波書店・大江さん抗議/高校教科書検定」

2007年06月25日

コラムの話その1

昔、苦学生(笑)の頃、給食の配達のアルバイトをやっていました。
車でお昼のお弁当を届ける仕事ですが、その時の車がトヨタ・タウンエース。
このリンク
の写真では、79年式。
学生の頃なんで、まあ、相当な昔。
このバンの荷室に、200食ほどのお弁当と味噌汁を積んで、
京葉道路沿いの路地をちょこまか走り回って、
会社や町工場、縫製所などに届けていました。
お昼のお弁当なんで、とにかく12時までに届けないと話になりません。
8時頃に出発して、まぁ、大体15分くらい前には終えるんですが、交通の流れは日によって違うし、最悪工事で通行止めなんて事も稀にあります。
だから、のんびり走っていては、間に合いません。
かといって、急ブレーキ、急発進は御法度。
弁当の中身がずれたり、最悪ひっくり返ります。
これが、難しい。
出だしは、もう半クラッチバリバリ。
そろーりと出て、出来るだけ速く加速します。
グ、ググ、ブイーン!みたいな。
ブレーキもまた微妙。
荷物満載で、効きにくいんですけど、スピードは出てるので、とにかく停めなきゃいけない。
真綿を締める感覚?
ぎゅーっと踏んで、最後はじんわり。
ギューン、ンググ、グッみたいな。
シフトチェンジの時も、ショックは最小限度。
だからやっぱり半クラ。
まるで、「手動CVT」。(笑)
とにかく、交差点では、他の車の動きを察知しないといけないので、
常に体は前のめり。
で、左手はコラムシフトにかかっている訳です。
いわゆる「配達乗り」?(笑)
このコラムシフトが、ほんとフニャフニャ。
手探りで入れる感じ?
少し「当てる」感じで、エンジンの回転が合ったところで、ぐいっ!
慣れとは怖いもので、そんなものでも慣れちゃう。
あそこの角を如何にスムーズに回るか考えてる。
で、前のめり。(笑)
そんな訳で、お弁当屋さんのバンのクラッチの寿命は短いです。
私が乗っていたタウンエースも、エンジンの回転だけが上がるようになりました。
働く車は健気です。
恐らく、シフトフィールはかなり良い部類の、ロードスターのシフトチェンジをするとき、
ふと、フニャフニャだったタウンエースのコラムシフトや、細いステアリングを思い出しました。
全然スポーツじゃないけれど、
気のせいか、ロドに乗るよりも五感を働かせていたような・・・(^_^;

2007年06月28日

復活したお気に入り

この靴は、殆ど毎日はいている、Merrellのスニーカーです。
新しい靴を買っても、いつも履くのはこの靴が殆ど。
Merrellの靴は、カジュアルでフィット感のあるところと、
値段がリーズナブルなのがが気に入って、ここ数年履いていますが、
その中でも一番良く履いているのがこのモデル。
理由は、ごらんの通りの、メッシュタイプのシンプルなデザインで、
蒸れにくい通気性や、スリップ・オンタイプの履きやすさにもかかわらず、フィット性も高い事が上げられます。
かかとが丸いので、車の運転に向いているのもポイントです。
作りも悪くないですが、難点は、耐久性にやや劣ること。
ウレタンは、経年変化でやれてくるし、靴底の修復も難しいです。
この辺りは、靴底の減りが製品寿命であるような作りの最近のスニーカーの常ではありますが。
しかも、次々と新製品が出てきて入れ替わるので、同じものに買い替えることが難しいことです。
なので、「これは!」と思ったときは、2足まとめ買いです。
しかしながら、その2足ともついに寿命を迎えてしまいました。
次の代わりを探さねばと、いつものウォッシュマンズに行くと、なんと同じモデルを売ってました。
スタッフに尋ねたところ、マイナーチェンジで「2」が出たとのこと。
ラッキー!
手前がおニューのモデル。
少し通気が改善され、靴底のカラーリングも変わっています。
こういうカジュアルシューズが、殆どデザインを変えずに再生産されることは珍しいと思います。
ひょっとして、「愛用者の声」があったか!
どっちにしても嬉しい再販売です。
あと2足くらい買い足さなきゃ。

2007年06月29日

2番目にお金持ちが多い国

朝の通勤途中は、J-Waveを聞きながら運転してますが、
7:00から9:00までは、「Good Morning Tokyo」で、ナビゲーターは、別所哲也さん。
そこで、その日の話題やニュースをチェックします。
今朝の話題は、「世界の資産家の保有資産率、3.6%上昇」ってニュース。
ま、早い話が、お金持ちがさらにお金持ちになった、ってこと?
因みに、メリルリンチによると、「資産家」とは、100万米ドル以上の金融資産(つまり不動産抜き)を持つ個人で、さらに「超資産家」というのがあって、この場合は、3000万米ドル以上の金融資産を保有する個人。
で、その「超資産家」の比率が最も高いのは、まあ、フツーに米国なんですが、
その2番目はなんと我が国ニッポン。
うーん、知り合いにはいないですね。
どっちかってーと、私を含め、「無くて」困って人の方が多い。(笑)

最近、打ち合わせで銀座に行くことが多いんですが、
いつも地下駐車場にいくと、もう高級車のオンパレード。
フェラーリなんて、カローラ並にゴロゴロ駐まっています。
つか、カローラの方が少ない。(^_^;
ホテルオークラの駐車場などは、当たり前のように、高級外車しか駐まってませんが、
この駐車場なんて、ごく普通の駐車場ですよ。
そこに、フェラーリ599、612、、F430やら、マセラティーやら、メルセデスのCLSがゴロゴロです。
ま、
「あるところには、ある」んですね。(^_^;

2007年07月04日

引っ越しか!

そろそろオフィスの更新時期が近づいてきました。
引っ越しも考えたんですが、お金もかかるし、何より暇がないので更新を決め込んでいたら、
不動産屋より、電話がありました。

「大家さんが、家賃を値上げしたいと言ってるんですが・・・。」

マジッすか!
しかも、2万円も。
交渉の余地無しとか。
まったく、頭がイタイです。
粘れば、居座ることも出来るんでしょうけど、
この忙しし時に、
まったく、メンドクサイ!
物件探しも引っ越しもタイヘン。
ああ、ヤダなぁ・・・。

2007年07月07日

バズが・・・

こんなところに「バズ」がいました。
こう言うの流行ったんでしょうか?
ホコリをかぶってますが、ちょっと和んでしまう小技です。
子供なんかが見つけると喜ぶでしょうね。
「あーーー、バズだぁーー!」みたいに。

以前、「しっぽ」を振るアイテムがありましたが、
少々割り込みをされても、
こんな人形やぬいぐるみと目があったら、気持ちが和らいでしまうかも。
後席の後ろにぬいぐるみが一杯は、ちょっと惹きますが、
洒落が効いた付け方をしてあると、ついにやりとしてしまいます。
私も何かつけようかなぁ。
トランクにしがみついている子泣き爺とか。

かわいくないか。(^_^;

2007年07月14日

提携解消は自由ですが・・・。

e-bank_nicos.jpg

少し前のニュースですが、
イーバンクとニコスが提携を解消しました。
銀行とクレジット会社の関係であったわけですが、
私は、キャッシュカードとクレジットカード一体型を持っていたために、
それぞれ作り直さないといけない羽目になりました。
まぁ、それだけでも面倒なんですけど、
さらに面倒なのが、ETCカード。
そのクレジットでETCカードを作っていたので、それも作り直さねばなりません。
イーバンクに問い合わせたところ、クレジットに関わることなので、ニコスに、という答え。
そこで、ニコスに問い合わせたところ、6月に郵送で切換の書類を送ったとのこと。
イーバンクのDMには気が付いていましたが、「1枚」のカードゆえ、
ニコスからのDMは見落としたようです。
でさらに、電話の先のオペレーターの話では、

「すでに移行期間は終わっているので、新規の登録になる」とか。

移行期間であれば、面倒な手続きは最小限で済んだそうですが、それが出来ないわけです。
まだ、使用期間は終わってないのに?
つか、期間にかかわらず、対応する義務あるでしょ?
ちょっと身勝手な話じゃないっすかね。

しかし、問題は、これだけではありません。
果たして、このカードでETC契約を結んでいるドライバー全員が、自分のETCカードが使えなくなる事を知っているかどうかです。
いつものようにETCカードを差して、ゲートに進入、
「このカードは使えません!」
慌てて急ブレーキ・・・・グシャ。

クレジットが使えるのは今月末まで。
来月は帰省の時期です。
ゲートでは、先行者の急ブレーキに備えましょう。

2007年07月19日

意外なクラシカル「架線」

IMGP6508.jpg

「架線」ってーのは、つまり電車用の電線、あるいはその設備。
これは、駅構内なんですが、回りが綺麗なのに、この架線のみ、
旧い扇風機のような味のある古さを醸し出しています。
電車の車両なんかも、どんどん新しくなっているのに、
架線は、多分何十年も同じなのでは?ってくらいに古い出で立ち。
少し前、架線のつなぎ目の区間で架線がショートして長い時間電車が止まりましたけど、
原因は、止まってはいけないエリアに電車が止まったためでした。
でも、そもそもそんなエリアがあったのに驚きますし、
「注意すること」で、そういった事故を避けていたってー事実にも、これまたびっくりです。
つまり、ずーっと使い続けている設備って、意外に古いまんまなんでしょうね。
「故障したら直す」の繰り返し。
これ自体悪いこととは思わないですけど、
運用の体制は新しくするべきでしょう。

因みに、その他にも古い物は、色々あります。
上下水道、ガスの設備なども、そろそろ限界のものが多いんだそうです。

2007年07月20日

ちりも積もれば1000エントリー

R0011125.jpg

1000個目のエントリーです。
2004年12月31日の帰省直前にブログのセッティングを終えて以来、
933日での達成です。
意外に続いたなぁ〜(^_^;
こんな稚拙な文章にコメントを頂いた皆様に感謝です。m( _ _ )m
いつまで続くかわかりませんが、
とりあえず、一区切りです。
今後ともよろしくです。

2007年07月24日

O型は最も事故率高い

「O型は最も事故率高い」(asahi.com)

免許更新で、講師がこんな話をして問題になったとか。

まぁ、内容としては、合コンなんかで盛り上がりそうな話題を、
講習でやちゃったっていう、トホホなものなんですけど。
講習を受けた方ならわかると思いますが、講師は大抵が「お年を召した方」。
「交通事故のドラマ」+このベテランのお話というのが相場だと思いますが、
このベテランの話が・・・・つまらない。
忙しい時間を割いて、なんでこんな話を聞かされるのか。
交通違反の件はすでに処理済みのはずなのに、バツゲームをされてる感ありあり。
なので、なんとか「面白く」しようと思って、どこかで「若者は血液型による性格診断などの話が受ける」って情報を得たんでしょうね。
で、やっちゃったと。
ま、閑話休題的なら、騒ぐような話でもないとは思いますけどね。

この「講師」。
ご存じの方は多いと思いますが、
このベテランさんは、退職警察官の方々。
警察官を退職後、交通安全協会講師として再就職ッテパターン。
この交通安全協会。
主な仕事は、免許の更新に関する業務なんだけど、多くの国は、基本的に免許の更新なんて無いそうです。
交通安全を建前に、退職者用の仕事を作ってる、ってことでしょね。
なんでこんな不合理が通るんでしょうか。
来年更新。
めんどくさい!

2007年07月29日

「えくすぺりえんす」って?

IMGP6540.jpg

Blendのセミナーに行きました。
主宰は、「クリエーターと会社をつなぐ」事を旨とする会社だそうで。
内容は期待したものと違って、これからのマイクロソフトのアプリケーション開発のヴィジョンの話から始まりました。
いわゆる、「.NET」「WPF」系の話。
その時に、「今Vistaを使っておられる人は?」の問いに、手を挙げた人は・・・・「ゼロ」。
多分、来ていた人たちが、「クリエーター系」だったり、
「Mac系」だったしたことも関係あるのかな。
講師のMSスタッフには、ちょっと「汗」な事実。(^_^;
で、会話の中にやたらと出てくるのが、「ユーザー・エクスペリエンス」って言葉。

「製品やサービスの使用・消費・所有などを通じて、人間が認知する(有意義な)体験のこと。製品やサービスを利用する過程(の品質)を重視し、ユーザーが真にやりたいこと(本人が意識していない場合もある)を「楽しく」「面白く」「心地よく」行える点を、機能や結果、あるいは使いやすさとは別の“提供価値” として考えるコンセプト。」(@IT)

ってことらしいです。
意図はわかるんですけど、連呼しすぎ!(^_^;
簡単に言えば、「より感覚的に、簡単に操作が出来るようになる」と言うことでいいでしょう。
そう言う理念の元に、せっせと開発環境を整えている中で、クリエーターと開発者を繋ぐポジションにあるのが、Expressionシリーズとなります。
OSメーカーが作るゆえのメリット、デメリットはあるんですが、
ビジョンとして、正しいでしょう。

とまあ、かなりマイクロソフト社の方針演説の部分が多くて、
期待したものでは無かったけれど、
最後に、Microsoft社提供の缶ビールをいただけたのは、○。
無料だしね。(^_^;

その後、付き添いの秋葉番長と飲んだ帰り、
その日のウォーキング代わりに、澁谷からオフィスまで歩きました。
距離にして、4キロ弱。
意外に、近い。
いつのもウォーキングよりも短い!
で、良いに任せて、トボトボ歩いていると、やってました、「検問」。
場所は、淡島通りの山手通りとの交差点を過ぎた辺り
この通りは、澁谷からの抜け道なので、検問の頻度も多いです。
因みに、この淡島通り、環七を過ぎたところでも、稀にやってます。

飲むのは楽しいですが、悲しい「エクスペリエンス」にならぬように。

2007年08月22日

本能の喜び

少し前に届いたホンダのフリーペーパー(?)です。
内容は、ホンダの理念を伝える、みたいな感じ?
かなりページを割いているのが、社長の福井さんと、
今や引っ張りだこの脳科学者、茂木健一郎氏との対談。
その中で、語っているのが、「本能としての移動の喜び」。
もともと、人間というのは、今いる地に安住していなくて、
新しい未開の後を開拓するために移動していく本能があるとか。
人類発祥の地に安住することなく、次々と新天地を求めて移動したおかげで、
今の繁栄があるというはなし。
やがては、地球を飛び出して、他の惑星にも拡大していくんでしょうか。

「行ったことがないところに行くと、ワクワクしてしまう」のは、
やはり、本能からなんでしょうね。

#何事も、「サイトで見てください」な昨今ですが、
ある日、すっかり内容が変わっているようなウェブサイトに較べ、
紙のメディアって、何気に信頼感を感じてしまいますね。
読みたいときに、気軽に読めるし、
なかなかいいもんです。

2007年08月25日

意外な格差、県別喫煙率

「男性喫煙率、都道府県格差2倍 岐阜28%、香川60%」(asahi.com)

喫煙率の最も高い県と低い県では、2倍の違いがあるそうで。
この間行って感動した、郡上八幡がある岐阜県が、もっとも低いのはすごく納得だけど、
男性の喫煙率が低い県で、出身県の兵庫県が、岐阜と並んで1位なのには驚き。
実際、親戚の集まりなどでも吸う人は数えるほど。
昔は、もっと多かったはずなのに、けっこうな変化です。
もっとも喫煙の多い県は、香川県。
葉たばこ生産農家の数との関連もなさそうで、原因はなんでしょうね。

カッパ2号をでオープンして走っていると、
時々、ぷーんとタバコのやな臭いがします。
そんなとき、前を走るクルマの窓から、タバコを持った手が見えます。
これって、けっこう憂鬱です。
だって、排気ガスより臭いんですから。
さらに悪いことに、灰まで飛んでくることがあります。
憂鬱です。

2007年09月10日

クリンゴンの急襲

災いが来るのは、大抵の場合「いきなり」なんですが、
夜中にいきなりブレーカーが落ちました。
当然ですが、パソコン、電灯、電話、エアコン、冷蔵庫、すべてアウトです。
パソコンと電話は、無停電電源に繋がってましたが、
供給時間内に、回復できませんでした。
何度か、分岐ブレーカーをオンオフしてみましたが、またすぐに落ちます。
一時回復して、エアコンの電源を入れた途端にダウン。
「エアコンの分岐?」ってことで、エアコンのコンセントを引っこ抜いてやってみたけれど、それでもダメ。
一端、全てのブレーカーを落とした後、一つずつ入れていくと、
一瞬回復するも、すぐに落ちます。
電話の子機やら、無停電電源やら、部屋のあちこちで警告音が鳴り響きます。
まるで、クリンゴンの急襲を受けたスタートレック号のブリッジ状態。
どーする、カーク船長!
残るは、パソコン関係。
こっちはちょっと複雑。
一番怪しいのは、賞味期限が切れかかっている無停電電源。
そいつをショートカットして、ようやく回復。
しかし、なんで?
バッテリーの寿命を表すLEDが点灯していたことは事実だけど、
なんで、それが引っ掛かる?
これが中古のリスクか。
ああ、スポックがいてくれたら・・・。

それにしても焦りました。
ブレーカーを調べるも、懐中電灯すらありません。
エアコンが切れて暑くなってくるし、
何より、冷蔵庫の中身が心配。
地震などの災害が起きたとき、どーする?って感じ。
危機対策ゼロですね。
懐中電灯を、すぐわかるところに置いておくことは、基本中の基本ですが、
ブレーカーの回復およびテストのやり方を確認しておくこと。
室内の配線の把握や、電力会社の連絡先をわかるところに貼っておくのも大事です。
逐一電力消費の状態がモニターできるといいなぁ。
ブレーカーってーのは、もっと高機能にならない?
やばくなった、「やばいよ!」っていって欲しいなぁ。

皆さんは大丈夫でしょうか。
って、こんなことで焦ってるのは私だけか!(^_^;)

まったく、トラブルというのは、どうして忙しい時に来るんでしょう?

レジストリ移管

ドメインの移管を申請しました。
2ヶ月ほど前に、今の接続業者からドメイン更新のメールが来ました。
ストレージサービスがあったり、サービスは良かったんですが、
登録時以上に、更新料が高かったので、安いところを選びました。
大体年間の支払いが3倍以上違っちゃう。
しかも、転入と転出で手数料を取られるけど、
新しいところは、必要ありません。
ここは、特に安いところなんですが、10月から若干値上がりするそう。
理由は、円安。
ただし、日本語.jpは、値下げだとか。
リアルに為替が繋がっていておもしろいです。

2007年10月02日

民営化後の赤い君

まさか、民営化で古いポストが無くなる?

そんな心配は、杞憂に終わりました。
ごらんの通りのシールを貼られたのみ。
JT、JHと来て、今度は、JPなんですね。
なんとなく、「安易」って感じもしますが、
「国際化」も考慮しましたってことなんでしょう。
民間のほうが、コスト意識は高いので、ポストの更新は「安易に」行わないでしょうか。
そうあって欲しい。

2007年10月17日

喫煙の街

「喫煙者率26%」(asahi.com)

だそうで。

知り合いでも、吸わない人が多く、実感する数字です。
しかしながら、場所によって異なるようで、
近くの下北沢などは、若年層が多いせいか、半数以上が喫煙者のイメージ。
歩きながらも喫煙も多いし、
喫煙マナーも悪くて、あちこちに吸い殻が転がっています。
いやなのは居酒屋。
喫煙率は、8割くらいの感覚で、どっちをみてもスパスパです。
ランチタイムの禁煙は当たり前になってきましたが、
居酒屋での喫煙は、未だに無礼講のよう。
これじゃ、金を出して、人の煙を吸いに行ってるみたいなもの。
食事を楽しむ環境とは言えません。
アイリッシュパブで有名なアイルランドなどは、パブですら禁煙だそうで。
そろそろ100%禁煙の居酒屋がフツーにあってもいい頃じゃないかと思うんですが。
つか、そう言うお店、ほしいっす。

2007年11月12日

チャイナ・シンドローム

なんでも、近年、西日本の各地に、季節外れの光化スモッグの注意報がでているんだとか。
特に、九州などがひどいそうで。
原因は、中国の経済発展らしい。

だいたい、地球は自転している関係からか、
赤道近辺には、偏西風が吹いています。
大ざっぱに言えば、西から東に向かって大気が移動している見たいな感じ?
なので、風上の人が、「プゥ〜」しちゃったら、風下の人はたまんないわけです。
もう、イケイケドンドンで、「公害なんて関係ナーイ」でやっちゃた煽りは、
日本海を渡って、「日出ずる国」に来ちゃうわけ。
もう、かなりのものらしいです。
って、NHKでやってました。

今度は、別の番組で、今流行の「エネルギー問題」をやってました。
すごぉ〜く大ざっぱにいえば、
石油はこの先安くなんてならないし、
各国は、代替燃料に備えているとか。
その代替えがなにかってーと、それは原子力。
かつて、批判的であった北欧の国なども方向転換中。
石油の輸入国になって久しい中国も同様。
今後、ガンガン原発作るそうで。
韓国なんかもがんばってます。

で、「偏西風」の話とつながるわけ。
万一、中国で「不測の事態」が起きれば、
スモッグが到達しているあたりは、結構やばめな予感。
「チャイナ・シンドローム」が、杞憂でありますように。

2007年11月22日

ミシュラン

michelin.jpg

ここの格付けを断ったお店があるそうで。
撮影やそのための料理を作るのに、自腹というのは納得出来ないって。
筋が通ってる気がするんですけど、
でも、後で、少し後悔したとか。
そんなこといわなきゃ、かっこいいのに。
ミシュランを粋に断ったお店ってないんでしょうかね。

たぶん、ここ数日は、ミシュランを断った定食屋、居酒屋、ラーメン屋、スナックが、
日本中のあちこちにあったことでしょうね。
「ったく、忙しいから断っちゃったよ、ミシュラン」(笑)って。
私は、とりあえず、タイヤを味わうことにします。(^_^;)

2007年11月28日

気になるキャラクター

世田谷近辺を走るバスに見かけます。
世田谷の成城にあるDIYのお店、「東宝日曜大工センター」の広告。
で、気になるのが、このキャラクター。
頭に毛が三本は、オバQみたいだし、
ヒゲはマリオみたい。
残った髪の毛も微妙に変!
ちょっとネットで調べてもわからず。
東宝映画の美術さんのための大道具が、その元になっているという話を聞いたことがあります。
となると、かつての大道具さんの親方がモデル?
微妙に垢抜けないキャラクターが、気になって気になって・・・。

2007年12月04日

忘年会シーズン始まる!

IMGP7181.jpg

いよいよ忘年会シーズンの始まりです。
昨夜は、クライアントの忘年会に招かれました。
忘年会といっても、「飲めや歌えや」って感じじゃないのは、この絵を見ていただければ、わかるでしょうか。
実は、かれこれ、1年半近くかかわっているプロジェクトの親睦会というか、決起集会みたいなもの。
最初は、デザインのプレゼンで終わると思っていたものが、いつの間にか一大プロジェクトになっていて、びっくり。
ぶっちゃけ、想定外・・・。(^_^;)
会社の偉い人や関係者で埋まるフロアーの先では、外部関係者のスピーチが行われています。
実は、この後、私の番。
一言二言で、軽く挨拶程度で終わろうと思ったのに、皆さん、なんだか気合いの入ったスピーチが続いています。
これまた想定外。
客観的にみて、かなりヤバめ。
いわゆる、ピーンチってやつ、(^_^;;;
でも、ナーンも考えてなかったのが幸いして?、とりあえず好き放題しゃべってきました。ヤレヤレ。
でも、がらにもなく、つい場をわきまえた内容になってしまい、
イマイチ笑いをとれなかったことを反省しきり。
関西人の悲しい性っすね。

この後、開発チームと「本当の」忘年会に突入。
最初の忘年会クリアーです。

2007年12月13日

サーバー止まる?!

サーバーがつながらなかったようで。
某K氏と某N氏より問い合わせのメールをいただきました。
忙しかったので、しばらく放置だったので気がつきませんでした。
原因は、DNSの設定。
元に戻したので、多分、つながるはず。
心配&ご迷惑をおかけしました。
今月中に、また弄るので、
もし繋がらなかったら、
「ゴラァ!つながらへんやろ!」
ってお知らせメールでもお願いします。m(_ _)m

連日の忘年会

昨日は、渋谷で、今日は汐留と続きました。
この時期、街は、華やかです。
都内中が、エレクトリカル。パレードみたいです。
「新名所」なんてめったに行かないんですが、
初めて汐留シティーセンターに行きました。
レストランは、41Fの「すみれ家」。
「D4Tokyo Shiodome Dining」っていう、4つのテーマのレストランが、ひとつにまとまっている、なかなか洒落たところでした。
黒服の女性スタッフに、長いエントランスを案内された先には、360度の汐留の夜景が見られます。
メニューは、中皿と主菜を選択出来るコース料理。
お値段は、やや高めながら、接客、雰囲気、眺めを含めれば十分満足出来ます。
4つのテーマがあるというのは、上手いですね。
デートや接客に使う時、相手に合わせてテーマを選択出来ます。
たまには、高いところに登るのもいいですね。

2008年01月10日

メンテナンスだそうで・・・

昨夜0時から今朝9時まで、元ユウセンこと現UCOMが、かなり大規模に「メンテナンス」をやっていたみたいで。
以前から告知をしていたので、まぁそれはいいとして、
完了予定時間を1時間以上オーバーしたのは、イカンでしょう。
お仕事と始まっちゃいますから。
ポータルも、メールも、ウェブメールも使えないんですから。
ようやく、繋がってメール受信したら、その間のメールが見当たりません。
念のために、メンテナンス中に自分宛に送ったメールも当然届いていません。
サポートに問い合わせ中。

不安一杯です。

2008年01月11日

子供という生き物

IMGP7414.jpg

実家のお正月は、甥や姪が6匹も来るので、大変ににぎやかです。
つか、やや危険だったりします。
必ず、モノが壊れます。
皿や茶わんのたぐいは、当たり前。
父親の眼鏡が、「変な曲がり方」をして発見されましたが、レンズが欠けていました。
私の眼鏡も華奢なんですが、なんとか難を逃れました。

それにしても、子供という生き物は興味深いです。
この子は、いつも食料を求めてさまよっています。
なので、食べ物は、出来るだけ手の届かないところに置くようにしていますが、
嗅覚が鋭いのか、どこかで見つけてきます。
で、食べ方が変。
とにかく、食べ物のの真ん中から食べます。
しかも、クチに入っていても、限界ギリギリまで詰め込みます。
よくまぁ、あれで食えるもんですけど、本人は満足気です。

それにしても、お年玉税は、厳しい。
株価は、いきなり下落しましたが、お年玉は、右肩上がりです。
年金みたいに、「名寄せが出来ない」って済まないものでしょうか。
来年、受給者が一人増えるらしいです・・・。

2008年01月16日

ようやくPASMO

IMGP7526.jpg

遅ればせながら、『PASMO』使いました。
当初人気のため、販売中断してたりで、買うタイミングを逸していましたが、
昨日、ようやくゲットです。
今までは、「タッチ・アンド・ゴー」していく人を、羨ましく思っていたけれど、
ついに、体験出来ました。
これで、電車もバスも乗り放題!
っていっても、基本車通勤なので、打ち合わせに行く時くらい。
しかも、バスなんて滅多に乗らないので、
乗車口に迷ってドキドキするくらい。
でも、「わざわざ電車もバスも」したい気分。
休日に、A-bike片手に、「わざわざ電車もバスも」計画実行しようかしら。
ついでに、ログデータ欲しいなぁ。
鉄男に鉄子必携、乗車記録データ。
旅の記録にいいかも。
そう言えば、SKINのFeliCa使ってなかったー。
モバイルSuicaで、PASMOと同様に使えるそうなので、そっちでよかったかも。
全然使い来ないしていないのバレバレやん。(^_^;)

2008年02月10日

不幸の科学

「幸福の科学」ってーのがあって、一時話題になりました。
興味がなかったので、どんなものかほぼ知らないんですが、
字面だけでみると、「幸福を科学する」ってことなんでしょうか。
であれば、不幸を科学する考えがあってもいいでしょう。

「とほほ話」ってーのは、自分のみ振りかかった、「差し障りの無い」不幸を自虐的に人に語って、不幸を笑いにしてしまおうと言うものかと思います。
この場合い、ポイントは、「自分の事」と「差し障りの無い」ってことです。
相手が引くほどの不幸であったり、自分以外の不幸は、「ネタ」にするこは出来ないけれど、
自分のプチ不幸は、人に話しても大丈夫。
で、そういったトホホ話、つまり、不幸に合う人は決っています。
その人のトホホ話を聞いても、いかにも「やらかし」そうな危ない橋を渡っています。
本人もうっすらとは気付いているようですが、それでもやってしまうのがトホホ人たるゆえんでしょう。
バイク乗りなんかでも、同様のことがあります。
カーブを曲がる時、曲がった先を見るようにすれば問題ないですが、
怖くてつい、カーブの外側を見てしまうと、曲がりきれずにコースアウトしてしまいます。
そっちにいっちゃ失敗するのに、行っちゃう人、いません?
二日酔いになると思ってもつい飲んじゃう。
ダメな男だとも分かっていても、「私がついていなくちゃ」って気になっちゃう。
毎回、使えなくなる「キワモノ」を買っちゃう。
思い当たる人、少なくないんじゃないでしょうか。
私は、違います。
つねに、起こるかも知れない不幸を、できる限り予測しますし、
その不幸を避ける努力もします。
だから、凍結が予想される朝に、クルマで出かけて、遭わなくてもいい事故に遭う事もありません。
なんて、今朝までは思っていましたが、どうやらそうでもないようです。

私は、たぶん「ながら」好きなんですが、
トイレやお風呂で何もしないのは手持ちぶさたで、雑誌などを読んでいました。
この間からは、お風呂で携帯ワンセグテレビを見たりしてたんですが、iPod touchで、ネットを見るのもお気に入りです。
でも、この状況、かなり「危ない橋」だったようです。
もちろん、自覚もしています。
自分でも、「これで、お湯ん中に落っことしたら、とんだトホホだな」なんて思っていましたから。
ここまで読んで、「やったな?」って思ったでしょう。
残念でした。

続きを読む "不幸の科学" »

2008年02月13日

看板夫婦

週一の銀座詣の途中、
青山通りでの渋滞中の暇つぶしは、ビルボードウォッチ。
『看板娘」って言葉も、最近は聞かないと思ったら、
「看板夫婦」ってのがあるみたい。
これってやっぱり、狙ったんでしょうね。

2008年02月18日

確定申告はじまる・・・けど

e-tax2008.jpg

さて、今年も面倒な時期がやってきました。
なんでも、役所への必要な手続きにの費用と、
カードリーダーの購入補助として、5000円分の税金が割り引かれるのだとか。
なんとなく、ETCと同じようなシステム?
ただ、導入は結構面倒くさそう。

・電子証明書の崇徳
・カードリーダーライターの設定
・開始届出書の提出
・利用者識別番号の取得

で、さらにこの後、「初期登録作業」っての必要。

なんだか、余計に仕事が増えそうな気がするんですが、気のせいでしょうか。
そもそもカードリーダーライターなんて、これだけにしか使わないものを、
なんで買わねばイカンのでしょう?
結果的には、そんなもにも税金が使われるわけですが。

でも、一番の問題は、推奨OSが、Windowsで、ブラウザーがIEオンリーのままなこと。
公共サービスが一つのOSに依存するのは、納得いかんですね。

2008年03月10日

果たして、視覚機能は低下している?

日曜日、いつもの美容院でカットの後、町田の商店街をブラブラ。
で、新しく出来たビルに眼鏡屋を見つけたので、物色してました。
春って、眼鏡を新調したくなる季節ですね。
今掛けている眼鏡は気に入ってるんだけど、
コーティングが痛んで、光がギラギラを映ります。
最初は、どうやら目がおかしくなったと思ったら、レンズが原因である事が判明。
手入れが適当だったのが悪かったみたい。

なかなか良さそうなのがあったので、とりあえずみるだけと思っていたら、
お店の人に声を掛けられて、つい、買う事に。
眼鏡屋さんって、出来たと思ったらすぐになくなってしまって困るんですが、
ここは、比較的落ち着いた感じのお店です。
で、目の検査をしてもらう事に。
近視の具合は変わりなし。
問題は、「老眼」です。
近場の小さな文字は、はっきり見えます。
さらに、遠くの文字を見てから、近くの文字に焦点を合わせる速度のチェック。
これも、オッケー。
どうやら、まだ老眼の兆しはないみたい。
お店の人の話では、多くの人が、45才くらいで始まって、
50才で誰もがなるとか。
猶予はもう少し・・・。

2008年03月12日

速攻診断

IMGP7950.jpg

風邪です。
もう、10日以上。
のどの痛みで始まり、ここ何日かは、咳が続きます。
滅多に医者にかかることもない私ですが、
さすがに、こりゃいかん、ってことで、いつものかかりつけのお病院へ。

この病院、母屋は一つながら、専門の違う何人かのお医者さんがローテーションを組んでいます。
なので、時々、見てもらうお医者さんが違います。
患者の疾病情報は、コンピューターで一括管理されていて、
診断の前に目を通して、病歴や、アレルギーのチェックを行います。

今日の先生は、何度か診てもらっている先生。
どの先生も「時短」のためか、非常にスピーディーなんですが、
この先生は、まるで「早回し」。
「速読」のように病歴を流し読み、
「倍速」で、矢継ぎ早の問診が始まります。
「じゃぁ、胸の音ききますね」て言われて、
なぜだか、倍速で服のボタンをはずそうと慌てる私・・・。
そんなわけで、速攻で診断が終わりました。
今、病院経営は大変だそうで、効率経営のために「回転率」を上げるのも大事な事なんだとか。
この先生の回転率は相当に良さそうだけど、
微妙に不安もよぎります。
ダイジョーブっすよね、“ケンシロウ”先生?
「おまえは、すでに・・・」
「ヴェ?」

2008年03月26日

メジャー開幕!

つか、なんで日本で?

どうやらガソリンが安くなるみたいで・・・

どうたら、4月からガソリンが安くなるって雰囲気が濃厚ですね。
地方の道路はどうなる?って騒いでますけど、
今までだってどうにもなっていなかったんような気が・・・(^_^;)

2008年03月28日

朝の困った

外食産業不振と言われて久しいですが、
ここ数年よく見かける「コメダ珈琲」は、いつもけっこう賑わっています。
モーニングが安いので、週末の朝など、たびたび利用しています。
置いてある新聞や『CAR and DRIVER』を見るのも目的だったりしますが、
のんびり行くと、駐車場がいっぱいだったりなんてこともあります。
モーニングは、珈琲に厚切りのトーストとゆで卵がついて、安さ以外に特別なものはなにもありませんん。
一度だけ、モーニング以外のメニューを頼んだ事もあるけれど、これまた安いけれど大作り。
分かりやすく言えば、地方にある調理人不在の規模の大きな郊外型喫茶店そのもの。
これがどうして次々出店するほど人気があるのかわからない。
すでに、「喫茶店」が少なくなっているところに、チープなファミレスほどに侘びしさを感じない喫茶店ってところがポイントでしょうか。
私自身、マックで、脂っこい匂いを嗅ぎながら、使い捨てのカップで飲む珈琲よりはマシと思っていたんですが、
最近、珈琲の味が変わってしまいました。
今までだって、お世辞にも美味しいとは言えなかったけど、
最近は、正直マズイ。
途方もなくマズイ。
香りが全くしなった代わりにに変な味がします。
ミルクを足してだましだまし飲む感じ。
最初、朝一で行った時、
「ああ、これは、朝一だったんで、機械の洗浄匂いが残ったな?」
って思ったくらい。
でも、それから二度ほど確認したけど、相変わらずマズイ。
どうしちゃったんでしょう。
ベランダ席で、まったり『CAR and DRIVER』を読みふけりたいのに・・・。

【株式会社 インターコマース】コメダ珈琲の経営母体

2008年04月01日

ガソリン値下げ

改めて考えると、この25円/Lの暫定税率は、すごいですね。
歳入不足の心配は分かりますが、
車を運転する人にのみに偏った税ってところを放置してきたのが問題の根源であったと思います。
英国などに較べて、ガソリンの価格が安いって言ってましたけど、
英国は、確か、環境への取り組みの一環で、ガソリン税を相当高めに設定しているそうですね。
8割が税金なんだとか。
でも、日本みたいに、車持っているだけで高額な税金がかかるなんてことはなくて、
ゆえに、古い車をたくさん持って楽しんでいる人が多いんでしょう。
日本みたいに、2年ごとの車検をやっている国なんてないし、
免許取るのに何十万もかかる国なんてありえません。
車検は5年毎、自動車税は5千円くらいにしてくれるなら、暫定税率維持でも全然オッケーですけどね。
つか、是非ともお願いしたいくらい。
いや、今年から毎年車検の境遇だから言う訳じゃないですよ。
そういうほうが、理屈が通るってもんです。

2008年04月07日

快気祝い花見

IMGP8122.jpg

お友達の某T氏の快気祝いで、上野にお花見に行きました。
T氏は、いわゆる職人さん的ご職業です。
職人さんといえば、宵越しの銭はもたない、
稼いだ金は、賭事、お酒、女につぎ込むってのが相場ってもんです。
そんなわけで、ひとしきり飲んだ後は、
きれいな夜の花があるお店にレッツゴーです。
初めての場所でこういうお店を選ぶのは、若干緊張を伴うものですが、
やや地味目な呼び込みに案内されて行ったお店はなかなかでした。
女の子は若くてきれいだし、なによりおしゃべりもちゃんと出来ます。
お値段も、六本木あたりと較べると格安。
「上野、侮り難し!」です。
そんなわけで、某T氏は、無事社会復帰できて、
私も、久しぶりに「夜の花見」を堪能出来ました。
めでたし、めでたし・・・。

2008年04月16日

巨大油田発見!?

<ブラジル>世界3位の油田発見…埋蔵量330億バレル

だそうで。
それでも、原油価格は最高値更新中です。
まぁ、数十年後には枯渇する説も濃厚ですし、
有限であることに変わりないっすからね。
「80才になってもドライブ」が目標なんだけど、
何とか体力を維持したとしても、
リッター千円にでもなれば、経済的に難しいですね。
年寄りが満タンにして走っていれば、「ジジ狩り」に遭いそうだし。
「マッドマックス」の世界が現実になる?
でも、みんなが乗らなくなるから、道路は空いてますね、絶対。
そしたら、一人で走り放題!

あ、電気自動車走ってるか・・・。
ガソリンスタンドは、「電気スタンド」になってるし?
結局、今のうちって事?

2008年05月01日

ぬか喜び

やはりというか、残念な結果です。
暫定税率復活です。
趣味で使うことが多い私に較べれば、
業務や地方の人など、車を使わざるを得ない人の深刻さは大きいでしょう。
ガソリン価格といえば、車を運転する人にのみ関係するような印象がありますが、
結局のところ、流通コストや生産コストに反映して、
まわり回って、ほとんどの人がその影響を受ける事になります。
特に、この原油価格高騰は急過ぎです。
ガソリン価格を一時的にでも押さえる施策を優先するべきではなかったかと思います。
このままガソリン価格は上昇するでしょうし、マイカー通勤も考えねばなりません。
なんてことは、多くのマイカー通勤者も考えているでしょう、
最近、どうも近所の駐車場の賃借料が安くなってきている雰囲気ですが、
すでに、空きが増えているんでしょうか。
色んなところに影響が出てきそうですね。

2008年05月03日

迷惑な車達

長時間ツーリングで走っていると、
時々、「そばに寄って欲しくない車」で出会う事があります。
遅いクルマは、それぞれ走るペースが違うので、
制限速度+10kmで走っている限り、仕方がないかと思っています。
しかしながら、稀に制限速度以下になる車がいます。

続きを読む "迷惑な車達" »

2008年05月05日

美味しい珈琲店の見分け方

特別、五月蝿い訳ではないですが、
美味し珈琲に出会うと滅法嬉しいし、
逆にそうでないと、かなり落胆して、後を引きずるタイプです。
特に、東北ドライブの折りに、事の外美味しい珈琲に出会って以来い、
その傾向は強くなっています。
なんていいながら、珈琲の事はまったくの不勉強。
でも、自分で決めてる簡単な見分け方が一つだけ。

「お店に、珈琲のいい香りがしているかどうか。」

まぁ、大抵の場合、専門店でも無い限り、珈琲の香りが外に漏れてくるなんてことはないですが、
それゆえに、わかりやすい判断材料かと思います。
店構えやメニューなんかもあります。
ナポリタンの定食を出している昔ながらの喫茶店だけど、
サービスで出てくる珈琲が、意外に美味しい。
なんてことも稀にはありますけど、
漂う香りは、ファミレスなどよりもずっといいです。

新橋にほど近い所にあるこのお店も、店外にいい珈琲の香りが漂ってましたし、
大きな壁面ガラスを通して見るお店の佇まいもいかにも「珈琲専門店」。
メニューを見ると、豆の種類に加え、挽き方、煎り方などの細かな選択ができるようです。
これは、否が応でも期待が高まります。
最初なので、とりあえずあっさり目を注文しましたが、
期待に違わないというか、予想通りの味です。
お店の調度も味に寄与しているでしょうか。
ああ、やっぱり珈琲はこうじゃないと。
でも気になる点は、一つ。
今どき珍しい手書きのレシートの金額は、750円。
かつて、一杯1500円の経験もありますけど、
十分に庶民な私は、つい、「定食食べられるな」なんて思ってしまいます。(^_^;)

2008年05月06日

子供という生き物2

私が買ってきたブリを弟に捌いてもらっていたら、
物珍しげに、子供衆が集まってきました。
子供というのは、意外性のある行動を取るのがおもしろいですね。
大人の長靴を履いて歩く様は、「チョロQ」(笑)

続きを読む "子供という生き物2" »

2008年05月07日

パンダが行こう?

別にパンダ・・・いんなくてもいいんじゃ・・・。
「子供の笑顔が」って・・・別にパンダじゃなくても・・・。
なんてこと言うと、やっぱ「非国民」?
でも、みんな思ってるよね。
「別にパンダは・・・」って。

2008年05月08日

バイクが消える日

XR250がすでに生産終了だそうで。
すでに1年以上前のニュースで、我ながら迂闊でした。
かなりのバイクが、排ガス規制で生産終了に追い込まれるとか。
非常にショックです。
まさか,こんな自体になっているとは・・・。
ガソリンが高くなって、バイクの買い替えでも考えようかとのんびりネットを見ていたら、
ホンダのカタログで、「生産終了」の文字を見つけました。
他にも小排気量のバイクで、いくつか生産終了になっています。
それにしても、オフの代名詞であった「XLR、XR」がカタログから消えるとは・・・。

2008年05月09日

グラッときた

バイクじゃないですよ。
最近、地震が多くて。
おとといなんか、クルマで停車中に、揺れに気付いたくらい。
橋の上でもないのに揺れるのでおかしいなぁと思って注意すると、
外の街灯が揺れてました。
「近い」んでしょうか?
いざって時に、カッパ2号で都心は走っていたくないなぁ。
頭上から、色んなものが落ちてきそうだし。
眼鏡、靴、毛布、水・・・
う、何も対策していない。
まずいっすね。
あ、いざとなれば、オフバイクは移動に有利っすね。
クルマは走れないだろうし。
って、事はこれって地震対策では?
すばらしいオチですね。(^_^;)

2008年05月22日

マッサージと筋トレな電車通勤

かなり久しぶりに、電車通勤しました。
特に、朝のラッシュアワーは、十数年ぶりってくらい。
たまたま乗った車両がそうだったのか、
かな〜り激しい混み具合。
途中からさらに混み具合がバージョンアップ。
私は、若干「く」の字を強いられ、
左隣のサラリーマンは、窓枠に手を突いたかなり無理な体制だし、
右隣のやはりサラリーマンは、いつ痴漢と訴えられても仕方がない体制で耐えてます。
体側を適度に押されるのは、マッサージとして具合がいいし、
つり革を持ってる右手は、上腕二頭筋がプルプルしてます。
駅までは、十分なウォーキングに当てられるし、
なかなかいいエクソザイズかも。
まぁ、ものすごく前向きに考えれば・・・ですが。(^_^;)

多くの方が、この満員電車で、毎日通勤されているわけで、
本当に頭が下がります。
それにしても、このままガソリンが高騰を続ければ、
公共交通機関の利用は増えるでしょうし、
そうなれば、さらに乗車率はアップして、ストレスも増えそうです。
これだけブロードバンドが発達してきたわけだし、
もっと、在宅勤務が増えても良さそうなものですが、
最近、あまり言わないですね。
なんで?
フツーに考えると、会社に行かなくて出来る仕事って多そうに思うんですが、
なにかボトルネックがあるんでしょうか。
やはり、セキュリティー?
それもとも、管理上の問題?
顔見ないと不安?

さてさて。

2008年05月26日

また上がる・・・とか。

来月から、また上がるそうですね、ガソリン価格。
しかも、10円。
年内にリッター200円になりそうと思ってたけど、
軽く越しそうですね。
自宅からオフィスまでは、約、25kmほどなんですけど、
燃費を10km/Lとすると、片道だけで、500円です。
洒落になりません。
電車なら、270円。
バイクであれば、燃費25km/Lとして、200円。
うわー、バイクでも70円しか安くならない!
移動や、輸送にコストかかかる時代になりそうです。

2008年06月05日

親切にも程がある!

昨夜つか、朝の5時前のこと。
少しずつ明るくなりつつある世田谷街道を、カッパ1号で自宅に向かってました。
まぁ、こんな時間の下りなんで、道もスイスイ。
でも、ガソリンの事もあるので、エコ走行も忘れずにです。
しばらく走っていると、真後ろに大型スクーターと思しいヘッドライトがついてきます。
サクッと抜けばいいのになぁなんて思いながら赤信号で停車。
すると、そのスクーターが右折車線に入りました。
私は、FMなどに聞き入っていると、コンコンと窓ガラスをたたく音。
そのスクーターのアンチャンです。
私は、ちょいとガテン系入った彼を見て、
一瞬「知り合い?」って思いながら、慌てて窓を開けました。

「給油口のフタ開いてますよ」

親切な事に、わざわざそれを教えてくれたのでした。
私はお礼を言って、信号が変わったら停車して直そうと思っていると、
なんと、彼は、わざわざバイクを降りて、私のクルマの後ろに回り、フタを閉めてくれます。
もどって来た彼に、私はひたすら「すみません、すみません」を繰り返すだけ。
彼は、「それじゃ」って爽やかに言って、Uターンをしていきました。
ってことは、自分の帰宅ルートをはずれているにもかかわらず、
わざわざ、追いかけて、しかも閉じてくれたわけです。
まったく、親切にもほどがあります。
こんな親切な人がいるんですね。
私は、かなり感動しました。
そこまで出来ないっす。
つい、他人に無関心になりがちな自分を反省です。

2008年06月21日

ハカナイ話

IMGP8891.jpg

郡上踊りのための下駄を探していたら、
4足の靴が「発掘」されました。
どれも、買ったものの殆ど履いていない・・・。
靴って、なかなかぴったりと来るものが無くて、
ついつい「いつもの奴」を履いてしまいます。
そんなわけで、この4足が、玄関脇の収納の中に埋没していました。
すっかり忘れて、新しいスニーカーを物色していたりしてたんですが、
靴選びは、難しいです。

2008年06月23日

晴れるや?

ひさしぶりに、明日は晴れるみたいで。
ことさらにうれしいです。
トリ通勤出来ます。
やっぱり、1日1回は、アクセル捻らないと体調がすぐれません。
週末もなんとかイケそうだけど、もってほしいなぁ。

2008年07月22日

複雑な「お先にどうぞ」

osakini_sign.bmp

先のエントリーの通り、週末はトリでツーリングを楽しんだ訳ですが、
相変わらず、「お先にどうぞ」って道を譲られる事が多いです。
もろ「走り」に来ている時はありがたいんですが、
ツーリングの時は、のんびり風景を楽しみたいし、途中で立ち止まって写真なども撮りたいところ。
なので、出来るだけ「先に行きたい気配」を出さぬように、車間を取って走っているんですが、
にもかかわらず、「先行けサイン」をもらってしまいます。
出来れば断りたいところだけど、そういうわけにもいきません。
とりあえず、ホーンか手で「お礼」をして、仕方なしにスピードを上げます。
そんな時に限って、先に絶好の撮影ポイントがあったりするんですが、
そこで停まっては、さっきの親切が無になってしまうので泣く泣く先を急ぎます。
かなり車間を取ってるんだけど、
「バイク=飛ばす」的なイメージが強いんでしょうね。
実際、そんなバイカーばかりじゃないんですが。
バイクの昼間点灯で、ヘッドライトが点灯しっぱなしも、往年のドライバーには煽っているように見えるのかも。
中には、マジにあり難くない「お先にどうぞ」もあります。
コーナーの入り口でやられるとホントに厳しい。
「えーっ、ここでぇー?、勘弁してぇー!」です。
まぁごく普通の平和な家族連れのワンボックスだったりするので、他意はないんでしょう。
対向車が来ない事を祈りつつ、決死の覚悟で追い越して、
本当に不本意ながら、「お礼」のホーンです。
ホンマ、泣きが入ります。(T_T)

まぁ、思いっ切り距離をおけば大丈夫そうだけど、
ブラインドコーナーが続く時は、あまり離れたくないし。
うまく、意思の疎通が出来きないものでしょうかね。

「出来れば、先に行かせてただきたいですm(_ _)m」
「次の直線で譲るからね」"( -ω-) _旦"""""」
「のんびり走ってます」

みたいなサインがあると非常にオッケーな感じがしますが。
「シール型のLEDサインボード」どうでしょう。

2008年07月23日

お布施のお知らせ

IMGP9318.jpg

またまた、お布施のお知らせが届きました。
今回ももっとも長い時間説法を聞けます。
丸四年間違反はしていないですが、
誕生日の40日前から起算して5年以内に違反を行うと、
このあり難い状況になります。
次の更新日まで1度でも違反をするとだめなので、
私の場合、丸9年間違反をしないようにしないと、また最長の説法を聞かされる事になります。
(もっとも、運にまかせた無事故無違反の面もあるけれど。(汗))
せめて次の更新日までの間ってことにしてくんないかなぁ。
それにしてもこの集金システムはすごいですね。
他の国ではあまり例をみない短い更新期間で、
集金業務は、天下り先の交通安全協会が行うシステムになっています。
ちなみに、英国やフランスでは、ほぼ更新はありません。

更新手数料:2550円。
経由手数料:600円。
講習手数料:700円。

「経由手数料」ってなんなんでしょう?

まぁ、これだけお布施を納めているので、
その分、良く利用して元を取りましょう。
でも、意に反して違反などして、お布施を払いすぎないようにってことですね。

2008年08月07日

グッとくる言葉

正直なところ、赤塚不二夫の死は、いまいち実感がないんだけど、
彼にに見いだされたというタモリの弔辞にはグッと来ました。
彼の弔辞の最後に語られた言葉、

「私もあなたの数多くの作品の一つです。」


もう一つ。
長崎の原爆投下後、破壊力の記録の為に爆心地に入った米軍のカメラマン、ジョー・オダネル
軍の規則では、「日本人を撮らないこと」でしたが、
写真を撮り続けるうちに、「原爆の惨状」を撮るようになります。
彼は、心の葛藤から、撮った写真をトランクに封印しますが、
彼は、放射線の影響を受けて被爆し、皮膚癌にかかります。
あるきっかけで、その写真を公開しました。
しかし、彼は裏切り者扱いの仕打ちを受けます。
彼の意思は、息子に受け継がれますが、相変わらず非難の投書ばかり。
その中で、1通の応援の手紙が。
その手紙は、さらに彼の息子、つまりジョーの孫からのものでした。

「僕がお父さんの年齢になったら、お父さんの意志を受け継ぎます」

2008年08月11日

では、良い夏休みを!

では、これより帰省ツーリングに参ります。
お供は、カッパ2号。
よほどトリを使いたかったけど、
天候が崩れるときついので、まぁ大人な選択です。
皆様も良い夏休みを!

2008年08月28日

痛いのはイヤ!

告白しますと、

「ケガ嫌い」です。

まぁ、負傷が好きな人なんていないし、
好んで痛い思いする人なんていないでしょうけど、
「ひょっとしてケガをするかも」なんて状況になったら、
「躊躇せず」撤退です。
ああ、へタレですとも。
友達なんかに、まぁお手軽にケガをする人がいたりして、
骨折やら縫合やらの自慢話を聞かされることがあります。
勇敢な事は認めますけど、
私は「へたれ」と呼ばれても、絶対に痛い思いをするのはイヤです。
程々に長い人生だけど、骨折は1回のみ。
それも、「ヒビ」程度なので、先述の友達などに言わせれば、
「そんなのは、打撲と変わらん」って一喝されるにはず。

最近、トライアルの練習をしながら、若干危険の匂いがし始めました。
予測される災難に無防備で向かう「タフガイ」でもないので、
プロテクターを物色しはじめました。
確かに、安全で痛い思いをする確率も低そうだけど、
やや「イケてない感じ」になりそう。
カッコ良さと安全の両立は難しいです。

2008年08月29日

速攻なゲリラ豪雨

昨日の豪雨では、自宅の近所も浸水があったらしくニュースになってました。
天候が悪い時に、わざわざ帰宅する事はしないので、昨夜はおフォスに泊まり。
自宅のあるところは、高台なので、幸い浸水の心配はないものの、
カッパ2号がやや心配。
今日は、朝から天気もまずまず。
でも帰る途中で降るのもイヤなので、ライブカメラで自宅近辺のライブ映像をチェック。
で、降っていない事を確認しつつ、トリを走らせました。
そしたら、走り始めてまもなく、雷鳴が轟き、雨がポツポツ。
で危険を察知してオフィスに引っ返す事にしました。
でも、残念ながら間に合わず。
ポツポツから5分かからず。
速攻土砂降りです。
パンツまで濡れてしまいました。
悔しいのでここに書いてます。

2008年09月08日

バケツをひっくり返したどころじゃない雨

imgp9467.jpg

日曜日は、「メンテデイ」。
ってわけで、ヘアーサロンに行き、
トリの洗車を済ませ、
オイル交換を行い、
走らせていなバハのエンジンを掛け、
もっと走らせていないカッパ2号で近所を走らせ、
そのついでに買い物などしていると、
にわかに、自宅上空がに暗雲が垂れ込めたので、
「こりゃやばい!」
と、速攻駐車場に戻って2号にカバーを掛け始めたところでポツポツ。
もう、マジシャンが如き速さでカバーを掛け終えたところで、
2台のバイクにカバーをかけていなかった事に気がつき、
まずはバハまでダッシュして、速攻カバー。
続いて少し離れたトリまで猛ダッシュ。
たぶん、降り始めから5分かかっていないはずだけど、
もう大粒の雨でやや間に合わず。
うげぇ、洗車したところなのにぃ〜。
雨に濡れたトリにカバーを掛け終えたところで、どうしようも無い大降りです。
仕方なく、脇に停めてある1号に避難しました。
したら、まあひどい降り。
「バケツをひっくり返したような」って表現がありますけど、
まさに、空が破れたような雨でした。
こんな降り方って、昔はあまり経験しなかった気がしますが、
やっぱり、気候が変わってきてるのでしょうか。

【土砂降りムービー】

2008年09月12日

ヒーローになれるか?

災害などで、まず子供と女性を助けようという時、
後に残らねばならない男達にそれを告げる時、
アメリカ人の場合、こういうと納得するそうです。

「ヒーローになれます!」

イギリス人の場合、「紳士はそうされます」
ドイツ人の場合、「そういう決りになっています」
中国人の場合、「国家のためです」
日本人の場合、

続きを読む "ヒーローになれるか?" »

2008年09月19日

3年後の更新が決定・・・凹

カッパ2号で打ち合わせの帰り、
銀座の四丁目の交差点にて、
進路変更禁止違反にで、ご用です。
雨天のせいか、週末のせいか、
いつも以上にクルマが多かったので、進路変更が遅れました。
ここは、手前のブロックを曲がった車が、
直進車線に入れなくて、左折車線に詰まるので、絶好のポイントのようでした。
一言嫌みの一つもと思ったものの、
提示を求められた免許証が「ない!」
オフィスか自宅に忘れたみたい。
日が悪いなぁ・・・。
これでは、おとなしく従うしかありません。
取り合えず、違反は違反なので、仕方がないですが、
これで、免許の更新が、違反車扱いで3年後に確定してしまったことがガッカリです。
もっとも、これから数年間、まったくの違反なしに行く自信はないし、
気がラクになったと前向きに考えるしかないです。
今は、交通安全期間です。
皆様をお気をつけください。

2008年09月28日

信じるものは、救われない・・・

「ナビが誤り」看板林立なぜ 山梨・ほったらかし温泉(asahi.com)

だとか。
甲府は、フルーツ公園近くの山頂にある「ほったらかし温泉」。
行った人はわかるけど、なかなかわかりづらい場所にあります。
おまけに、カーナビの案内も不正確なので、迷う人が多いです。
その為に看板もあるんだけど、その看板よりもカーナビを信じて迷ってしまうとか。
カーナビの不正確さは、使った人ならわかるけど、
微妙に場所がズレていたりします。
そのために、看板があるんだけど、
目の前の現実よりも、いつも見ているバーチャルの情報を信じてしまうが面白いです。
カーナビを使い始めの頃、
対向の直新車が近づいているにもかかわらず、
「右折してください」のカーナビの指示に従おうとして慌てました。
まぁ、この例は論外ですが、
目の前の情報よりも、自分が慣れ親しんでいる情報、
しかも、限られた情報を信じてしまう例というのは、意外に多いのではないでしょうか。

2008年09月29日

増える鍵

IMGP9541.jpg

金利の高さと、手数料の低さで、イーバンクを利用していますが、
金利は、徐々に下がり、おまけに9月からは、手数料の大幅アップだとか。
今でも、まだ少しはいいほうみたいだけど、
無駄な手数料を支払うのは、馬鹿馬鹿しいので、支払い相手と同じ銀行に口座を開きました。
で、付いてくるのが、このハードウェアー。
「トークン」って呼ばれる、一時的なパスワードらしい。
銀行各社のセキュリティーは、それぞれ特徴があるけれど、
ハードウェアー付きははじめて。
おかげで、私のキーホルダーには、8つの「鍵」がぶらさがることに・・・。
カッパ2号のカードキーを足せば、9個。
カードや鍵は、増えるばかりで、
果して、これが便利な生活と言えるのかどうか・・・。

それにしても、ネット銀行も金利が下がってきてますね。
これも、サブプライムの影響?

2008年09月30日

落ちます、落ちます・・・

wti_graph.jpg

最近、時折覗くサイトが、「WTI原油先物チャート」。
ガソリン価格の先行きには、当然興味はありますが、
何より面白いのは、日々のニュースと連動して、上がり下がりする様です。
巨大台風が油田を破壊する可能性をニュースが騒げば上がり、
景気に陰りが見えるとなると、徐々に下げます。
最近の見せ場は、リーマンの破綻以降の動き。
金融安定化法案が可決されるか?という憶測で、
原油先物で一儲けを狙った買いが入って、瞬間30ドル近くは値上がり、
否決されるとわかると、一気に売りで、100ドルを割りました。
さて、「NY株、史上最大の下げ=法案否決を失望−ドル下落、商品も全面安」とか。
東京も大きく下げたようです。
さて、この先、どんなグラフになるのでしょう・・・。

2008年10月01日

デジタルなセール

新百合ヶ丘に伊勢丹の食品館で、こんな値札見かけました。
すでに数年前から、こんな液晶値札があったんですね。
これだと、値札の張り替えは、一発ですね。
1千万弱の設備投資がかかるそうだけど、
回収は早いでしょう。
でも、問題もあります。
一つは、液晶が照光式じゃないので、コントラストが弱く見づらい事。
これは、高齢者にはちょっとつらいかも。
もう一つは、・・・どうも安く見えないんです。
数字がキチンとしすぎて。
手書きの勢いある値札の文字は、なんか景気良さそうに見えますけど、
どうも、このデジタルの文字は辛気臭い。(笑)
真っ赤な「Sale」の張り紙が、余計にそう思わせます。
なかなか難しいものですね。

2008年10月11日

いいかげんうんざり

24S6E1_001s.jpg

ここ2週間ばかり。
忙しいやら、飲みすぎやら、雨やらで、
週末しか、家に帰ってません。
仕事は、夜中よりは、早朝のほうが捗るタイプですが、
さすがに、寝ると間に合わない緊迫した状況だったりして、
深夜にMacに向かってました。
で、少し眠くなる頃に、テレビで紛らわそうと見たのが、
『24』シーズン6

先の読めない緊張感は相変わらず。
裏切りと欺瞞と策謀に満ちたこのドラマは、
明日の朝までに仕上げねばぁ〜!
って臨戦態勢にある私の心情にシンクロしました。
でも、さすがに、時間中、つねにその繰り返しだと、

飽きます。

結局のところ、テロそのものより、
身内の裏切りや野心、嫉妬のために、どんどん問題が大きくなってます。
つか、バウワー家滅茶苦茶。
爺さんや弟は、自分の会社のためには、国だって売るし、
弟の嫁は、自分のせいで何人もの人が死んでるのに、ヒロイン気取り。
ありえへん・・・。

最終回が近づいた頃、いい加減ウンザリして、観なくなりました。
で、朝一番のニュースは、「株の大暴落!」
物語も、現実も、
こういうのが好きなんですね、かの国は。

2008年10月23日

円高進行中!

円高が進行してます。
世界的混乱の最中、日本が比較的安全ってー理由らしいです。
でも、輸出でもってる国ですから、
円高が進めば、商いが振るわなくなって、
日本も安全でなくなる、ってことらしいです。
輸入に頼る原材料、食材に関しては、円高さまさまですね。
旅行業界は、一時の燃料費高、円安の停滞から一息つけるでしょうか。
この円高と、原油価格の下げで、ガソリンや灯油の価格の下げ幅はイマイチですね。
輸入食材は2割くらい下げてもいける?
年末年始の海外旅行は、賑わいそうです。
私はといえば、・・・・
K3スコーピオンの価格が気になります。
ま、買えないですけどね。(笑)

2008年10月24日

結果発表

雨の中、1号で自宅近くの整形外科に、健康診断の結果を聞きに行きました。
唯一γGTPの値が、若干高かったくらい。
朝食を食べた後のせいかも知れないけど、
毎日の飲酒ってことで、休肝日を作るようにと言われました。
で、ついでに腰痛検診も受けました。
腰の痛みで目が覚めることがあったので、さすがにこれではマズイと。(汗)
レントゲンを撮ると、しっかり椎間板の隙間が少なくなってる箇所があります。
その近辺で炎症を起こしてるのだとか。
とりあえず、暖めたり、伸ばしたりのリハビリを受け、
クスリと固定ベルトをもらいました。
炎症を起こしているので、とにかく安静にするのが一番とか。
ウォーキングも自転車も控えるようにと。
ぐへぇ・・・、ヤだな。
トライアルの練習出来ないのはつらいぁ。
スタンディングくらいなだ大丈夫でしょう。
クルマ、特に2号のポジションは、ダメっぽいです。
1号はわりと平気。
バイクは・・・ポジション的にはラクなんだけど。
今週末走りたいし、
温泉治療に行く為に乗るのは、仕方ないな。(^_^;)
炎症が治まったら、背筋腹筋の鍛えなきゃ・・・。

それにしても、ひどい雨です。
こんな天気は、クローズドボディーは安心。
前モデルのスカイライン・クーペ、かっちょええなぁ。

2008年10月26日

この人の悩みも「健康」

ある程度の年齢になってくると、
話題に占める比率で高いのが、「健康」の話題。
たまに行ってるラーメン屋さんで見かけた週刊コミックで、見つけました。
かつて「死刑!」で一斉を風靡した「こまわり君」の42才バージョンです。
彼の健康の悩みは「通風」。
西条くんや阿部先生も登場します。
こまわり君の姓が「山田」って初めて知りました。

2008年10月27日

幸せのリンゴマーク

昔は、七色のリンゴマークを貼ったクルマを、稀に見かけましたが、
今でも、この白いリンゴマークを貼ったクルマを、稀にに見かける事があります。
ご存知の通り、Appleは、パソコン、音楽プレーヤー、
そして最近は、スマートフォンを商いのネタにする製造メーカーですが、
考えてみると、ロゴマークを有難がられるメーカーは、少ないです。
特に、家電では皆無。
クルマ関係では、レースなどでそう言った伝統があるので、
市販車の目立つところに、カーオーディオメーカーや、パーツブランドのロゴマークが貼られたりします。
当然、スポンサーであろうはずがなくともです。
こういったのは、多分「ファッションアイテム」としてのステッカーじゃないでしょうか。
リンゴマークの場合は、少し違ってきます。
一つのライフスタイルを公表していると言っていいかも。
「私はAppleの製品を使うようなライフスタイルをしています」みたいな。
今は、ファッション的なものも多いでしょうけど、
元は、たぶんそうです。
だから、クルマの種類なんかも、共通点がありました。
多かったのは、ワーゲン、シトロエン、ゴルフ、ミニなどです。
ライフスタイルの発信ってー意味では、かつての、クルマの屋根に乗せたサーフィンボードと同じですね。
「オレは、こういう生きかたしてるぜ」みたいな。
少数派のアピールってーのもあるかも知れません。
では、そんなブランドが他にあるかと思い巡らすと、
コアなファッションブランドでは、ありそうだけど、
多くの人が知っているメジャーなブランドでは、ナイキくらい?
そんなことを考えていると、
「ブランド」の創出ってーのは、並大抵の事ではないなぁとしみじみ思います。

2008年10月29日

クスリの進歩

kizupita.jpg

クルマには、何種類かのクスリを常備してますが、
先日林道ですっ転んだ時に、ひざ小僧を擦りむいたので、この塗り薬を使いました。

メンソレータム『キズぴったりカバージェル』

この塗り薬、傷口をカバーして、空気に晒されないようにして、感染を防ぐというもの。
バンドエイドの『キズパワーパッド』などと考え方は同じで、クスリじゃなくて、感染を防いで自然治癒させようという最新の医療技術に基づいています。
何度か薬を塗りながらガーゼを取り換えるのが今までの方式でしたが、この方式だと、最初に傷口をカバーした後は、何もクスリを使いません。
この方法のほうが、きれいに早く直るとか。
最初に消毒液で消毒した後、この塗り薬を塗ると、傷口ーが透明な幕で覆われます。
匂いは、セメンダインのような匂いで、まるで接着剤。
最初はちょいと染みたんだけど、乾いた後は、ズボンと擦れてもはがれないし、温泉にはいっても大丈夫でした。
これは、ガーゼも包帯も不要なのでなかなかすぐれ物です。
他にも進化したクスリがありそうなので、今度薬局を探索してみようと思います。

2008年11月13日

なんで?

『トヨタ奥田氏「厚労省たたきは異常。マスコミに報復も」』(asahi.com)

とか。
マスコミ報道もどうかと思う事もあるけれど、
なんで、奥田さんが厚労省の仇を討つ?
それに、いくらスポンサーが神様とは言え、
ちょいと露骨すぎでは?
IQも予定通りCOTY取ったのに、
それほどに業績下降は深刻か?

2008年11月16日

語り部サロン

週一で形成外科に通ってますが、
病院は、ある意味、お年寄りの“サロン”です。
まぁ、年寄りは、家に居たってロクな事ないですから、
病院の待合室は、羽を伸ばすには格好の場所です。
具合が悪く案ったって、すぐに見てもらえるし、
看護士さんは、親切です。
なので、今日も待合室は、顔見知りのお年よりで盛り上がってました。
前回のテーマは、息子夫婦のあら探しでしたが、
今回は、戦争。
戦中戦後の体験をこぞって話してました。
これがね、とってもおもしろい。
なんたって体験者の話ですから。
中島飛行機の話、
機銃掃射の話、
爆弾のはなし・・・。
笑い込みで明るく話してますが、
内容は生々しいです。
こういう話が出来る人も減ってきている今、
学校なんかでやればいいのにね。
そんな事を思いながら、こっそり録音させてもらいました。

某形成外科待合室にて(2008.11.15 10時)

2008年11月20日

「民間機でここに来た人は?」

「ビッグスリー、自家用ジェットで乗り付け「合理化」強調」(CNN.co.jp)

公的資金による支援を訴えた米3大自動車メーカー(ビッグスリー)の首脳が自家用ジェットでワシントン入りしたことについて、議員らの痛烈な皮肉の言葉が・・・。

日本国内でも、非正規雇用者の削減が始まっていますが、
まさか、こんなことはないでしょうね。

2008年11月22日

大嫌いな“ちくわ磁石”

IMGP9761.JPG

ついに、 MRIを撮ってきました。
人生初MRIです。
部位は、もちろん腰です。
痛みはほとんどないんだけど、
念のためにということで。

初めて生で見るその装置は、巨大な「ちくわ」?
まぁ、腰なんで、造影剤を飲むでも無く、
閉所恐怖症でないこと、若干大きな音がする事の説明を受け、
台に乗っかってちくわの穴に入っていきます。
土管か棺桶の中に入った感じ?
えらく圧迫感を感じます。
で、すぐに心拍数が上昇して、若干パニクり。
こりゃいかん、ってことで、深呼吸したり手で顔を弄ったりしてなんとかセーフ。
それでもかな〜り憂鬱です。
そのうち、工事現場のくい打ちのようなカンカンという音が聞こえてきました。
そうすると、ふたたび心拍数上昇。
耳を塞いでみたけれど、よけいに集中してしまってダメ。
いいかげんキビシくなって、「後どれくらいでおわります?」って聞きました。
「あと、7、8分くらいで・・・」
で、しばらく我慢したけれど、
息がツマッって変になりそう。
ああ、もうダメ、ギブです。
体調が悪いので出してくれってお願いしました。
どうやら、「閉所恐怖症」だった?
狭いところには散々入った事あるけど、
今回みたいに、狭い上にあの騒音は、まったくアウトみたい。
係の人は、後一枚撮りたいとおっしゃいます。
どーしても?
意を決して、再度挑戦。
でも、入ってすぐにギブ。
もう、一杯一杯。
なさけねー・・・。
次に、係の方の提案んで、足から入る事に。
それまでは、頭から入っていたんですが、足からの方が抵抗が少ないかも、ってことらしい。
今度は、頭の上に部屋の中が見えるくらい。
手を伸ばすと穴の口に出ます。
これなら、自力で脱出出来るぞー、って感じ。
今度はなんとか我慢ぎりぎり出来ました。
うー、大嫌いだよ、MRI。
つか、自分がへたれ?
苦手なものはいくつかあるけど、
これは一番イヤ。
狭いところで、動いちゃダメで、騒音ってーのは、完全にダメみたい。
子供が苦手だそうで。
子供ってこと?
じっとしているの大いに苦手。
共通点の多そう・・・(汗)
次に行くとしたら、酔っぱらい状態で行くしかないな。
いっそ麻酔かけてくれればいいのに。
ヘッドホンで音楽聞けたり、
お笑いのビデオを見れたりすれば、気がまぎれると思うんだけど。

結果は、良好でもないけれど、深刻でもないってところ。
とりあえずは、安心ってところだけど、
まだ、ウォーキングやらは控えるようにとか。

(太るんですが・・・)

それにしても、予想外な自分の弱点に気がついた一日でした。

2008年11月26日

革ジャンほすぃ!

3261s.jpg

チョイ前に、バイク用品店で、めっちゃ好みな革ジャンを見つけました。
たまたまサイズがなくて断念したんだけど、
やっぱり諦めきれなくてネット検索。
しかしながら、ロット自体すくないせいか、見つかりません。
でも発見がひとつ。
価格がやすーくなってるんです。
同じものなのに、半額セールのものが目立ちます。
で、気がついたのが、ウォン安。
今、韓国のウォンの対円レートは、一頃の半分です。
革製品は、韓国製のものが多いんですが、
おそらく、為替の関係で大幅に安くなっている模様。
高い頃のレートで契約・入荷している所は下げにくいでしょうけど、
これから買う人は、ちょいと考えたほうが良さそうです。
他の輸入物にも価格に注意ですね。

2008年12月03日

迷惑メール減った?

なんだか、スパムがぱったりと減ったみたいで。
12月1日、5月に成立していた、いわゆる”改正迷惑メール法”が施行されたとか。
一番のポイントは、「承諾を得ている人にしか、広告メールを送られない」ってこと。
すでに、承諾を得ている場合はオッケーだけど、
承諾を得ている記録を保存しておく必要があります。
その他にも、送信者の住所などを明記する必要があったり、
法人の場合は、違反金が高くなったり、
メール送信事業者に依頼した広告主の責任も問えるなど、
かなり実践的な内容になっています。
利用していた通販事業者などからは、普通に届くけど、
どこから名簿を仕入れたり、無差別にばらまいている所は、しっかり制限を受ける事になるみたい。
道理で減ったはず。

「施行間近の改正「迷惑メール防止法」:総務省が語る3つのポイント」

それでも、お構いなくやって来るメールもあります。
とりあえず、「迷惑メール相談センター」情報提供ページなどで、送られたメールを転送するなどの処置をして対応をみてみたいと思います。

2008年12月16日

ようやくブロードバンド

漸く、実家にブロードバンド導入を決意しました。
といってもADSLですが。
まぁ、両親にとっては、無くても全然不便の無い生活なんだけど、
すでにどっぷりと浸ってしまった私などは、
たまに帰ったとき、やっぱり不便ってことで決心です。
ずっと光だったので、ADSLの知識は皆無。
ちょいと調べてみると、何かと面倒。
安いパックはあるみたいだけど、
中継局から遠い実家のエリアは「残念ながら」のコメントばかり。
結局、NTT西日本の「フレッツADSL モア24」の回線で、
プロバイダーは、「Tigers-net.com」の対応サービスにしました。
なんて言っても、データ損失が33dBとかで、下りは出ても5Mほど。
だから「モア8」でも充分じゃないのと問い合わせたところ、
距離が長いので、24じゃないとダメとか。
価格ドットコムなどで、派手な割引パックなどもあったけど、
遠隔地は全てアウト。
田舎の社会基盤は、ホントに弱い。
田舎ほど、バリバリ高速の通信回線が必要なはずなのに・・・。
後は、対応するADSLモデムをヤフオクあたりで安く落とす予定。

2008年12月18日

不況業種の忘年会

昨夜は、クライアントとの忘年会でした。
自動車関連業種なんで、まさに不況の最中です。
出だしの話題も、当然そっちの話。
人事ではないんだけど、ホント大変そう。
クルマというのは、住宅などと並んですそ野が広いので、
多くのところが影響を受けます。
とはいえ、デザイン部署ってこともあって、話題はデザインの話へ。
まぁ、すでに「出来上がった」ところなので、
「デザインは、エロだ」ってお題。
早い話が、デザインにかこつけたエロ話な訳ですが、
まぁ、普通はそうなりますね。(笑)
そんなバカ話で盛り上がった忘年会でしたが、
来年は、少し明るい兆しが見えて欲しいものです。

2008年12月25日

ヒリヒリ柚子湯

先日、小菅に行った折り買ったので、「柚子湯」を愉しみました。
お風呂で潰していたら、お尻や背中がヒリヒリしてきました。
柚子は、酸が強いらしいですがこれほどとは・・・。
柚子の香り成分を出すのは、皮ごと実を潰すのが良いのだとか。
でも、効きすぎ。(汗)
8個100円の露地物価格。
ちなみに、「冬至に柚子湯」は、銭湯業界が仕掛けたマーケット戦略だそうですね。
「湯治に融通を効かす」の語呂合わせとか。
意外にテキトー。(汗)
でも、柚子の効果はそれなりにあるそうです。(ホントウ)

2009年01月02日

祝新年、祝ブロードバンド!

帰省前に仕込んだフレッツADSLは、
ヤフオクで落札したモデムと、新たに購入した無線ルータのセットアップを終え、
晴れてブロードバンド環境が実現しました。
これまで、ISDNで失敗した経験があるだけに、
遅いとは言え、常時接続環境が実現したことは、感慨深いものがあります。
実家の両親が、ウェブを覗くことは今のところ無いですが、
なんか、ようやく人並みのインフラが整ったて感じ。

大晦日は、例年のごとく近所のお寺で除夜の鐘を突きながら、年を越しました。
おそらく、30数年ぶりに会う幼なじみとかが、中学生になる子供を連れてきたりして、
大昔話で盛り上がったりたりもしました。
ゲーム機なんて無い時代だし、公園すらない田舎だったので、
遊び場所は、山、川、田んぼ(笑)。
魚とりなんて、釣り竿で釣るなんてのんびりしたものじゃなくて、
網や手づかみだたり、すごいのは、「ゲンノウ」と呼んでいた工事用のハンマーで、魚が居そうな石をぶちかまし、その衝撃で気絶した魚を穫るやり方です。
ほとんど、「漁」て言ってもいいくらい。(笑)
さらにすごいのは、車用のバッテリーを使って、魚を感電させて捕まえるやりかたです。
これはもう一網打尽。
でもさすがに危険なので、禁止令が出ました。
野球は、刈り取りが終わった田んぼの「三角ベース」です。
稲の株があるので、ゴロはどこにはねるかわかりません。
よく球が草むらで行方不明になりました。(笑)
山なんかも、なんの恐怖もなく突き進んでました。
山の中に「基地」を作ったりしてね。
時々迷ったりして、必死でクマザサをかき分けて麓にたどり着いたり。
今考えると、ちょと怖いくらい。
後は、めんこに、ビー玉。
勝負に負けると、相手に取られるので、弱いヤツは常に新しいのしか持てません。(笑)
本当に、毎日遊びに明け暮れていました。
かなり危険なこともやっていたはずだけど、不思議と大けがをする子はいなかったなぁ。
子供の数が少なかったので、小さい子供から年長の子供まで一緒になって遊んでいたので、
子供同士で、助け合いやルールがあったように思います。

姪や甥などもその頃の自分のと同じく、家の中を走り待って五月蝿いこと五月蝿いこと。
ベッドはトランポリンで、そこにダイブすることが楽しいみたい。
私は、彼らを放り投げる役回り。
子供はスリルや危険が大好きなのは、今も昔も変わらないみたいで。
まぁ、肩や腰が痛くなる前にせいぜい体張って遊ぶがいいさ。

そんな例年通りの年の始まりです。
先の見えない年になりそうですが、
今年もよろしくです。m(_ _)m。

2009年01月09日

いや、ムリでしょって。

SonyのVAIO TypePです。
「(Netbookではなく、)携帯電話のようにいつでも持ち運ぶPCを目指して開発され、・・・」
重さは、500mlのペットボトルと同じくらいの600g。
ポケットに入る大きさ。
らしくて、ジーンズのポケットに入れてプレゼンされてますけど、
どうみても、無理め。(笑)
開発者の気持はわかるけど、
無理でしょ。

2009年01月13日

「レジ袋要りません」カードは要りますか?

tky0901061402007-n1.jpg

「「なみすけ」のレジ袋不要カード登場 杉並のコンビニ全店」(MSN産経ニュース)

とか。

えーっと、素朴な疑問なんですが、口で言えばいいんじゃないの?
口で言いづらいので、ってことなら、
「レシートは要りません」や、「お箸は要りません」もカードにしないと筋が通らないです。
「トイレはどこですか?」や「クレジットカードでお願いします」や、
「おつりは、小銭でください」カードだって欲しくなります。

これ、口に出しで言えないんですかね?
逆に「レジ袋が必要な人は言ってください」って張り紙一枚貼っておけば、
必要な人は、「ください」って言うと思うんですが。

ちなみに、うちの実家のほうのスーパーでは、必要な人は袋を買うシステムですね。
合理的だし、わかりやすいです。

2009年01月14日

楽しい渋滞中広告

taxi_board.gif

今日、大失態をしてしました。
打ち合わせの曜日を間違えて、打ち合わせに1時間以上の遅刻。
新年最初の打ち合わせなのに・・・。
今日が火曜日とばかり思い込んでました。
自分にガッカリです。

で、その帰り反省しながら、246を走っていると、
前で停車したタクシーのリアガラスにAppleのCFが流れました。
これって、液晶じゃないみたいだし、
例の小型プロジェクターの応用?
走りながらの動画の広告はご法度のはずだけど、
停車中ならオッケーってこと?
しかも、もっとも広くてみやすい位置のリアガラスを利用出来ます。
動画なら、退屈な渋滞を紛らわすことが出来るし、つい、見てしまいますね。
ハードは、フラッシュメモリの動画プレーヤーとプロジェクターの組み合わせで安価に作れてしまうし、
なかなかナイスなアイデアじゃないですか。

なんて、妄想をしながら帰りました。(汗)

2009年01月17日

あやかりたいのは・・・

「ハドソン川の英雄」機長に称賛の声 NY不時着」(asahi.com)

不時着まで、3分間だったとか。
最もあやかりたいのは、まもなく任を終える、この国の「機長」でしょうね。:-)

2009年01月18日

唐突な凸

週末にJ-COMがケーブルテレビの配線をしていきました。
有線の配線は、エアコンの引き込み口から取るとのこと。
で、こんな具合に設置されました。
壁の中腹くらいに、こんなでかい箱がつけられて、
しかも、差し込み口は、壁に垂直。
ここから、ダラリと下にケーブルが垂れるわけで、
これ、インテリアにこだわっている人には、「悪夢」じゃないですかね。(笑)

2009年01月20日

シミュレーション

「A香港型ウイルス検出 東京・町田のインフル集団感染」(asahi.com)

近いんですよね、自宅に。
先日、深夜に近くのコンビニに行ったら、
すっごく咳をしている、たぶん大学生が入ってきてね、
これが、マスクもしていなくて、
「『感染列島』なら、きっとこういうシーンで、感染しちゃうんだよなー。」
なってことを思わずにはいられない状況でした。
車通勤ってこともあって、滅多に人ごみに入ることはないんですが、
マスクを常備しておいたほうが良さそうです。

2009年01月21日

この違いは・・・

「オバマ米大統領就任 「新たな責任の時代」」(asahi.com)

アメリカと言う国は、決して好きではないけれど、
新しいことを始めようとする時のエネルギーや、希望に満ちた盛り上がりは、
正直、羨ましいと思います。
演説も堂に入ってますね。
相当に前途多難であることを、ストレートに伝える内容にもかかわらず、
人の心を動かす話しぶりは大したものです。

「麻生首相「みぞう」、どよめく委員会 漢字テスト12問」(asahi.com)

どよめくなよって。

2009年01月22日

トラグッズ

オフィスに戻ると、分厚い包みが、ポストの口を塞いでました。
その中身がこれ。
昨年、実家用に加入した「Tigers-net.com」の「福袋」って名の粗品。
阪神戦をインターネット配信するのが売りのプロバイダーだからなんですけど。
とりあえず、表向きは、贔屓にしている球団は、「阪神タイガース」って事になってますが、
正直言えば、野球は、それほど好きではないです。
なので、こんなの要らないところですが、
本当に粗品だけど、このまま捨てるのは、後ろめたくもあります。
さて、どうしたものか・・・。

2009年01月26日

紅葉マークと黄色ライン

momijimark.jpg

地方の道を走っていると、目立つのが「もみじマーク」。
びっくりしたんですが、これ、1点の減点と4千円の反則金があること。
で、周知徹底が追いつかないみたいで、6月まで猶予をもったとか。

大抵の場合、このマークがついたクルマは・・・遅い、です。
まぁ、追い越し可能エリアなら、方向指示器無しの右折に注意を払いつつ、お先に失礼するんですが、
黄色いラインのあるエリアは、基本、金魚の糞を決め込むしかありません。
でもね、仕方ないです。
交通機関が整った都市部じゃ、電車でもタクシーでもありますが、
地方は、自分でハンドルを握れないと生きてきません。
高齢化率も高いので、もみじカーが多いのは、当然の話。
週末に遊びできている我々が、文句を言えるはずがございません。
なので、大抵の場合は大人しく後をついていきます。
先日も、前を行くもみじマークは、実にマイペースで進んでいきます。
「ああ、黄色ラインじゃなかったら、頃合いを見ていっちゃうんだけど・・・」
もう、追い越しを諦めた頃、そのもみじマークは、左に空いたバス停に停車しました。
考えるにと、このもみじマークのドライバーさんは、
ずっと、やり過ごす場所を探していたんでしょうね。
後続車に気を使いながら、安全に抜いてもらえる場所を見つけていたんでしょう。
少し見通しの良いところなら、左に寄って速度を落としてもらえばいいんですが、
たぶん、追い越し禁止の黄色いラインを意識されたんでしょう。
「ここじゃ、追い越し違反になるなぁ」って。
つまり、お互いに気を使いつつも、「黄色いライン」が妨げになってる・・・んじゃないかと。
高齢者ドライバーは益々増えるし、
将来は、自分だってその仲間入りです。
そーなったとき、遅い自分をサクッと追い越してくれれば楽ですね。
そういうわけなんで、
次の道交法改正でもう少し良い塩梅にお願いしたいです。

ちなみに、昨日、成城学園のあたりで、
もみじマークを付けた「GTR」に遭遇しました。:-)

2009年01月30日

OSX一丁、Mac抜きで!」

Apple seeks trademark on "OS X" without the "Mac"(AppleInsider)
アップルは、「マック」なしで「OS X」上で商標を求めます。(AppleInsider:和訳付き)

Appleが、「Mac抜き」の「OS X」のみでの商標登録を行ったとか。
記事の内容は、「これは、Mac以外のOSX搭載製品の拡大を意味するものでは?」的なんですが、
商標の扱いを考えると、今まで無かったのが不思議なくらいですね。
商標は、紛らわしい製品との混同をさけるために、あらかじめ、類似の商標を取っておく事が普通なので、
「え、今まで取ってなかったの?」
ってくらいの感じですね。
すでに取られていなかった?
だとしたら、取っておけば良かった?

2009年02月08日

洗車は男の仕事?

IMGP4054.jpg

今日は、1号、2号、そしてBAJAの3台の洗車をしました。
お天気がいいものの、風が強いってことで、早朝から開始です。
手抜きながらも、1号2号は、コーティングもしました。
入れ替わり立ち替わり、コイン洗車場に乗り入れて、まるで、『業者」のようにテキパキと済ませました。
で、時々思うんですが、

「洗車場に、女子はいない!」

です。
実は、昨日まで、何度もここに来ましたが、
1度も、マイカーを洗車する女子を見たことがありませんでした。
今日初めて、子連れのお母さんが、洗車するシーンに遭遇しました。
家族や、カップルってーのは、あるんですよ。
でもね、自分のクルマを、一人で洗いに来る女子を、私は見た事がありません。

確かに、『吉野家」のような、お一人さんが入りにくい雰囲気はあるのかも知れません。
でもね、
今まで生きてきた中で、「好んでクルマを洗う」女性に会ったことがないです。
(正確に言えば、一人を除いて、ですが・・・)
私の母が、クルマを洗う姿なんて見た事がないし、
妹も、汚れっぱなしのビータを洗うところを見たことなかったです。
私の知りうる限り、

「女性は、自らクルマを洗わない」

ってーのは、定説です。
まぁ、たぶん、「洗車は男の分担」的は空気があるんでしょうね。
部屋の掃除を妻がやっている間、夫は外で洗車、みたいな。
だから、コイン洗車場に、女子が来ようものなら、
台所に、男子が入ってきた、みたいなことなのかも知れませんね。
ただ・・・、
料理好きな男子は、今や珍しくないですが、
洗車を厭わないな女子がいるようには、やはり思えません。
女性にとって、「洗車」というのは、
出来れば、男に任せたい、
自分にとっては、どうでもいい、
出来れば、避けていきたいものの、2番目くらいの作業なんじゃないでしょうか。:-)

ちなみに、3台の洗車を済ませた後、
毎度の「いこいの湯」に「自分を」洗いに行きました。
相変わらず、ここの温泉は良いです。
クルマも人も、サッパリすると気持がいいです。
なんでも、2/7〜2/15の限定で、1万円で、1万2千円分使える、プリペイドカードをやってそうで。
こりゃお得だ!ってわけで、買ってしまいました。!

ちななみに、ピカピカになった1号。

続きを読む "洗車は男の仕事?" »

2009年02月10日

ダイジョーブか、麻生さん

「オバマ大統領「私も間違えます」 市民の追及にたじたじ」(asahi.com)

「くるくる首相 郵政答弁、「反対」「賛成」苦しい弁明」(asahi.com)

同じ、2月10日付けのニュースなんですが、
較べちゃいけないと思いつつも、つい較べてしまいます。
しかし、麻生太郎という人物は面白いですね。
自分で墓穴を掘って、その弁明に右往左往している姿をみていると、
この人は、総理大臣になって、一体何をしたかったんだろうと思ってしまいます。
最近、「ヘの字」が益々きつくなって、ちょとろれつも回っていない風が、強くなっているように感じます。
口が曲がるというのは、心理学では、本心でないことを言う時に、そうなることが多いそうです。
もちろん、骨格やクセなどはありますが、麻生さんは、ひどくなっているように見えます。
この方は、見た目よりもずっと素直で繊細なんでしょうね。
無視して、ポーカーフェースを気取るがあまり、
ちょいと神経にきてるんじゃないでしょうか。
大丈夫か?ってなんだか心配になります。

2009年02月16日

呑んでませんから

どうしちゃったんでしょうか・・・

ローマで開かれていた主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で、とんでもない失態を演じた中川財務・金融相。

風邪薬を呑みすぎたって言い訳ですが、
どれくらい多量に呑んだらこうなるんだって。(汗)
夜の新橋なんかで、同じような方を見かけます。
頭にネクタイ捲いたりしてね、
彼よりも、ずっと流暢に演説をぶってますね。:-)

2009年02月27日

もみじマーク、撤回!

「もみじマーク」義務化撤回、道交法改正案を閣議決定」(asahi.com)

とか。

罰則規定じゃなくて、
たとえば、70才以上で、運転に自信がなくなれば、
このマークを付けることで、何か義務と特典を加えるといいかもね。
たとえば、後ろにクルマが詰まった時は、道を譲る義務とか、
交差点や合流で、優先される特典がつくとか。
「譲る義務」+「譲られる特典」みたいな。
紅葉マークのアイデア自体、悪くないとと思うので、
それを、自覚して使ってもらえる方法を考えて欲しいです。
クルマ関連の法律は、クルマや交通に詳しい人に作って頂きたいもの。

2009年03月02日

二度あることは・・・

AIG10〜12月期、6兆円の純損失 米企業最大」(asahi.com)

実は、生保がAIGスター生命でした。
「でした」ってのは、つい先日解約したところだから。
生保のオバチャンには、散々引き止められたんだけど、
そもそも、その前の八千代生命が破綻して、引き継がれたわけで、
将来への保証なんてモノは、「ない!」って事をシミジミ実感している身としては、
続ける理由はありません。
まったく、生命保険には嫌われてます。

ツルツル、ザラザラ、ツルザラ

IMGP4166.jpg

George's Furnitureで陶器のグラスを3つばかり買いました。
ほぼ同じ形で、土や焼き方が異なります。
ツルツルとザラザラとツルザラです。
ビールを注ぐと、それぞれ泡の立ち方異なります。
形も手びねりの凸凹があって、それが手に馴染むのも良いです。
焼物のことは、殆どわからないですが、
日本には、良い陶磁器の産地がたくさんあることだし、
ツーリングの買い出しアイテムの一つに加えようか思います。
買い込むと「ライトウェイト」じゃなくなる心配はありますが・・・。

2009年03月05日

バイクは頭にいい?

ライダーオヤジ、脳いきいき 「状況判断力がアップ」(asahi.com)

とか。
クルマ以上に状況判断力が必要なのは確か。
でも、それが出来にくくなるから、バイクを降りるのか、
バイクを降りるから、ますますダメになるのか。
とりあえず、熟年ライダーには吉報ですね。
バイクを降りるように説得する人への、反論の材料にはなりそう。

2009年03月08日

英国旅行に暗雲か!

「北アイルランド 英軍基地の兵士、襲撃され6人死傷」(asahi.com)

とか。
アイルランドは、ここ数年の経済発展ですっかり安定していると思ったのに、
経済が破綻した途端にこうなるとは・・・。

2009年03月09日

危うい便利さ

オートマ車の急発進などの事故というのは、時々ニュースになります。
便利さは、ある意味事故の起きやすさにも繋がります。
パソコンも同じ。
どんどん便利なサービスが出てきますが、
かかわりが多い人ほど、トホホ経験の一つや二つあるはず。

ここしばらく、ファイルシンクソフトの「DropBox」を使っています。
おかげさまで、プラットホームに関係なく、ディレクトリー構造を含めて同期してくれるこのソフトの便利さはなかなかのものです。
なんなって、手軽さがステキ。
まさに、「空気の様な存在」です。
こいつは、ブラウザーで、細かな設定を行うわけなんですが、
残念ながら、ローカライズされているわけではないので、標記は英語。
で、何気に弄っていたら、フォルダーを消してしまいました。
「うひゃー、やっちまったー!」
って思ったものの、焦りはありません。
だって、メインマシン、ノートのMacbook、その中のWindows XPとさらには、BootcampのVistaにも同期しています。
だから、そのどれかが助かっていればオッケー。
これが、シンクのいいところ。
とはいっても、メインマシンとMacbookは、ネットに繋がっているので、すでに同期が始まってアウト。
まぁ、まだ起動していないXPとVistaがあるから大丈夫さ。
で、落ち着いてイーサケーブルを引き抜きました。
これで、パラレルズデスクトップを立ち上げて、さらにXPを立ち上げればオッケー・・・じゃない!
同期してるじゃん!
なんで?
あ、・・・無線通信生がきてる・・・。
まぁ、でもまだVistaがあるから大丈夫さ。
何重にも安全策があるからね。
で、Macbookの無線通信を切断。
で、Vistaを立ち上げて・・・同期始まってんじゃん!
つか、アウトってこと?
Bootcampは、別なんですか。

そんなわけで、4つのボリュームが、きれいに同期されましたとさ。
恐るべし、DropBox!
感心してる場合じゃないし。
地味に、トホホ案件登録では?(T_T)
このソフト、便利さこの上ないですが、
「保存」には、向かないかも・・・。(汗)
大事なファイルは、保存が基本のところに置きましょう。
老婆心ながら、ご忠告します。

2009年03月11日

年度末行事

この時期になると、多いのが道路工事です。
昔よりも減ったと言われますけど、
絶対に、多い。
深夜に自宅に帰る時も、最低3箇所でやってます。
週末のドライブでも、必ず工事渋滞に遭遇します。
まさか、やらなくてもいい工事をしているとは思いたくないけど、
やらなきゃいけない工事なら、なんで年度末に集中するんでしょうね。
確かに、雨の日でも走り易い「高機能舗装」は有難いし、
交差点の右左折車線が出来れば渋滞も緩和するし、
ガス管や下水管の老朽化は、修理必死なんだけど、
どうして、年度末に集中するのか。
おそらく、予算を繰り越せないからでないかと思うんですが、
ホントにウンザリします。
もう少し、交通の流れを遮らない方法を考えて欲しいです。

2009年03月12日

2分37秒!

強かったですねー、長谷川。
粟生はフルラウンド戦って、念願の世界王座について、大泣きでしたが、
長谷川は、汗を掻く間もなく、TKOでした。
うまく、左ストレートが当たってダウンを取ってからの集中力はさすが。
それにしても、ちょっと早すぎで、拍子抜け・・・。
ビールのつまみを探しに冷蔵庫のドアを開けている時に、試合が終わってしまって、
「はぁ〜、終わったぁ〜?」
ってガックリきたお父さんも、たぶん相当多かったのでは?
せめて、これまでのKOシーンを流してくれても良さそうなものなのに、
キリのいい時間だったので、放送もすぐに終わって、次の番組が始まっちゃうし、
なんだかなぁ〜。
スポーツニュース見直すしかないっすね。

2009年03月15日

車体カバーの踏ん張り

IMGP4181.jpg

どうやら、昨日の暴風雨はかなりもののだったようで。
久しぶりに自宅に帰ると、駐車場の回りには、木々の枝が散らばり、
車体カバーは、半分めくれています。
この車体カバーを買ったのが、約1年前
今のところ、目に見えた劣化はなく、雨が浸透することはすくないです。
流石に、暴風雨には絶えきれず、こんな状態になったことが数度あります。
それでも、縁にゴムが通してあるので、脱げ掛けの靴下のようにボディーに絡んで、完全には飛んでいきません。
これからは、黄砂と花粉の季節です。
なんとか、持ちこたえて欲しいなぁ。

2009年03月18日

1000円乗り放題近し・・・だけど

今月の28日から、いよいよ「高速道路1000円乗り放題」の実施が始まります。
でもって、ETCの助成制度を当て込んで、カー用品店に向かう人も多いそうですが、製品もないし、取り付けのキャパシティーを超えてるとかで、受付やっていないとか。
私は、クルマにはすでに付けているので、バイク用を検討する為に、いつものNapsのサイトを見ると、

「※規定台数に達したため本キャンペーンの受付は終了致しました。」

ありえんでしょ。
助成制度は、3月12日から31日までだそうですが、すでに商品が足りないし、取り付けも間に合わないとか。
早い者勝ち?
「期間」の意味ないし。

【オートバックス】
【イエローハット】

「始まる直前に、助成制度を持ってくれば、そこで一気にETC装着率がアップする!」なんて考えたんでしょうか。
28日から始める割引に向けて、直前に助成期間を持ってくれば、どうなるかって考えないんですかね。

しかし、それにしても、この助成制度を行う機関「財団法人高速道路交流推進財団 」って?
そもそも、ETCは、「財団法人道路システム高度化推進機構」がし切ってますが、そこは、しっかり「セットアップ料金」を取っています。
この、お金を取ったり払ったりするところに、訳のわからない「財団」が絡みすぎじゃないっすかね。
つか、ETCのシステム自体、どんだけお金がかかってるんでしょうね。
やっぱり無料が一番じゃないっすかね。
無料で使い易い高速道路にして、「スムーズな運行」のためのルールを徹底すれば、渋滞は押さえられるはずだし、
整備費用は、ガソリン税を高くすれば済むことだし、、すごくわかりやすいと思うんですが。
後ろ向きな発想で、余計なコストをかけないで欲しいと思います。
胡散臭い組織は排除する方向でやっていただきたいもの。

↓【財団法人高速道路交流推進財団 役員名簿】

続きを読む "1000円乗り放題近し・・・だけど" »

2009年03月19日

混乱の現場から

思うところあって、
近所のイエローハットに行ってきました。
ETC売り場では、こんな張り紙が。
予想通りの展開です。
文面は、助成期間が3月31日までのものですが、
助成期間が100万台まで、と変更されたわけで、明日までには書き直しでしょうか。
現場は、思いっきり混乱していて、ピリピリしてます。
お客さんは、今月末までだと思って、営業時間前から並んでいるそうだし、
後から来る客への説明も大変そう。
助成での取り付けは、5月になるそうで、
連休に間に合わせるには、助成抜きじゃないとダメっぽい。
こうなると、本当に、割引開始の直前に、助成期間を持ってきた国交省の罪は重いね。
国交省いわく、

「予測出来なかった」

(笑)

【追記】

「ETC助成「売り切れ」続出 希望者殺到に国交省平謝り」(asahi.com)

2009年03月22日

切ない思い出

むか〜し、
まだ大学生の頃、
アルバイトで、某飲食店でアルバイトをしていたわけですが、
そのお店は、大学生や高校生のアルバイトを雇っていました。
当時雇われていた、女子高生のアルバイトの一人が、薬師丸ひろ子にそっくり。
まぁ、実際、横に並べるとかなり違うと思うんですけど、
雰囲気というのは、錯覚を起させますね。
あの、ちょっとボーイッシュだけど野暮ったい、だけどリスのようにかわいい雰囲気が似ていたと思います。
ファッションセンスもそっくり。(笑)
いつも、ボーッとしているので、「ポケ」って名前で呼ばれていましたが、
ヒーヒー言いながらやりつつも、結果そつなくこなしたようで、
噂では、通っていた高校は受験校で、しかもトップの成績だったとか。
なかなか愛されるキャラクターで、彼女目当てで来ていた男子も多かったような。
でも、残念ながら、やはりバイトに来ていたイケメンの男子高校生を意識していたようです。
彼もなかなか好男子で、吉田栄作の若い頃みたいな感じ。
やっぱり、彼氏目当ての婦女子も多かったですが、
件の「薬師丸」とは、上手くいったかどうかは記憶に残っていません。
まぁ、そんなアルバイト時代、
不肖私なども、好みのアルバイト女子などにアプローチなどしました。
結果は、大方の予想に反して、上手くいったわけで、
当時バイト代で買った、バイクでタンデムなどして遊びに行ったりしたわけですが、
大方の予想通り、あえなくジ・エンド。
最後にもらった長崎旅行土産のビードロを鳴らしながら、空しさ全開の青春だっとと記憶します。(笑)
たまたまYoutubeで見つけた、薬師丸ひろ子の昔のムービーを観て、そんな事を思い出してしまいました。

2009年03月24日

新減価償却制度、3回言ってみましょう

まだ、終わってません、確定申告。
まぁ、たぶん、還付申告になるでしょうから。
って言い聞かせてます。
でもね、
大変なんですよ。
ようやく、領収書は整理出来たものの、
通帳やネットの支払い明細やを照らし合わせたり、
あるいは、注文確認メールを参照したりするわけで。
銀行の支払い手数料だって、一応経費ですしね。
えっ、まとめてやるからだって?
まぁ、その通りなんですが・・・(汗)。
厄介なひとつが、減価償却の計算。
まぁ、分かれば大した計算ではないし、
それほど買い物も多くないんだけど、
まれに制度が変わるんです。
最近では、平成19年度から、制度変更があったみたいで。
ホントは、昨年の申告では、それを反映させる必要があったんだけど、
どうやらうっかりスルーしてたみたい。
うちは個人なので、「定額法」って呼ばれる、毎年均等に償却する計算なります。
法人は、「定率法」と呼ばれる、一定の比率で償却計算される方式をとります。
こちらの方が、本来の「減価償却」の意味に近いです。
車を例に取れば、新車で100万円の価値があったものが、耐用年数の6年で償却されるとすると、
毎年、(100/6)万円ずつ価値が減っていくというよりは、1年で価値が6割程になっていくと考えるほうが普通でしょう。
このほうが、早期に償却費として計上出来るのがメリットです。
青色申告にしてキチンと登録すれば、「定率法」も使えるそうですが・・・。
とはいえ、今回の改正は、より現実に即したものになったようで。
たとえば、以前は、一律に、「取得価格の1割が、償却後の残存価値として残る」って考えだったのが、
(荒っぽいっつーか、そりゃねーだろ、ですね)
やや、ややこしい計算になりますが、「備忘価格」として「1円」になるそうです。
1円だったら、いっそ「なし」でいいじゃんって思いますが、
「帳簿」として残しておくための措置だとか。
つまり、「償却が終わった車が1台あります」ってーのを帳簿上に残すため、だそうです。
おもしろいですね、「デジタル感覚」です。(笑)
これが、帳簿上の価格、つまり「簿価」ってやつでしょうか。

「かんぽの宿問題 税評価額は簿価の7倍 79施設で856億円」

わかりやすく言うと、償却が終わったからって、フェラーリを1円で売るみたいな感覚ですかね。

【新減価償却制度】

WBCって・・・

なかなかしびれる試合でした。
それにしても、韓国は強いですね。
日本が勝ったのは素直にうれしいけど、
次回への盛り上がりを考えると、
韓国が勝ったとしても、同様に愉しめたと思います。
ぶっちゃけ、世界戦で5回も対戦して、五分五分の試合を見せられたら、
もうお腹いっぱいになって、どっちが勝ってもいいやってなります。
それにくらいに、悔いのない行き詰まる展開でした。
苦難が大きいと、後の喜びが大きいですね。

とはいえ、この大会にかける温度差を感じたのも事実。
日本も、最初から盛り上がりがあったわけでもなし、
アメリカのさめた感じは、提唱国がどこだったか考えてしまうほど。
いっそ、国内リーグ戦の途中にやるんじゃなくて、
各国の勝者を決めた後、
文字通りの世界一のチームを決める大会にすればいいのに。
サッカーでいえば、FIFAクラブワールドカップみたいなの。
そうしたら、対戦相手に、松井やイチロー、松阪がいるすごい展開になるのに。
面白いとおもうけどなぁ・・・。

#先発のダルビッシュがクローザーの仕事は、やっぱり難しいですね。
間の取り方が、全然違ってました。
経験不足も大きいでしょうど、
やっぱり、餅は餅屋って感じですね。

2009年03月25日

動き激しすぎ・・・

旅行やら買い物やら、
実際にするかどうかは別にして、
気に留めていると、為替やら経済の動きが気になります。
今年、1月に120円/ポンドを切った対ポンド為替は、
今や、一時的に145円を越しました。
これで、もし「うまく」やったとしたら、
手数料やら税金を考慮しなければ、
1千万の外貨預金で、最低でも200万円以上の利益です。
でも、逆に考えると、
同じ理屈で、ガッカリしている人が昨年暮れは多かったんでしょうね。
光と影です。
とりあえず、旅行やScorpionを真面目に考えれば、「
見物」ばかりしていられない、
んだけどねぇ・・・。
経済リポート読んだ分には、
「回復には相当かかる」なって言ってるのに、
ブログ書いてる間にも変わっちゃうんだもん。(笑)

【Klug為替チャート】
Flashを使った為替チャートは、なかなか良く出来ています。

2009年03月26日

習慣と思い込み

mt_mt.jpg

習慣とは、怖いものです。
カッパ1号は5速で、リバースはフツーに右後ろの位置です。
2号は、6速でリバースは、1速の左、つまり左前方です。
毎回ではないですが、
時々、間違えるわけです。
ロドで右奥は、6速ですが、そこにシフトしてバックしようとしたり、
HR-Vで、あるはずの無い6速に入れようとするわけです。
ほんの少しでも、頭の中で考えるというか、変換することが出来ていれば、大丈夫なんだけど、
無意識に操作している時は、やっちゃいます。

かつて、左ハンドルと右ハンドルのを所有していた頃は、
右左折で、「ワイパー」を動かす行為は、少なからずやってました。
まぁ、これは、誰でもありがちなことだと思いますが、
一度、左ハンドルの車に右側から乗り込んだときは、ちょっとヤバいかと思いました。
座ったら、ハンドルがなくてね。(笑)
別に誰かに見られているわけでも無かったけれど、ものすごく恥ずかしかったです。

DVDプレーヤーのリモコンで、一生懸命テレビを操作しようとした時など、
電池切れを疑って、電池交換までしたこともあります。
かつて、デザイン事務所に勤めていた頃は、
降りる階を間違えて、全然別の会社の部屋に入って初めて気がつき、
向けられた大勢の視線に固まったこともあります。

習慣やら、思い込みというのは、怖いですね。

2009年03月30日

謎多き原価償却費

「まだやってる」と思われるかもしれないけど、
還付になることがわかったので、「丁寧に」やってます。
この「減価償却費」ですが、「分かれば簡単」と言ってみたものの、
色んなケースを考えると、やっぱり厄介です。

前にも言ったように、減価償却費は、
「取得価格」を耐用年数の間に償却していく割合に応じて、
それを経費として扱うと言うものなと思いますが、
たとえば、パソコンかだと、簡単です。
価格や償却の仕方によって、パターンが違うくらい。
でも、たとえば、車を買った時などは、ちょっと考えてしまいます。
パソコンと違って、「本体価格」やら「取得税」やら「自賠責」やら「諸経費」やら、
なにやら色々と付いてくるから。
で、はっきりと分からなかったのが、減価償却の元になる、「取得価格」ってーのが何か?ってこと。
まぁ、そんなこともって思われるかも知れないですが、一夜漬け経理としてそんなものです。
これは、

「本体価格(税込み)」=取得価格
「取得税」、「自動車税」=租税公課
「自賠責、任意保険」=損害保険
「その他の経費(納車整備、代行手数料等)、リサイクル費用」=車両費

とまぁ、こんな感じに分かれるようです。
本体価格は、減価償却費の元になりますが、
他の項目は、年度内の経費として一括で経費処理できます。
ちなみに、取得税は、付属するエアコンやカーオーディオなども含めた価格に対してかかるので、
追加で間に合うオプションを、購入後後付けするのは、節税の常套手段です。
さらに、この扱いは減価償却費でも同じです。
追加したオプションも取得価格に含まれてしまうので、経費の扱いとしては別立てのほうが良いでしょう。
まぁ、せめて書類上、「別扱い」になればいいんでしょうね。
もっとも、これは「定額法」での話なので、
「定率法」であれば、どっちにするか微妙なところもあるでしょう。

中古車の場も厄介です。
中古車を買ったとすると、まず、耐用年数が違ってきます。

・ 耐用年数の全部を経過した資産
  法定耐用年数×20%=見積耐用年数

・耐用年数の一部を経過した資産
  (法定耐用年数−経過年数)+(経過年数×20%)=見積耐用年数

さらに、

「1年未満の端数は切捨て、計算年数が2年に満たない場合は2年)」

ってことなので、計算上、0.5になろうが、2.9になろうが、3未満は、すべて「2年」って事になります。
いささか、ドンブリな感じがなくもないですが、
まぁ、中古で売り買いするくらいだから、それくらいの価値があるだろー、ってのが本音ですかね。
そんなわけなので、
「とっくに耐用年数が過ぎた中古だから、経費一括計上でラッキー!」
なんてぬか喜びは禁物です。
私みたいに・・・。(汗)

2009年04月02日

エコカー減税

「エコカー減税 業界の期待 購入促す“値引き10万円”」(フジサンケイ)

ハイブリッド車は、100%減税だそうで。
「環境負荷」は、燃費だけではなくて、製造から輸送まですべて含まないとわからないけど、
そう言ったデータはどこで公開してるんでしょうか?
まさか、全く調べていないとか?
その前に、ガソリン・重量税の暫定税率はいつ廃止するの?
そもそも、旧い車の税を高くする(13年落ち1割り増し)のはどうなの?
旧くなっても大切に使うってーのは、環境負荷低いでしょ。
消費とエコがごちゃまぜになってないっすかね。
いつまで「本音と建前」の施策をやるんでしょうか。

2009年04月07日

不条理な糞詰まり

先日の益子ツアーからの帰り。
今後のこちら方面へ来ることも考えて、下道を検証しました。
渋滞らしきものは、青梅街道を越して、中央線にかかるころから。
といっても、それ以外がスムーズだったわけではありません。
やはり、市街地は信号は増えるし、クルマも増えて、ペースは落ちます。
スムーズなのは、市街地を繋ぐあたり。
プチ高速並の「経済速度」で快適に流れます。
もちろん、「流れが良ければ」の但し書き付き。
運が悪いと、いつもの「マッタリカー」に先導される事になります。
今回も2台ほど出会いました。
1台目は、アルト。
しかも、初代です。
結構レアですが、そんな事を感心している場合ではありません。
年配ドライバーでもないのに、異様にノロノロです。
加速も減速も超スローもう。
速度は、制限速度ぴったり。
メーター読みなんで、実測制限速度以下。
直後を走るワゴン車は、イライラしながらも抜きません。
もちろん、サクッと行かせてもらいました。
ミラーで、小さくなるヘッドライトを確認しましたが、
やはり追い越しをかけるクルマはいないみたい。
皆さん行儀がいいです。

2台目は、これまた年季がはいったの2boxカローラ。
異様なペースの遅さだったので、「ああ、渋滞が始まった?」って思っていたら、
7〜8台前で糞詰まり状態。
今回もあきらかに制限速度以下。
皆さん、また行儀良く連なっています。
余程、白黒ツートンのクルマも混じっているのかと注意したけれど、そうでもないみたい。
この台数を抜くのは、ちょっと危険だし、やりたくはないんだけど・・・、いきました。

いろんなドライバーが居るので、遅いクルマがあるのは仕方がないですが、
そのドライバーは、交通の流れを阻害している事を自覚して欲しいですね。
「スピードを出すのは悪」みたいなクルマの利便性を下げるような見当違いの自動車教習や取り締まりばかり行うものだから、自分が迷惑をかけている事に気がつかないドライバーが多すぎでないっすか?
そんなクルマの後ろに付いた後続車は、出来るだけ速やかにそのクルマをパスするのは無理っすかね?
道路なんかも、安全に追い越し出来るエリアを増やして、スムーズな交通を心がける教育をすれば、
高価な高速道路など造らなくとも、ずっと交通の流れは良くなると思うんだけど。

2009年04月08日

もったいな〜い!

「新車買い替え最大25万円補助 新経済対策に盛る方針」(asahi.com)

とか。
ただ同然の低年式車を入手して、それを下取りに出してもオッケーなんでしょうか?
だったらみんなそうしますね。
そうでなくても、
まだまだ乗れる13年超車が、廃棄されたら、
ハイブリッドカー買っても、全然エコじゃない気がするんですが。
子供の頃、「ものは大切に!」って教わってきたのに・・・。
それに、昔のクルマは、今よりずっと燃費はいいですよ。
そういえば、ガソリンが高騰の折り、
暫定税率解除を求められた時、
「ガソリンが高いくらいが、CO2が減っていい。」って言っていたはずなのに、
今じゃ、「1000円乗り放題」をアピールってのもどうか。
「目先の経済対策」の後、
促成の消費が一巡したら、果してどうなるんでしょ。

2009年04月16日

濃霧により足止め

Appleから注文していたiPod shuffleの遅配に関するお詫びメールが届きました。

「先日、出荷のお知らせを致しましたご注文製品の「IPOD SHUFFLE 4GB SILVER
PRSNL-JPN」につきまして、ご案内メールに記載の通り弊社海外工場を出荷致しました
が、天候不良(濃霧)の影響により、当初予定していた空輸便への搭載が完了していな
いことが判明致しております。」

かつては、予定通り届かないときに、こんなメールなんて届きませんでした。
こちらから問い合わせても要領を得ない返答ばかりで、キャンセルまでした苦い経験があるので、
正直ちょっと驚いています。
前日にだし、
おまけに、遅配の原因まで記載しています。
Appleは少し変わった?
なんて、油断は出ないのが、この会社なんだけど。
何か、良くないことが起こらなければいいけど・・・(^_^;)

2009年04月17日

天才かも

IMGP4366.jpg

新しい事が、なかなか頭に入りません。
ネットの解説を見てもわかりづらいし、
持っていた解説書も、イマイチ不親切で理解し難い。
(って、本のせいに)
つか、オブジェクト指向って、理屈っぽくて、ヤダなぁ。
(って、ソフトのせいに)
まぁ、相当に数が少なくなった脳細胞のリハビリと考えましょう。
(って、歳のせいに)
もう少し、頭が良ければ、苦労しないのに。
(って、努力も相当に足りないはず。)
まったく、上手くいかないと、他者のせいにする天才だなぁと、
我ながら思います。(汗)
そんなわけで、別の解説書を買い込みました。

ちなみに、ともに、ActionScript3.0の入門書だけど、
読み物的で、より初心者にわかりいいのは、一番上の「プログラミング入門」です。
下2冊は、サンプルCDも揃って、視覚的、体感的に学べます。
初めてActionScriptを学ぶ人、あるいは、AS3.0を学ぶ人は、
「プログラミング入門」から始めたほうが早いでしょう。

2009年04月18日

老舗温泉の終焉

なんと、十二社温泉が、3月29日に営業を終了していました。
西新宿と言う都心で、長い歴史をもった温泉なので、
一度は行ってみたいと思いながら、
ちょっとばかり高い料金に、延び延びにしていたら、
こんな結末とは・・・。
原因は、昨年に渋谷の松濤であった、温泉施設の爆発事故も関係しているとか言われてますが、
温泉開業が増えて、都心での営業もラクではなかったのではないでしょうか。

【温泉みしゅらん掲示板の話】

数年前には、近くの大江戸東温泉も無くなってしまったし、
東京都心ならではの、「黒い」色の温泉が姿を消すのは、ちょっともったいない気がします。
それにしても、行ってみたかったなぁ。

2009年04月25日

雨ダス・・・

IMGP4441.jpg

昨日までの好天から一転、雨です。
週末の、
しかも土曜の、
しかも朝からの、
さらにこれからさらにひどくなる、ってーのは、
さすがにガッカリです。
仕方がないので、自宅にももどらず、
オフィスでふてくされています。(大人気ねー)
まぁ、やらなきゃイカンことは、たっぷりあるし、
天気がいいと、
後ろめたさを感じつつも、
我慢出来ずに、出張っちゃうわけで、
(宿題は、遊んだ後が基本の子供でした。(^_^;))
やることをやれ!、と言うの天の声?
まぁ、日曜は回復すると言うことだしね。
今日のところは、大人しく雑務をこなすことにしますか。
あ、ツーリング計画も立てなくっちゃ!

2009年04月30日

ネットのチ・カ・ラ・・・?

先のエントリー「nuvi250 vs NV-U3C」ですが、
ここのところ、アクセス数がすごそうです。
サーバーは、机の上にある、自前のしょぼい「離れ小島ブログ」なので、
普段は、マッタリしたものなんですが、
エントリーのアップから数時間後から、すごい勢いで、サーバーのアクセスログが更新されます。
で、先ほどその原因がわかりました。
「nuvi vs U3C」でググると、メジャーどころで、URLがアップされていたみたい。
そのメジャーどころは、「2ch」と「価格.com」。
自分では面白いと思ったものの、
それほど、注目するものでもないと思うんですが、
ネットの力のすごさには、ちょっとびっくり。
もっとも、見る人は多くても、書き込む人は殆どいないので、
まぁ、勘違いをしちゃダメですね。(^_^;)

2009年05月05日

ちょっと恥ずかしい捕まり方

朝、いつもの世田道を会社に向かってました。
玉川を越した下りの地点は、ばっちりレーダーで狙っています。
通勤の人は、ほとんど知っていますが、他からきた人が、捕まっているのを見かけます。
なので、多くの人は、手前でスピードダウン。
ちょうど橋のたもとの信号機が赤に変わったので、停車です。
フォン!
そこで、私の左横に、緑色のデカイスポーツバイクが大きめのエグゾーストとともに停車しました。
なんつーか、「やる気満々」な気配を漂わせています。
走り屋風だし、わかってるだろうなぁ。
って思っていたところ、信号が青に変わると同時にいきなり、ウィリー発信です。
うわぁ〜、ヤバいだろぉ。
お上を刺激しちゃまずいぞ。
でも、運良次の信号が赤になりました。
あ、この信号のタイミングを知ってた?
もうチョイ先に、レーダー構えているお巡りさんの姿も見えるしね。
わかってるよね。
青になった瞬間、なんと、彼は再びウィリー発進。
うわ、バ・バカ・・・
もちろんすぐさま次の角で、バラバラと警官が飛び出てきました。
余程、我々ギャラリーに、有り余るパワーのバイクを操る自分を見せたかったのでしょうか。
すぐ先のカメラに気づくよりも、次のアクションの事で頭が一杯だったのか。
絵に描いたような恥ずかしい捕まり方を、大勢のギャラリーに見せてしまいました。(合掌)

2009年05月10日

GW1000円渋滞

だれが呼んだか「1000円渋滞」。
ニュースで見るかぎり、なかなか大変だったようですね。
混むと言われても、やっぱり、安いとなれば行くでしょ、フツー。
ましてや、家族抱えている気質の人ならなおさらのこと。
だから、それゆえに、もっと渋滞に配慮すべきじゃなかったですかね。
ETC自体が、交通が集中しやすい「ゲート」なわけで、
平日も割引にするなどにしていれば、多少は渋滞も緩和したはず。
渋滞は、経済低損失であるばかり、環境負荷も高くなります。
まぁ、巷で言われているように「わかりやすい選挙対策」なんでしょうけど、
それにしても、荒っぽい施策ですね。
対して、下道は逆に空いていたそうで。
普段なら、高い高速を敬遠して、下道を走ってた車が、高速に回った為だとか。
割を食ったのは、そう言った沿線にある商業施設だそうで。
下道ラバーの私には願ったり叶ったりの状況ですが、
やはり、家族を乗せるとなると、一般道では不満が出るんでしょうか。
でも、あの渋滞なら、下道の方が快適だったかも。

もっとも、そろそろ、一斉に取る休暇は考えたほうがいいですね。
一時に集中するのは、利用者にとっても、受け入れ施設にとってデメリットが大きくなります。
皆が休みをずらしてとれる環境作りや、一人一人の意識改革も必要でしょう。
人で溢れるキャンプ場なんて、意味ないですからね。(^_^;)

そもそも、パッチだらけの割引制度をどーするんだ!って話もあります。
いつまで、「社会実験」するだってーの。

2009年05月12日

今、そこにある危機

IMGP4680.jpg

この時期の雑誌、特に健康、ファッションといった類いの紙面をかあるキャッチフレーズは決っています。

「夏までに痩せる!」

ワンパターンというか、あざといと言うか。
痩せる効果は、人それぞれですが、
はっきりしている効果は、販売部数でしょうか。
やはり、薄着の季節になると、
これまで、厚い服の中で誤魔化されてきた不都合な真実に直面せざるを得なくなります。
ちょいと忙しくて、ウォーキングもサボりがちで、
でも、世田谷バル通いは止めず、
イスに座っている時間が多い生活が続いたせいか、
眼下のお腹が気になるようになりました。
イスに座りながら、
車を運転しながら、
お風呂にはいりながら、
気になって、揉んではみるものの、
どうにもならない現実がそこにあります。
お腹だけってより、どうも「全体」に丸くなった様にも見えます。
極端にいえば、「はるな愛型」?(汗)
久しぶりに体重計に載ったら、2キロばかり増えてました。
2キロのバラ肉が頭に浮かびました。

マズイです。
ヒジョーーーにマズイです。
これは、危機です。
非常事態宣言発令です。

そんなわけで、3台分の自動車税の支払いに立ち寄ったセブンイレブンの雑誌コーナーで、
思わず手に取ったのがコレ。

やるしかないですね。

2009年05月13日

健康すぎ?(笑)

「鴻池副長官辞任 インフル会議後、無料パスで私的旅行」(asahi.com)

個人的には、「女性問題」はまったく個人の問題であって、
政治家としての資質とは関係ないと思うし、
女性にモテるのは、人としても魅力あるってくらいすら思うことはあるし、
清廉潔白な人=最良の政治家とは、全く思わないので、
その件に関しては、まったくの興味の外ですが、
その際の交通費に、「議員パス」を使っていた事に関しては、
はっきり言って

「せ・こ・い」

せこすぎです。
レベル低すぎ。。
同県人というのが恥ずかしいです。
なんでこういう人が政治家になれるんですかね?
つか、選ぶなよ。


2009年05月15日

雨の日は、温泉に行こう!

久しぶりに、2号を走らせようと思ったら、
週末は「曇りのち雨」とか。
がっかり。
でもね、・・・走ります。
天気が悪いと、ドライブは冴えないものだけど、
雨の日ならではの良さもあるものがあります。
それは、・・・「お・ん・せ・ん」。
不思議なもので、
天気が良すぎる昼間の温泉は、意外に間抜けで冴えないです。
なわけなので、
「天気が悪い日は、温泉に行こう」ってーのがマイルールです。
そんなときの温泉は、やっぱり硫黄系ですかね。
てーと、やっぱり草津?
さて、どうしよう。

2009年05月26日

ソースは?

mindofmusic.jpg

これって・・・

続きを読む "ソースは?" »

2009年06月03日

感覚的重さ

IMGP4745.jpg

なんでも、引っ越し屋さんで使う段ボールは白が多いのだとか。
理由は、「軽く感じるから」。
同じ重さでも、明るい色ほど軽く感じる事を利用しているんだそうです。
早速、黒色のを使ってみたところ、
実際、重く感じるんですね。
財布は、黒い方が良いかも知れないです。(笑)

2009年06月18日

時速320キロのデザイン



「白とピンク」でスピード感 JR東が新型新幹線デザイン」

うーん・・・天狗?

恐らく、トンネルに入る際の衝撃波を押さえるために、
「こんな」形になったと伝え聞きます。
そうは言われてもなぁ・・・。
こんな未来はやだなぁ・・・。
受け入れるには、時間を要しそうな形と色です。

2009年06月24日

アオイロドウガネ、ってどうかね?

キッチンの床に、緑色の、多分コガネムシが転がってました。
指で触っても殆ど動かないし、
「死んでる?」
でも、微妙に触覚が動いていたので、救助しました。
虫とはいえ、うちのキッチンで野垂れ死にされるのは気分が良くないです。
で、キュウリの先っぽを切って、そこに置いてやりました。
でも、全然動く気配無し。
もう、食べる気力もないか、
もしくは、キュウリが嫌いか・・・。
しばらく経って見てみると、やはり動きはイマイチ。
ところが、キュウリは随分減って、しかも、お尻の後ろには、緑のウンチ!?
消化、はやっ!
めっちゃ元気やん!
なかなかしたたかな奴みたいです。
お腹が一杯になったら、出ていってもらいましょう。

2009年06月29日

フレンドリーな白バイ

IMGP5126.jpg

日曜日の’午前中、天気が良かったので、いつもの秩父に2号で出かけました。
以前に気分良く走れたR462を回って、R299で帰路につきました。
やはりいつも成木街道を気分良く走っていると、
後からついてきた白バイ隊員に停められました。
なんでも、私のサインが欲しかったからだとか。
別に有名人でもないけれど、まぁ白バイ隊員にサインをせがまれて悪い気はしません。
ついでに寄付も求められました。
熱心な仕事ぶりに感銘を受けた私は、これまた喜んで応じました。
運転免許というのは、なにかと「不浄」は溜まりがちなものですが、
オプションで、その不浄を清めるために、しばらく免許証を預かる至れり尽くせりなサービスもあるそうです。
私は、まだそこまで不浄が貯まっていなかったので、そのサービスは叶わないようでした。

この日、地域のライダーとの交流は盛んだったようで、
私以外にも、サインを求められている方を何人か見かけました。
派手に、歓迎のサイレンを鳴らされている方もいらっしゃいます。
なんだか、とても気分のいい1日でした。

【追加】
高校野球の監督に、自分よりも若い監督が登場するようになった事に気が付いたのは、感慨深いものでした。
自分よりもずっと若いであろう白バイ隊員にたしなめられると、素直に反省してしまいます。(^_^;

温泉好きは裸好き?

1万円で、1万2千円分のプリペイドカードを買ったから、
ってーのもありますが、
ここの所、近所の温泉、「いやしの湯」に週一ペースで行っています。
近場の本格掛け流し温泉と言うこともあってか、ここは、いつも盛況です。
昨日などは、バブルの機械の故障とかで、2割引ということもあって、
広い駐車場がほぼ満車状態。
逆に言えば、2割引とは言え、不具合がある施設を受け入れていることになります。
日本人の温泉好き、恐るべしです。

温泉というのは不思議な空間です。
見ず知らずの人同士が、「裸」という無防備な状態で集うばしょなんて、そうはありません。
まぁ、裸故の安心感みたいなものもあります。
物騒な時代故、人が集まる場所では、何かと不安感が拭えないものですが、
なんたって「裸」なら、文字通り、だれもが丸腰です。
刃物なって隠しようがないですから。
裸故に、貧富の差もわかりません。
その代わり、洋服を着ていてはわからない、お腹の出っ張り具合、
体の特徴がもろにわかります。
素の自分を晒すしかないみたいな。

こう言うのは、緊張感がなくていいですね。
私などは、温泉が好きなクセに長湯が苦手なので、
粗末なものをブラブラさせながら、外の景色を望みながら弛緩していることが多いです。
冷えてきたら、熱めのお湯に浸かるみたいな具合。
で、ふと考えると、裸の人が集う、この空間が好きなんじゃないかと。
もちろん、温泉のお湯に浸かるのは好きなんですけどね。
じゃ、自宅に温泉が引いてあったらそれで満足か?って考えると、
なんとなく寂しい気もします。
たぶん、裸でブラブラも込みの温泉が好きなんだと思います。

2009年07月03日

今度は外付けハードディスクが!

どうやら、今度は、外付けハードディスクが、著しく不調です。
もう、息も絶え絶えみたいな感じ。
車で言えば、エンジンから白煙はきながら、
今にも止まりそうな感じ。
元々、一度クラッシュしたHDをリサイクルして、
なくなってもかまわないデータを入れていただけなので、あまり実害はないけれど、
あまりにも立て続けすぎて、ちょっとコワイ。(汗)

速度違反、
Macbookのハードディスククラッシュ、
トリッカーのエンジン停止、
そして、今回の不具合。
もう終わりにしてください。

2009年07月06日

再生産?

IMGP5159.jpg

ずーっと夏場に履いていたMERRELL JUNGLE VENTILATOR。
ハードディスクを買いにいった、新宿のドスパラの近くの靴屋で発見しました。
再生産?
一時、定番モデルが復活して、その折にまとめ買いした以降、見えなくなっていました。
履きやすさ、フィット感、お値ごろ感などが気に入っていたので、迷わずゲットしました。
6千円ほどだったか。
耐久性はないので、2シーズンは保たないですが、
この手の靴にそれを求めるのも無理な話。
ともかく、通気性が良くて、スポット履けるお手軽さが素敵です。
後、2足くらい買い置きしようかと検討中。

2009年07月09日

自動車保険、値上げ

「自動車保険値上げ 割引競争が体力削る 不払い問題影響」(asahi.com)

なんでも、来年から自動車保険の保険料が上がるそうで。
理由は、高額保険料の若年ドライバーの減少と、
高齢者の事故率の増加だそうで。
「少子化」と「高齢者ドライバーの事故」は、
最近のニュースによく出る話ですが、
んー、でもさぁ、
保険料って、事故率から換算して決めてるんですよね?
だから、事故率の高い、若年ドライバーと、
ついで、事故率の高い高年齢ドライバーの保険料が高いんでしょ。
それに、全体としたら、事故自体減ってますよ。
特に、死亡事故など。
だから、自賠責保険なども、去年から下がった訳で。
っていうことから、保険会社のいう理由はイマイチすっきりしませんね。
まぁ、これまで値下げ競争を繰り返してきたってーのもあるでしょうけど、
まさか、リスクの高い投資での失敗で赤字に転落したので、
保険料をちょいと上げて・・・なんてことはないですよね。:ー)

2009年07月13日

職務質問じゃないっすね

先日、昼間の下北をプラプラしていたら、職務質問を受けました。
随分前に、新宿で受けて以来です。
相手は、2名の30代と思しき警官です。
ちょっとウザいなぁと思いながらも、
「最近物騒な事件が起きてるもので・・・」って切り出されると断れません。
つか、職質を断るとされはそれで面倒って話も聞いていたので、
「あ、いいっすよ」
と快く応じました。
刃物でも調べるのかなと思ってポーチの中身を見せると、
中に入ってる財布を開き始めます。
「見せるのはいいよ」ってつもりで応じたんですが、
そうも、「自由にみさせてもらいます」って勘違いしてるみたい。
ついには、小さな小銭入れを勝手に引っ張り出して開いてやがります。
これって、「職質」じゃないっすよねえ。
「持ち物検査」?
勝手に手に取って見るのってありっすかね?
勝手に触られるのが、非常に不愉快でした。
見せてと言われれば、こちらで何でも見せてあげるのに。
コミュニケーションの仕方が下手ですね。
特に、東京の警官は、そうです。
あまりに多くの人を相手にするから、そうなっちゃうんですかね。
もう少し、物腰穏やかに、ジョークの一つも言えないものですかね。
次あったら、カメラでビデオ撮影して、ブログネタにしようかと思います。

2009年07月15日

長谷川、速すぎ、早すぎ、強すぎ!

090714hasegawa.jpg

昨夜は、うっかり長谷川穂積の防衛戦を見落としてしまいました。
また、1回TKO。
どこまで強いの?って感じです。
試合の度に、10キロ以上の減量だそうで。
仕事とはいえ、大変ですね。
以前、テレビの番組で、
井岡と薬師寺の3人で、元ボクシングのチャンピオン同士のトークをやってました。
その中で、話していたことの一つに、

「パンチのスピードを変える」

ってーのがありました。
いわく、同じスピードでは見切られてしまうので、
始めはワザと遅めのスピードで打っておいて、
相手の反応を見切った後、
ここと言う時に、最速のパンチをだすのだとか。
そう言った、実に細かなテクニックを駆使しているという話を聞いて感心したことがあります。
今回の試合で、長谷川は、始めにフックを繰り出していますが、
相手のロチャは、しっかりガードで対応しています。
でも、長谷川が出ていった時には、応戦することを確認した後、
最初のフックとはうって変わって、カメラで追えないほど速度の右フックが、ロチャの顔面を捉えました。
ロチャは、始めのゆるめのフックに目が馴れていた為に、この右フックにはまったく対応出来なかったと見えます。
この右フックを受けたロチャは、心身ともにダメージを受けたようで、
これ以降は試合にならず、2度目のダウンでTKOとなりました。

ボクサーのような、俊敏性が命のアスリートと言うのは、
いざその瞬間では、ものすごい速さで、脳や神経が反応するそうで、
相手の動きがスローモーションのように見えるそうです。
たぶん、普通の人の1秒が、10秒くらいの感覚に見えるんでしょうね。
まぁ、そんな超人の真似はできないですが、
とりあえず、減量くらいは頑張らないと。
目指せ、1ヶ月で1kg。

2009年07月16日

引っ越し〜業者選び

さて、オフィスの引っ越しまで残り2週間に迫ったきました。
何だか時間が経つのが早いです。
慌てて、業者選択中。
殆どの家具は分解可能で、「キチンとした」家具類は殆どないので、
嵩張った荷物は、さほど多くありません。
冷蔵庫は、備え付けだったし、洗濯機もテレビもないし、
パソコンは、当面使わないもののみだし、
大きな家具は、ソファーベッドのみです。
あ、バイクがありましたね。

そんなわけで、ネットで見積もりを取りましたが、
バイクがあると、高いみたい。
7〜9万くらいなイメージ。
安い所は、2,3件分をまとめて送るみたいな感じですね。
じゃないと、高速代とガソリン代で、儲けがなくなりますよね。
営業車もETCの1000円割引が効けば、随分と安くなることでしょう。

ん?待てよ。
コレって、レンタカーを借りて個人で運べば、1000円じゃないっすか?
しかも、2トンロングのトラックを運転出来るじゃん!
あ〜、トラック運転した〜い!
トラックを運転出来て、おまけに安上がり?
これて、けっこうブラボーじゃないっすか?(^_^;)

っで、トヨタレンタカー調べました。
ダイナの2トンロングが、168,00円/24h。
燃費は、9くらいかな。
距離580kmとして、軽油が100円で、燃料費は6500円。
2日目のレンタル代が、11500円なので、
往復で掛かる費用は、42300円。
あ、でも、一人じゃ荷物運べないじゃん・・・(^_^;)
これで、人件費が加われば、業者価格並になりそうですね。
こう考えると、やっぱり引っ越し費用って掛かりますね。

でも、トラックは運転したいなぁ・・・。

2009年07月18日

口内メンテナンス

数年前に治療した奥歯の歯茎が、時々腫れるので、
ふたたび、歯医者に通っていました。
久しぶりに、その歯医者に行って、6年ぶりだったことに気がついてびっくり。
当時、歯のメンテナンスを、忙しさにかまけて怠っていたら、
詰め物がとれたり、被せていた銀歯が取れたりと、散々だったので、
ネットで見つけたセンスの良さそうなホームページに魅かれて、
オフィスからはやや離れた、経堂にある歯医者に通い、徹底的にすべての歯を治療しました。
私よりももう少し年上の男の先生なんですが、一見大学で数学でも教えているような雰囲気のちょっと面白いところが気に入ったところです。
「余計な治療はしない」「歯茎を鍛えて、歯の自然治癒能力を大事にする」。
今でこそ、こういうことは、珍しくないですが、その頃、初めてそう言った治療方針を聞いて、新鮮に感じました。
だから、少しくらいの虫歯は治しません。(笑)
「直して」ってきているのに、直さないんですよ。
どんだけ仕事をしない歯医者だって、思いましたよ。(笑)
直すと、削るので余計に歯の寿命を縮めるのだとか。
それよりも、キチンとした歯磨きを奨めます。
しかも、ダメなものはダメ、わからないものはわからない、ってはっきり言います。
それでも、腕はいいのか、いつも予約は一杯みたい。

続きを読む "口内メンテナンス" »

2009年07月20日

空を見る時

土曜日の夕方、やたら東の空を見上げる人が目に付きました。
理由がこれ。
見事な『虹』です。
どのくらい見事かっていうと、
「アーチ」イメージの虹が、「円弧」だってことに気がつくくらいの見事さです。
お天気は良くて、晴れてたんですが、
局所的に通り雨があったようで、
上空にある水滴が、見事な虹を作り出したようです。
さらに、二重の虹になっているようで。
相当に好条件だったようです。
その見事さは、かなり道行く人の心を捉えたようで、
多くの人が、新手の新興宗教のように、携帯を天にかざしましていました。
車を停めてまで、撮影する人も居たくらい。
私もその一人でしたが。
これから始まる日食もそうですが、
やはり、自然の尊大さには、
現代人も反応するようです。

それにしても、虹って不思議です。
「希望」の代名詞のように扱われますが、
たしかに、不思議な感銘があります。
個人的に、ちょっと哀しい出来事があった事もあったせいか、
この見事な虹は、ひとしきり心に残る出来事となりました。

人生に戦略を

週末の朝は、コメダコーヒーで、モーニンングセットを頂く傍ら、
置いてある、『CAR AND DRIVER』と新聞を読むのが日課です。
産經新聞にあったのが、このコラム。
この、ものすごく強気そうな名前の経済評論家は、ここの所、テレビや雑誌で見かける事が多いです。
そもそも、経済評論家で、あまり控えめな人は成り立ちそうにないですが、
(私のような)あまり野心的でな人にはちょっと苦手なタイプです(たぶんね)。
で、この勝間さんが提唱するのが。

「人生に戦略を」

です。
思い切り要約すれば、「自分という資源を如何にに高率的に使っていくか」ってことでしょう。
『人生』を経済的切り口で語った感じですね。
まぁ、「資源」とか「スキル」とか「時間配分」とか、
どこかの自己啓発セミナーなどで聞いたような言葉が並びます。

「私たちがより良い人生を過ごすために、人生には戦略が必要です」

なるほど。

「戦略とは、目的達成のための総合的な施策を通じて、資源を効果的に配分・運用する技術です。」

ほほう。

「ヒトの資源とは、優れた人材やスキルを示し、・・・」

まぁ、その通りかも。
でも、それだけ?
つか、より良い人生って?
おっしゃってる事は、正しいと思うんですけどね。
「人生」を経済用語で語るのは、難しそうです。
つか、なんとなく、懐かしいですね。
言葉や語り口にバブルの頃を思い出しました。
なんて仔細なことを、
400円のモーニングセットを平らげながら、つっこんでました。

2009年07月24日

最後は1本60円

電動じゃなくて、やっぱりカミソリでさっぱり、ってーのが好きなんですが、
意外に肌が弱い方ということもあって、
今まで、数限りなくカミソリを試してきました。
けっこう、すぐに血だらけになったりするもので、
やれ「4枚刃だ」、やれ「スムーズだ」などの売り文句に反応して参りました。
さすがに、高性能カミソリの使い心地は良く、
血だらけになることもなく、きれいさっぱりになりました。
でもね、
そんなヤツほど、すぐに切れなくなっちゃうんですよ。
しかも、そんなやつほど、無闇に高い!
私の場合、剃るのは精々三日に一度だけど、
それでも、替え刃1個200円程しますから、チリも積ればです。
切れなくなると、引っ掛かりが強くなって、引っ張ってしまうんですね。
そんなわけで、使っているが、この貝印『Young-T』
大体、3本入り160〜180円くらいで売ってます。
これは、1枚刃だけど、ヘッドのカバーが適切なので、カミソリ負けは少ない方です。
一番は、複数枚のカミソリに較べて、歯が厚手な事。
そのせいか、耐久性が良いようです。
しかも、1枚刃なので、切れ味が落ちでも、引っ掛かりが少ないので、なんとか使えてしまいます。
なので、結局、こいつが定番になってしまいました。
ちなみに、
「肌が乾いている時の髭は、同じ太さの銅線と同程度の硬さと強さがある」
とか。

そういえば、最近「カミソリの〜」なんて表現を聞かなくなりました。
安全カミソリが主体になって、切れ味鋭く、危険な印象が薄まったせいでしょうか。
そもそも、「○○の〜」なんて、昭和な言い方しませんしね。
今なら、切れ味の鋭い人のことを、なんて言うんでしょうね。
「あいつは切れるね」とか「切れ者」なんてのは、まだ使うでしょうか。
「すぐに切れる」なんてのは、良く使いますけど。

2009年07月27日

引っ越し関連手続き

ようやく、電気電話水道ガスの解約手続きが終了。
固定電話は、とりあえず、「休止」にしておきました。
10年間塩漬け?(笑)
殆ど同じフォームに、同じことを入力するのは、しんどい・・・。
2ヶ月後に同じことをやるのかと思うと、ウンザリです。
さて、次は、オンラインサービス系のメルアド、その他を変更せねば。
とりあえず、しばらくスパムとは、おさらば出来そう・・・。

2009年07月29日

「ライドシェア」という考え

logo_2nd.gif

さて、オフィスの荷物の搬送が、いよいよ週末に迫って参りました。
前にも、話した通り、一人で運べない荷物など、荷物の積み込みを手伝ってもらうかわりに、
東京ー神戸間の相乗りをしていただくという、美味しい話を求めて、「のってこ!」なるサービスに登録しました。

「のってこ!」とは、そのサイトの説明によると、
-----------------------------------------------------------------------
ライドシェア(クルマの相乗り)相手を見つけることができるサイトです。
旅行・帰省・レジャー(スキー・スノーボード・ゴルフ・サーフィン・ライブなど)に出掛ける際に、
のってこ!で見つけた相手とライドシェアを行うことによって、

【1】 ドライバーの方は、高速道路料金・燃料費を割勘できます。
【2】 同乗希望者の方は、クルマがなくても交通費を安く抑えて移動ができます。

本人確認を行っているため、他サイト(匿名制の掲示板サイト等)よりも安心です。
-----------------------------------------------------------------------
ってものらしいです。
詳しくは、リンクのサイトをみてください。
「ヒッチハイク」にも似ていますが、「相互扶助」的意味合いがあるので、少し違います。
ヒッチハイク的なところもありますが、目的を選べる点で、「SNS」的と言えるかも知れません。
「SNS(人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイト)と異なるのは、
コミュニケーションが、一時的で、かつ、リアルな世界で行われることでしょうか。
それが、クルマと言うメディアで行われています。
タクシーの相乗りのようなサービスは、他国でも行われていますが、
資源の有効利用と言う点、「シェア」というのは、流行になるでしょう。
ありそうでなかった、実に興味深いサービスじゃないかと思います。

続きを読む "「ライドシェア」という考え" »

2009年07月30日

42キロのモニター

オークションに間に合わなかったので、
取りあえず、自宅に運ぶものがいくつかあります。
その中で、もっともキツイのが、コレ。
ナナオのEIZO 「FlexScan T962」です。
42kgあります。
これを、階段で、5階運びます。
泣きが入りそうです。

2009年08月23日

あっぱれな話

09IMGP5420.jpg

東京にいる時間もわずかということで、
旧知の友達やら、お世話になった人に挨拶を兼ねて会う機会が増えています。
デザインの専門学校うぃ卒業後、先生の紹介で、某デザイン事務所を訪ねたわけですが、
そこは、すでに決ってしまっていて、残念ながら入ることは出来ませんでした。
でも、そこの代表のK氏の紹介で、別のデザイン事務所に勤めることができました。
なので、K氏は、今の私の「キーマン」の一人です。
そんなわけで、独立するときなども挨拶に行きましたが、今回は東京を離れるということで、挨拶に向かいました。
K氏は、すでにデザインの仕事はほとんどやっておられなくて、今は北関東の某所で、陶芸の工房をやっておられました。
でも、この取り組みがユニーク。
工業デザイナーの経験を生かして、木型やスチレンの型を使って、より簡単に質の良い焼き物を作るというコンセプトでやられています。
こういうのは、生粋の陶芸家には好まれない発想ですが、なかなかちゃんとした形をつくれないビギナーにはありがたいやり方かと思います。
たぶん、70歳に近いK氏。
経営的にはなかなか大変そうで、苦労話も山ほど聞かされましたが、
今度、いままでの取り組みを本にまとめて出版されるそうです。
内容は、「工業デザイナー発想の陶芸」的なものになるでしょう。
今年の年末か、来年初めあたりに、そんな本が本屋に並んでいるはず。
もし、そんな本を見つけたら、「ああ、これがあの本だな」って思ってください。

もうひとつ。
デザインの専門学校時代の友達と、新宿で飲みました。
私は、すでに大学まで行かせてもらっていたので、さすがにこれ以上親のスネをかじることは出来ず、夜間の部に入りました。
そこでは、同じ様に、昼間アルバイトや会社勤めをしながら、デザインを学ぶ友達が出来ました。
大学の頃は、休講の張り紙を見ると、皆喜んだものでしたが、働きながら学ぶというのはまったくテンションが違います。「デザイナーになりたい」って夢が共通しているので、公私共に励まし合うみたいところがありました。
そんな中の友達で、ファッションデザイン専攻だったN氏とTさんに会いました。
N氏は、あだ名が「タイソン」って言われるほどのガテン系。
工事現場のヘルメットが似合いそうな彼ですが、性格は風貌とは真逆でノミの心臓です。
彼は、奥様と一緒にオリジナルブランドの会社を興して、複数の店舗を構えるほどの成功をしています。この不景気でもなんとか踏ん張ってるみたいで、ホント大したものです。
もう一人のTさんは、縫製関係の会社に勤めながら、デザイナーになるべく学んでいました。
典型的な秋田美人のTさんは、小柄で童顔なので、皆からは子供扱いされてからかわれるほど。
久しぶりに会ったTさんは、相変わらず童顔で、40も半ばに近いにもかかわらず、20代と言っても通用するほどです。
でも、彼女の人生は、そんな子供のような外観とは裏腹で、ものすごくハード。
早くに相次いで両親を亡くされて、さらには、一人の子供を一人で育て上げました。
そんな彼女の息子は、今年二十歳。
なんと、一浪して早稲田に入ったのだとか。
女手一つで、大学にまで行かせたというのには、本当にあっぱれです。
この話を彼女から聞いたところで、N氏が上ずった声を上げました。
彼女の苦労をわずかでも知っているがゆえか、涙腺が緩んでしまったみたいです。
目の前で涙する厳ついタイソンを見ると、私の涙腺もギブです。
子供のような彼女の前で、涙するオッサン二人の絵は、かなり異様だったかも。(笑)
でもねぇ、ホントすごいです。
会社を成功させているN氏も、一人で子供を大学まで行かせたTさんも。
新たな活動への励みになりました。

2009年08月25日

モノの行方

この場所がどこか?
それは、ここ
オフィスの荷物を運び出す降り、出た粗大ごみの処理に清掃工場へ行きました。
最初、リサイクルが効くかもという思いで、無停電電源を近所のリサイクル店に持ってくも断わられ、
結局、ネットで見つけた町田の「リサイクル文化センター」内の清掃工場に運びました。
今まで利用したことは無かったですが、全国に同じような施設があるようです。
市中で収集された粗大ごみが、破砕などの処理をされる施設です。
処置の仕方や費用は、各施設によって異なるようで、
町田の場合は、次の通り。

受付時間:月〜金曜日(祝日、年末年始は除く)午前8:15〜午後5:00
持込時間:月〜土曜日(祝日、年末年始は除く)午前8:30〜午後4:00※午前11:30〜午後1:00を除く。
料金:金額は20Kgまで250円、30Kg650円、40Kg1,000円
40Kgを超える1,000円+(10Kg増えるごとに250円加算)

施設によっては、もっと細かく、項目によって別れていたりするようですが、
ここは、アバウトに「目方」です。
しかも、その量り方も、積載した車両毎秤に乗せるダイナミックなもの。
入り口に、荷物を積んだ状態で量り、
廃棄した後、出口で再び「秤」に載って、その差分で精算します。
なんか、アメリカンチック。
私は、オフィスチェアーとスキャナー、無停電電源のバッテリーその他を廃棄しました。
かなり重い電源込みだったにもかかわらず、1500円で済みました。
民間の処分業者に頼むと、もっと取られるはずです。
そこの設備が迫力あります。
いわゆる清掃車を対象とした。いわゆる「業務用」なので、粗大ごみを満載した清掃車が、荷台を傾けて廃棄する、巨大な濠のようなものが見えるところにクルマを駐車します。
そこは、まるで映画『エイリアン2』に出てくる「収容所」の雰囲気です。
逆に、このゴミの廃棄場にヒントを得て、エイリアン2を演出したと言っても、十分に納得出来る程です。
もっとも、ここにはエイリアンや犯罪者はいません。
受付時間に間に合わなかったにもかかわらず受け付けてくれたり、
取り扱いがグレーの(乗り物用のバッテリーは取り扱いません)無停電電源を「まぁ、いいか」といって引き取ってくれた、大人の男がいます。
ちょっとカッコいいなと思いました。

それにしても、「不要」になった途端に、モノは「ゴミ」になります。
清掃工場に行って、生臭い臭いにまみれた粗大ごみ末路を見ると、
いかに人間がゴミを出して生きているか、実感します。
ゴミの処分を誰かに頼んでいると、つい忘れがちになります。

2009年08月26日

インターネットの亡霊

先日の飲み会の待ち合わせ場所は、新宿は紀伊国屋に近い、喫茶「ニュートップス」にしました。
ご存知の方はいるとは思いますが、実は6月に閉店しています。
昔、新宿での飲み会などの打ち合わせに便利だったので、時々利用していたので、
ネットのグルメサイトで場所を確認し、さらには口コミまで読み、
携帯にお店の情報を送りました。
この時点で、閉店と言う情報には行き着きませんでした。
インターネットと言うのは、最新の情報があるようで、実はそうではありません。
実際は、キャッシュに溜まった過去の情報だったり、更新されていない情報であることが多いです。
なので、お店の存在を全く疑いませんでした。
いつもの入り口に行ったら、明るい色の壁で塗りつぶされていたので、
「ああ、リフォームしたんだな」ってくらいにしか考えませんでした。
でも、ちょっ変なので、横の入り口に行くと、閉店を知らせる張り紙を見つけました。
同じような行動を取っているのは、どうやら私だけではなかったようで、
何人かの人が、張り紙を見上げたり、カメラで撮影したりしています。
インターネットと言うのは、一見、最新の情報に満ちているようですが、
実は、「亡霊」のような情報が多いです。
鮮度が低くて役に立たないどころか、間違った情報は、想像よりも多いし、
口コミを装った宣伝情報は、さらに多いです。
その中で、本当の情報を見分けるのは、思ったほど簡単ではないです。

2009年08月28日

窓開けませんか?

ここの所、涼しい日が続いたので、1号で走っている折りには、窓を全開で走ったりします。
で、気づくことが、

外は涼しいにもかかわらず、窓を開けて走るクルマがほとんどいない!

です。
本当に少ない。
100台に1台くらい。
しかも、それはトラックだったりとか。
私は、涼しければ、窓全開なタイプです。
まぁ、バイクやらロドやら、
元々オープン志向ではあるんですが、
それにしても、なんであそこまで閉め切っているのか不思議。
排気ガス?
髪が乱れる?
カラッとしたいい天気に、
窓を閉め切ったクルマの列を見るたびに、
何だかとっても違和感を感じる私は、
変ですかね?

2009年09月01日

ちょっと期待かも

今まで、鳩山氏の喋り方や見た目に、ちょっと頼りなさを感じていたんですが、
このYoutubeを見て、ちょっと期待を抱いてしまいました。
なかなか本質的な事を言っているし、
今、まさに日本に求められていることだと思います。

この映像は、鳩山氏の発言を非難するつもりでアップしたようですが、
全くの逆効果なのが、かなり滑稽です。(笑)

【鳩山友愛塾】

2009年09月16日

ノム前にモム

相変わらず、腰痛です。
先日、お世話になった人への挨拶に回りを終えて、
さて、知り合いとBALで飲み会に向かう折り、
歩くのが辛くなるほどになってしまいました。
そもそも、朝から調子がイマイチだったので、
逆に、歩くことで直そうと、わざわざ遠回りなどしていたら、
下北沢辺りで、どこかに座り込みたい気持になりました。
そこで、たまたま目に付いた整骨院に、吸い込まれるように入りました。
いままで、散々整骨院やら、スポーツマッサージやら行った経験から、
結局のところ、マッサージは対処療法なので、自分でストレッチや筋トレをやるのが一番って思ってました。
でも、「さすがに今日はダメ」。
入ったのは、下北沢の南口の商店街を抜けた先にある「下北南整骨院」。
コンパクトな室内で、すでに何人もの人が治療を受けています。
ここは、「マッサージ」「電気/針治療」「湿布」のパッケージのようです。
最初に患部をもみほぐしですが、これが、痛気持ちいい〜。
次に低周波治療。腰がぷるぷるします。
最後は、ひんやり湿布で完了。
ひたすらマッサージをするところだと、翌日にぶり返しが来たり、
逆に、やんわり引っぱりばかりの整形外科だと、イマイチ効果がなかったりしましたが、
ここは、バランスがいい感じです。
しかも、保険が利くのがありがたいです。
おかげで、これだけの治療でも1150円。
普通のマッサージだと、2〜5倍くらいかかります。
この整骨院は、今までで一番いい感じです。
立ち飲みBALにいく前は、まずここで治療かな・・・:-D

2009年09月24日

最後のオフミ

hypercard_icon.jpg

先日、いわゆる「オフミーティング」の仲間と飲みました。
元は、Macintoshの黎明期に創設された、アップル謹製のオーサリングソフト「HyperCard」の某ユーザーグループの人たちです。
今は、すでに解散して、ネットの掲示板などでやり取りをする程度ですが、時々何人かが集まって、飲んだりしていました。
まだ、Macintoshが生まれていない頃のメンバーもいて、思えば、すでに20数年が経過しています。
当然、その頃はインターネットなんて物はなくて、精々「パソコン通信」の時代でしたから、情報のやり取りは、月1回のオフミーティングと、その時に配布される会報がその役割を担っていました。
私が、そのグループに参加したのは、当時仕事で使い始めていたMacを使って、オフィス機器のインターフェースのシミュレーションモデルを作る為に、六本木を彷徨っていた時、たまたまAXISでやっていたそのグループのオフミに飛び入りしたことがキッカケです。
シミュレーションモデルを作る為には、HyperCardで何とかなりそう、くらいにしかわからなくて、さてどうしたものかと途方にくれていたところ、ずばり、そのソフトのユーザークラブの勉強会を見つけたという偶然です。(笑)
思えば、その頃がもっとも活発な活動をしていた頃で、メンバーも数十人いたでしょうか。
もともと、Macとその専用ソフトのみが共通項の集まりだったので、月日の流れとともにメンバーも移り変わり、さらには、ソフトの開発終了とともに、グループも自然消滅したような形になりました。
それでも、最後に残ったメンバーで、年に何度か飲みに行ったりしていました。
もはや、お互いを結びつけるメディアは無いに等しいわけですが、集まると、なんとなく「同じ臭い」も感じてしまいます。未だに、本名すらわからなかったり、どんな仕事をしているのかさえ話題にならなかったりしますが、同じ共通体験をしたことで、どこかで同じ価値観があるのかも知れないですね。
そんな訳で、久しぶりに、最後に残ったメンバーの多くと、良い酒を呑むことが出来ました。
実生活で深くかかわる人はいますが、物理的な距離や時間的な制約があると縁遠くなります。
ネットで繋がっていると、実生活であまりかかわっていないにもかかわらず、物理的な制約がないので、意外にも付き合いが長くなるのがおもしろいです。

2009年09月25日

診断結果

IMGP5691.jpg

土壇場で受けた健康診断の結果が出ました。
問題なのは、「ALT(GTP)」と「r-GTP」の値。
休肝日を作ってくださいとのこと。
それ以外は、BMI値が高め。
この辺りは、昨年と同じく。
昨年より2kg増加。
メタボ予備軍?
腹囲は小さくなってるんだけどね(83.5→81)
身長が1センチ小さくなってる!
縮んだ?

結論は、酒宴を減らして、運動を増やす、ですかね。
引っ越したら、毎朝六甲山登りだな。
胃カメラも勧められました。
まぁ、善処します。
ってことで。

2009年09月29日

レンタカーの落とし穴

実は、がっかりな事が。
前に、オフィスの引っ越しを自前でやりましたが、
その時借りた2トントラックが、どうやら1000円乗り放題の割引が適用外であった模様。
クレジットカードに見慣れない支払いがあったので、しらべてみると、
これが、高速道路の通行料。
これが、あまり割引になっていません。
2トン車は、普通車のはずだけど・・・。
って慌ててネットで検索すると、4ナンバーは、割引が適用されるが、
1ナンバーは、元々自動車税の軽減措置が取られているので、営業車扱いとか。
しかも、高速料金1.2倍!
領収書を見てみると、間違いなく「1ナンバー」・・・。
そんなぁ・・・。
レンタカーを借りる側からすれば、自動車税なんて関係ないじゃん。
つか、借りる時に、散々ETCの確認してたし、
一言教えてくれてもいいんでないかぁ>トヨタレンタカー下北沢店!
トンだ落とし穴でした。
皆さんも、気をつけましょう。

お宝?

荷造り真っ最中です。
自宅オフィス時代の引き出しを開けると、
こんなもが出てきました。

「マウスの球」

太古の昔、マウスは、玉の転がりをX軸とY軸で計測して、カーソルを動かしていました。
球は、位置計測が本来の機能でしたが、コアなユーザーの中には、
そのマウスの球を色々と変えて悦に入る人もいました。
その極みが、このマウスの球セット。
球の直径は、22ミリ。
お掃除ブラシ尽きの未使用品です。
すでに、ボールマウスが絶滅して久しい今、
かつてのゴミ詰まりを懐かしむ絶好のアイテムでは無いかと。

さらには、もっとマニアックなこんなものも・・・

続きを読む "お宝?" »

2009年09月30日

売れた!

どん詰まりで、ヤフオクに出品していたCRTモニター「ナナオ FlexScan T962」が売れました。
しかも、2万円超の高額落札。
出品しようと思ってヤフオクを見ると、同じ製品が当日中に落札予定となっていました。
もう1点出品されていたのは、業者ルートでかなり高額。
ここで、閃きました。
今、短い入札期間でぶつければ、先の物件で手控えた人を引っ張れます。
しかも、後出しで、私の出品に代わる出物がなければ、多少なりとも有利になります。
なんて、予想をしていたら、ずばりでした。
やはりまだCRTを好む人がいるってことでしょうか。
使用時間も少なく、キズも無いので、このまま無事落札者に届けば良いと思います。

【CRT高画質神話は本当か?】(IT media)

2009年10月01日

エピソード1「理不尽な解除」

さて、まず話したいのは、いきなりのブログ停止という形になった訳です。
それには理由があります。
引っ越しの搬出日を翌日に控えた9月末日の朝、
東京最後のブログの挨拶で決めようかと、
Macをスリープから解除してブラウザーを立ち上げたもののいつものページが開きません。
「???」
LANの不具合?
どうやら、ウェブに繋がっていない模様。
「おかしいなぁ、解除日は今日だけど、まさか朝から切れる?」
早々に@NiftyのカスタマーサポートにTEL。
実は、ADSL回線は、当初、東京に居るぎりぎりまで確保する予定で、10月の4日に解除するようにお願いしていました。
ところが、サポートに確認すると、回線の契約はひと月ごととなるので、10月分の料金がかかってしまうとのこと。
それはあまりにも無駄なので、「9月一杯の契約」にしますってことで、末日での解除をお願いした経緯があります。
なので、私的には、「9月一杯は使える」って気でいました。
電話の窓口は、若そうなお姉さんの声。
サ:「解除日が今日ですので、今日の解除になります。回線の遮断はNTTさんが行うので、解除日当日から数日後のいつになるかは指定出来ません。
あまりに事務的な回答でしたが、努めて冷静に尋ねました。
私:「じゃ、末日まで使いたい場合はどうすればいいんでしょ?」
サ:「末日まで確実にお使いになりたい場合は、翌月の1に解除日を設定していただくことになります。」
(*)
私:でもそれじゃぁ、翌月分の料金を支払う事になりませんか?
サ:「1日を解除日に指定されると、その月分の料金の支払いが生じます。」
私:「なので、末日を解除日にしてしたんですが、ひと月分の料金を支払っいて、末日が使えないのはおかしいでしょ。非常に困っているので今から使えるようにできませんか?」
サ:「すでにNTTさんの方で回線の取り外し作業が終わっているので、できません。」
私:「では、末日まで確実に使いたい場合は、翌月の1日を解除日にしないといけないって?」
サ:「そうです。」
(以下、*より3回ほど繰り返す)
一瞬「自動応答?」って思うほど、機械的に同じ台詞を繰り返すサポートに、さすがに切れそうです。
私:「すみませんけど、他の人にかわってくれない?」

結局、しばらく待った後に、「今すぐ回答出来ないのでかけ直します」。
さらに小1時間待った後に電話の先に出てきたのは、上司、もしくはクレーム担当と思しき、もう少し年長な雰囲気の女性の声。
彼女は、さすがに「その道」のプロなのか、私の問いかけの意図を理解したようで、ひたすら「謝り攻撃」。
いわく、「今のシステムではどうしようもない」とのこと。
んなことぁーないでしょ。
大体、電気だってガスだって使った日までの使用での請求のはずです。
プロバイダーとNTTの業務上の問題だけの話じゃないですかね。
なんてことを思ったものの、これ以上何を一ってもムリな雰囲気。
回復も、一旦回線が遮断されてからは出来ないとか。
私:「でも、料金を支払っているのに、使えないというのでは、いくら謝られても納得出来ないですよ」
ク:「・・・、では、9月分の接続料金を割引という形で、今後の利用料から差し引かせてください。」

そんなわけで、「東京最後のbitlogエントリー」は、幻となりました。(涙)
でも、おかしくないっすかね、こんなの。

2009年10月16日

フレンドリーな関西

関東と関西。
何かと較べられることが多いですが、
今回、久々の関西ってことで、
早々にその違いを実感しました。

一番に感じたのが、人とのやりとりです。
東京での搬出では、ひたすら手際の良いプロの仕事に感心したものですが、
忙しかったせいか、業者から私に話されるのは、業務に関することのみ。
まぁ、当然と言えば当然ですが、搬入での業者は違っていました。
「景色いいですねぇ。」
代表と思しき業者の方が、そうそうに声を掛けられました。
まぁ、たまたまそういう人だった可能性もありますが、
そういえば、関西では、けっこう「世間話」をする機会が多いように思います。
東京は、どちらかと言えば「事務的」な印象です。
スーパーで買い物をした時は、荷物が多かったのを見て、「持てますかぁ?」と一言。
ラーメン屋でも、普通の「ありがとうございます」の後に一言。
郵便局でもそう。
マニュアルはあるんでしょうけど、
それ以前に、人との会話が主体的で、自然な感じです。
まぁ、多分に私が関西出身であるからでしょうけど、
関西の人が言う、「東京は冷たい感じがする」という理由が、このあたりにあるのではと思いました。
たぶん、「商いの関西」と「政治の関東」などの歴史的背景もあるんでしょうね。
関西では「お客様は神様」的精神が強くて、事によったら「卑屈」とも思えるほどに消費者志向が強いです。
会話の主体性は、消費者志向ってことだけではなくて、元来、関西人は「おしゃべり好き」であることも大きな理由でしょう。
関東の人からすれば、少々くどく感じるかも知れませんが、
主体的なおしゃべりは、マニュアル志向一辺倒ではフォロー出来ない「心地よさ」を感じます。
若い見習いの店員さんでもそうなので、客あしらいの良さは、基本なんでしょう。
後、東京のスーパーで見かけた「袋不要カード」。
これを今のところ、近所のスーパーでは見かけません。
基本、「袋なし、マイバッグ」ってこともあるみたいですが、
袋基本のところでも、ありませんでした。
探せばあるかも知れませんが、
「そんなん、ゆーたらわかるやん!」ってとこだと思います。
そういえば、以前のエントリーでも書いてました。
あらためて、実感です。

IP電話と光電話

実は、固定電話をIP電話の@Niftyフォンで済まそうとしていました。
IP電話と光電話を同じようなものと思って、@Niftyにと言わせた時に、IP電話のデメリットを確認した訳ですが、
119や110などの緊急電話に繋がらない旨を確認しました。
「それは、携帯からかければいいや」って思っていたら、落とし穴に嵌りました。
今日、「0120」もダメなことが判明。
良く調べれば良かったんですが、Niftyの客相も言ってくれないし、サイトにも記載無し。
すっかり設定ミスを疑って、相変わらず通信状況の悪い携帯で、
またまたなかなか繋がらないカスタマーサポートに問い合わせました。
でも、結局原因がわからず。
つか、「0120」に繋がらないって言ってるんだから、なんでそこんところフォローしてくれない?
こりゃダメだってことで、サイトで調べてわかりました。

050番号のIP電話:
3桁特番 (110/119を含む)には通話できません。
4桁特番 (0120/0800/0570等)には通話できません。

なんじゃこりゃ〜!ですよ、ホンマに。
この事を知っていたら、最初っから、固定電話か光電話の手続きを取っていたのに。
そんなわけで、とんだ落とし穴です。
コスト圧縮戦略が裏目に出ました。
まぁ、2つの固定電話休止させていたので、一つを再開すればいいわけですが、休止費用と時間の無駄でした。
コストの安さで、光電話も考えましたが、機器のトラブルも考えて、シンプルな方向です。
回線業者をKDDIに出来れば良かったんですが、線が届いていませんでした。
ところで、再開は、ネットで申し込んだんですが、
この確認メールは、返信メールに書き込むスタイル。
けっこうアナログっすね。

2009年10月21日

農機具マニア?

IMGP5857.jpg

農繁期なので、実家でお手伝いです。
すでに、刈り取りの終わった籾を、乾燥機、籾摺り、選別の工程を行います。
これらは、それぞれの機械です。
その昔、私が子供の頃は、まだ殆ど手作業ですべての工程を行っていました。
稲刈りはカマで刈り取り、束荷にして干します。
次は、脱穀でワラと籾に分離して、さらに、籾をムシロに広げて天日で乾燥させます。
そして、ようやく籾摺り。
それから、次々と機械化が進みました。
稲刈りは、「バインダー」と呼ばれる「稲刈り機」になり、
籾は、乾燥機で室内で出来るようになりました。
バインダーは、脱穀機能が付いた「コンバイン」になり、
乾燥機は、コンパクトになりました。

続きを読む "農機具マニア?" »

2009年11月12日

人類の進化

姪っ子です。
最近、ようやく歩くようになって、
行動範囲が拡がりました。
観察していると、これが面白い。
動けなくて、イライラしていたのが、
自分の意志と足で動けるようになると、
もう、急激に知識を吸収し始めます。
人類は、直立歩行が可能になって、急速に知能が発達したと聞きますが、
まさに、その人類の進化の歴史を、早回しで見ているようです。

続きを読む "人類の進化" »

2009年11月18日

アンラッキー&ラッキー

09IMGP6172.jpg

実は、私の引っ越し後まもなく、
父親が入院しておりました。
体力は人一倍あるものの、父も母もそこそこの年齢になってきたので、
怪我や病気を考えると、そろそろ近場に居た方が、ってことでの移転でもあったわけですが、
不幸にしてその狙いが的中・・・。
まぁ、不幸中の幸い?(汗)
検査やら手続きやらで、病院と実家を往復していました。
まぁ有りがちな、胃に異常があり、ってことで、
当初、内視鏡手術で済むとの診断に安堵していたものの、
経験豊富な病院での再診では、内視鏡手術では不安ありとなり、
最終的に、胃の全摘。
シビアです。
幸いにして、手術は無事終わり、術後の経過は良好で、今週末には退院が決りました。
後は、数年かけて、無くなった胃の代わりに、腸を鍛えて体力を付けることのみです。
本人は、回りの心配をよそに、すっかり元の名調子が回復したようで、
若い看護士さんに相手をしてもらうのが楽しいみたい。(汗)
まぁ、とりあえず無事帰還ってことでホッとしました。

父の場合、ずっと昔から胃の不調を訴えていた訳ですが、
ピロリ菌の除去をしなかったのが、かなり後悔するところです。
これをやっておけば、今回のような事態は避けられた可能性があります。
それと、「セカンドオピニオン」は大事ですね。
当初の診断の通りに、内視鏡による手術では、上手くいかなかった可能性があります。
もっとも、この辺りは、医師でも見解が分かれるところでしょうけど、
より多くの意見を聞くことは悪くないと思います。

2009年12月12日

分別ゴミの怪

ゴミの分別方法が地域によって異なるのは良く知られたことですけど、
ちょっと納得しかねる違いがあったりします。
以前に住んでいた町田市や世田谷区では、包装容器は、生ゴミや紙類と同じく「可燃ゴミ」の扱いでした。
正確に言えば、かつては、包装容器は、「不燃ゴミ」でしたが、
「焼却炉の性能が良くなって、ナイロン等でも、高温処理することで有害な成分が出なくなったから」
という説明です。
実際の所どうなのかは定かでは無いですが、とにかく、「不燃ゴミ」は、金属や陶磁器、プラスティック、あるいはそれらが付随するもの、ということになっているはずです。
なので、毎日出るゴミからは、不燃ゴミは減りました。
ビン、缶、ペットボトルは、資源ゴミとしてそれぞれ収集されます。
神戸は、少し様子が違いました。
基本的に、「可燃ゴミ」は、生ゴミと紙類です、
包装容器は、基本「不燃ゴミ」扱いです。
焼却炉の性能が低いからなのでしょうか?
「えっ?」っと思ったのでは、ビンと缶の扱いです。
これらは、一つの袋で混ざったまま出します。
しかも、ペットボトルも一緒です。
まぁ、選り分ける行程があるから、収集の手間を減らしてるってわけなのでしょうか。
一番の驚きは、実家の粗大ごみの扱いです。
パソコンやテレビなど、リサイクルを義務づけられているものは、他と同様のようですが、
その他のタンスやら自転車やらに掛かる処理費は無料だとか。
収集場所に置いておくだけ。
規定としては、「大人二人で運べる重さで、一回に運べる量」とあります。
頑張れば、大抵のものは大人二人で運べますし、
何回運ぼうが、わからないです。(笑)
実際、ピアノだってオッケー。
これだったら、住人以外の持ち込み多くなると思うんですが、
実際、その通りみたい。
捨て放題?

2010年01月01日

2010年、再始動!

新年おめでとうございます。
このbitlogも今年で6年目となりました。
2千エントリー、8千コメントももう少し。
こんな下手くそな写真と文章にもかかわらず、
根気強くお付き合い頂いた、心広き皆様のお陰です。(イヤ、マジで)
私事ではありますが、今年は、新天地で再始動の年、言わば「正念場」です。(ホントウ+汗)
そんな中、反省もそこそこに、相変わらずダラダラと書き綴る所存ですので、
叱咤激励、抗議、中傷、書き逃げのほど宜しくお願いします。m(_ _)m

2010年01月05日

子供のしかり方

ツケが回っています。
正月早々、風邪を引いて、ついでに腰にも来てます。(汗)
自分の体力も省みず、
元気な盛りの、甥っ子姪っ子の相手をしたことが響いているのは濃厚。
特に男の子の3,4歳の相手をするのはなかなかヘビーです。
元気なのはいい事だけど、
それが行き過ぎることがあります。
まぁ、大抵のことなら「コラッ!」で一喝ですが、
それが効かない事も多いです。
兄弟の子供とは言え、
それぞれの教育方針もあるので、あまり細かいことは言いませんが、
人に対して危険な事をした場合は、速やかに「バシッ!」といきます。
もう、反射的に「バシッ!」です。(笑)
後頭部におもちゃの銃で一撃を受けた時、
顔にめがけて物を投げられた時は、思わず真剣に叩きました。
まだ、して良い事と悪いことの区別を完璧につけるのには難しい歳なので、
物を投げたり、たたいたりってーことは日常茶飯事なんですが、
それゆえに、「これをやっちゃ絶対ダメ」ってーのは、反射神経に覚えさせるしかないかなと。
時間を置いて、ゆっくり言葉で理解させようとしても、
奴さんは、すっかり忘れちゃってますしね。(笑)
幸か不幸か、叩かれたことは忘れて、遊び相手をせがまれますが、
おかげさまで、正月が終わると、精根尽き果てます。
親って大変ですね。
こんなのとずーっとつき合うんですから。

ちなみに、お年玉ですが、
まだ紙幣の有り難みのわからない年代の子には、
100円玉を、100円ショップで探した綺麗な小袋に入れて上げました。
これがウケたみたいで、「お金持ちになった」ってジャラジャラしてました。
同じ金額でも嵩も重さもありますから、
金策に悩むおじさんおばさんには、お薦めです。(笑)

2010年01月29日

そんなにFlashがキライ?

「アドビ、「iPad」の「Flash」非対応に苦言」(CNET JAPAN)

iPadでは、iPhone,touchと同様にFlashがサポートされないことは、本当に残念です。
多くのコンテンツが見られない事に落胆を感じるのは当然として、
映像やインターフェースにかかわる製作者やアーティストが、
開発やプレゼンの為のデバイスとして選べないわけで、
トレンドリーダーが不在となると、売り上げにも陰を落とすことになるでしょう。
私的にも、この魅力あるデバイスを、プレゼンに使えないのは残念至極。
touchやiPnoneでも、Flashが動作していれば、コンテンツ製作の底辺も拡がって、
今ごろ愉快なガジェットで賑わっていたことでしょう。
結局のところ、タッチパネルインターフェースのプレゼン用には、
やがて登場するであろうWindowsのタブレットPCを買わざるを得ないのが現実でしょうか。
その製品が、iPadを良く研究して魅力的な製品となっていることを願うばかりです。

2010年02月15日

それで、解決出来ますか?

「500円タクシーに値上げを指示 近畿運輸局」(asahi.com)

素人考えかもしれないですが、
これでは、規制緩和の意味はなくなる気がします。
安全運行やドライバーの待遇改善が目的であれば、
車両整備等のチェックを厳しくするとか、
ドライバーの歩合を良くするとか、
方法色々は、あると思いますが、難しいんでしょうか・・・。

今は、ネットやら、GPSやらのテクノロジーもあるので、
その気になれば、けっこう生産性も上がる気がします。
Twitterで、行き先をつぶやけば、近くのタクシーが駆けつけるなんてね。

2010年02月18日

カリーング女子はモテる!

caring.jpg

深夜に目が覚めるクセがついてます。
で、たまたま、カーリングの日本対カナダを観ました。
いやぁー、スゲーです。
さすが、「氷上のチェス」と言われているだけあって、
まさに「頭脳戦」です。
状況によって、刻々と戦略が変化します。
「最後に後攻を得るために、相手に得点させる」なんて、
他のスポーツじゃあり得ませんものね。
日本とカナダは、ともにミスが少なくて、
緊張の連続でしたね。

それにしても、カーリング選手の女子は魅力的に見えます。
チーム青森の「マリリン」こと、本橋麻里は、けっこうな人気でしたし、今回の日本チームの女子もなかなかに魅力的で、それぞれに個性のあるプレーをします。
でも、単にスポーツをする姿に感動するというだけでないですね。
「なぜ、カリーリング女子は魅力的か?」
私なりに、ちょいと考えてみました。

それは、持っている道具にありますね。
まずは、「ストーン」です。
そう、あの「漬物石」のようなやつです。
そして、ホウキのような「ブラシ」です。
「漬け物」と「ホウキ」。
まさに、古風な男が持つ、良妻賢母のキーワードじゃないですか!
ゆえに、意識しなくとも、深層心理の中で、「良妻賢母」と繋がっているものと推測します。
さらにももう一つ。
あの、ストーンの的になる同心円の名前は、ずばり「ハウス」です。

真のカーリングファンから、靴を投げつけられる危険を顧みずに、
こんな大胆な推測をたててみました。

2010年03月23日

Please in Japanese !

/embed>

2006年の今頃に買った最初の車載カメラで、早朝の首都高の走行シーンをアップロードしたYoutubeに、時々コメントが付きます。
訳の分からないコメントも多いです。
はじめは、せっかくなので、なんとか訳して、稚拙な返信を付けてましたが,
めんどくさくなって、放置状態。
代わりにどこかの外人が、勝手に応えてくれたりもしています。
外国の人は,日本の複雑な高速に、けっこう興味があるみたい。
でも、本音を言えば,知って欲しいのは、日本の複雑な車社会の現状です。
もっとも日本人自身がわかっていないので、どうしようもないですが・・・

「車生活者の悲惨 」

2010年04月01日

エコ狂騒曲

先日、実家に遊びに来ている妹より電話がありました。

「母さんが、大型液晶テレビを買いたいらしいんやけど、どない?」

なんでも、エコポイントの対象機種が少なくなるってニュースをみて、慌てているとか。
大型って、数年前に弟に32インチ買ってもらったばかりだし、
そもそも、田舎には、まだ地デジが来てないでぇ、母ちゃん。
地デジ開通まで、アナログをでかい画面で見る為に、買うか、今?
1年後、今の新型を買えば、半額だよ、きっと。

ってわけで、あっさり却下です。(笑)
さて、エコ減税が終わった後の消費の落ち込みが楽しみですね。
いわば、「消費の前倒し」なわけで、
在庫のテレビが、エコポイント以上に安売りされていたりして・・・。
はやく、このおバカな状況が終わって欲しいです。

2010年04月07日

意外性

「意外性」というのは、魅力に繋がるもので、
普段はちょっとやんちゃな男が、子犬をかわいがったりするのをみて、キュンとなる婦女子も少なくないとか。
モーターショーなんかで、沢山のキャンギャルを見ていると、
「ああ、みんな奇麗なんだけど、後一歩なんだよね」などとしたり顔をしたりするものですが、
ハナっから、美人なんて居そうも無いところに、ちょっとかわいい子が居たりすると、
「うっひゃ、かわいい♪〜」なんて印象に残る事がままあります。

ようやく、近所の葺合警察署に住所変更に行った訳ですが、
なんだか、懐かしさを感じるほどに旧さの残る受付に出て来た子のかわいさは意外でした。
警察官の制服じゃなくて、ダークスーツにロン毛だったので、事務処理を行う人だと思うんですが、
思わず、「逮捕してください!」って自首しそうになりました。(笑)

逃亡犯などに懸賞金をかけたりしますけど、
ものすごくかわいい子が、「あなたの自首を待っている」なんてCFを流せば、
意外と検挙率があがったり・・・ないっすね。(汗)

2010年04月14日

先ず隗より始めよ

「衆院本会議場の周辺、ようやく禁煙に 灰皿撤去へ」(asahi.com)

なんじゃそりゃ・・・。

2010年04月21日

ミステイクかリークか

「次世代「iPhone」の画像が流出か--米報道」(CNET Japan)

とか。
写真でみると、イマイチ格好良くなーーーーい。
iBook的というか、フツーな感じ。
なんでも、Appleの関係者が、パブに置き忘れていったとか。
でも、なんで、画面の画像がないんでしょうか?
載せるでしょ、フツー。
カメラが付いて、テレビ電話出来るなら、
買い換えの検討くらいは、してあげてもいいよぉ。

2010年04月23日

不自由の良きところ

「危機回避」からひと月以上。
ヘルニアの案配は、相変わらずです。
つまり、病院に駆け込むような具合が悪い状況ではないけれど、
完璧に復調したわけではないって感じです。
日常生活では、なんら問題はないですが、
2km以上歩くのは、できればしたくないってとこ。
朝のウォーキングは無理なので、運動は、自転車によるヒルクライムになりました。
運動神経がやられているのは、ほんの一部ですが、
人の体というのは複雑なもので、ダメなところをかばおうとするために、別の箇所に無理が来ます。
運動も、無理をするとダメみたいで、リハビリとやり過ぎの塩梅を量るのは難しいです。

まぁ、なかなかすっきりしないところですが、
ちょっと不便になるのは、悪いことばかりではありません。
「病気になってはじめて気が付く」とは良く言われることですが、
街中でも、銭湯でも、ちょっと歩くのに不便な人が多いことに気が付きます。
明らかに、自分と同じくヘルニアだな、と思われる歩き方をしている人を含め、
想像以上に、障害を抱えてる人って多いんですね。
まぁ、丸の内や澁谷なんかじゃ、健康な人ばかりでしょうけど、
フツーに、地元の商店街とかで歩いている人を観察すると、
想像以上に、不自由な人が多いことに気づくでしょう。

恥ずかしながら、私自身、あまり気が付いていませんでした。
自分が、ほんの少し不自由を感じるようになって初めて、見えてきた感じです。
尼崎の列車事故で、足が不自由になった方のインタビューがありましたが、
その方の、無念さや憤りは、わずかでも共感できます。
事故で失われたことの重みを、少しでも感じらるようになったのは、
良かったと言えるかも知れません。

2010年04月24日

ユーザー不在の泥試合・・・

「アップル、「iPhone OS 4.0」でFlash排除を強化か」(CNE±T Japan)

「Adobe、 iPhone 用 Flash 技術の開発打ち切りへ」(CNET Japan)

「Adobe Systemsは、2週間前には「iPhone」で動作する「Adobe Flash」アプリケーションを構築する技術を盛んに宣伝していたが、このたび同技術の開発打ち切りを決めたことが判明した。」そうで。

簡単に言えば、iPadやiPhoneで、Flashを締め出された「腹いせ」ですかね。
この話になると、「Flashのセキュリティーが云々」とか、
「Flashのサイトがどう」とか、
って、Apple擁護のコメントがみられますけど、
それは運用の問題であって、ちょっと論点がずれている気がします。
だって、ブラウザーにある「jabaScriptをオフにする」のと同様に、
「Flashをオフにする」機能をつければいいだけですから。
標準で使えなくするのは、Appleにとって目障りってことだけでしょう。
iPhoneやtouchで動作するアプリケーションが、Appleの基準に照らして、取捨選択されるのは有名な話ですが、
全てを自分でコントロールしたい、ってジョブスの偏狭さゆえの仕様ですね。
商売上手なアドビの戦略にも不満は多いですけど、
アドビには、なんとか開発を続けて欲しかった。
このケンカがこのままこじれれば、Mac版のアドビ製品が開発中止、
なんてことにもなりかねないですね。
すでにある「資産」を遮断してしまう措置は、
ユーザー不在のメーカーのエゴのみを感じます。

2010年05月11日

タイミング

最近悩んでいるのは、買ったものをどうするか。
気に入ったものは、つい複数買ってしまうなんてことは、経験あると思いますが、
うちには、まったく同じものは3組ほどあります。
Mac miniは、サーバーのスペアとして、という言い訳で買った2台目が、交換用メモリーを交換されないまま放置で早4年と半年。
(今更、「お重にした絵面を見てみたかった」なんて洒落も通用しそうにないです)
9年前に「色違いが欲しかった」って理由で買った自転車のPEUGEOT Pacific 18の「亀号」は、実家の倉庫に放置。
「壊れたら困る」とマジに思ってスペアーに買ったOptioXも、ほぼ使わないまま箱入り娘な状態でほぼ4年です。
蓮舫議員に突っ込まれたら、どう言い訳しようかと不安な日々を送っています。
でも、オークションに出した途端に壊れたりして・・・
何てことを想像すると、なかなか手放すタイミングをはかれません。
手放すタイミングってーのは難しいです。

2010年05月14日

移動のDNA

人類というのは、定住と移動を繰り返して、進化を繰り返し現代まで生き延びて来たそうで。
人口が飽和したり、天災があったり、気候が変動したり、敵が攻めてきたりで、
定住が難しくなると、次の安住の地を目指して、放浪の旅に出たのだそうです。
面白いのは、「いや、この場に留まって、地道に改良してやっていこうよ」っていう「定住型」と、
「もうここじゃダメだから、新しい土地を探そう」っていうフロンティアスピリットに溢れる「移動型」に分かれるそうで。
どうも、DNAに、そういった性質が刻まれているのだとか。
この、「定住」と「移動」を繰り返す、というのが、面白いですね。
どちらか一つではダメなんです。
「定住」は、高度な文化の開花に欠かせないですが、気候変動などがあったとき、
その場所に留まった種は滅んでしまいます。
「移動」は、絶滅の危機を回避して、新天地で再び再起する可能性を広げます。
一つの個体の中で、一所で留まりたい性分と、どこか遠くに行きたいって両方の性質があることは確かですが、
生物学的に見ると、定住を好む個体と、移動を好む個体がいて、総体としてバランスしているんだとか。
宇宙飛行士というのは、移動を好み、移動による環境の変化に強い資質を持っち人だそうです。
環境の変化に耐えるのは当然として、変化を楽しむというか、
未知への憧れが、恐れに勝るタイプだそうです。
まぁ、こういえば、そんな「移動DNA」を持った人はかっこよさそうですが、
これだけでも、種は進化しないんでしょうね。
だって、リスクを顧みず、危険に向かうやつばかりなら、やっぱりヤバイですよね。(笑)
周りを見ると、「あ、この人は、移動型だな」とか、「この人は定住型だな」とか、
けっこうハッキリと区別できる人がいます。
とはいえ、今の日本は、定住型DNAが多いように思いますが、
さて、あなたはどちらのタイプ?

2010年05月24日

セーフ!

昨日お昼前、あの雨の中、いつもの大安亭商店街前の道路にクルマを路駐して戻ってきたら、
緑のユニホームの方が、1号の周りをウロウロ。
駐車監視員でした。
どうやらギリギリセーフ。
「放置車両確認標章」と呼ばれるステッカーを貼られる前だとセーフだとか。
本当?
とにかく、セーフでした。
しかし・・・
こんな雨の日に・・・熱心なことです。
いつもは、バイクで来るんだけど、
雨だからクルマで来ると、この有様。
でも、同じような人が多いでしょうね。
つまり、それを狙って来た?

それはそうと、左折車線に堂々と駐車しているクルマが多いのは関西ならでは?
ここの「田村ビル」の前あたり、
いつも違法駐車が駐まっていて、事実上左折車線が機能していないんだけけど、
こういう、本当に危険な所を重点的に取り締まることは出来ないのでしょうかね、

2010年05月27日

「つぶやき」始めました。

どうも、世間的に、「つぶやき」が流行っているようなので、
さすがに、知らない振りは出来ないと、
ちょいと前から、こっそり登録してましたが、
そろそろ、「いいんじゃないか」ってことで、
ユーザー名を公開します。
他の人のブログを見ていたら、そこにTwitterのパーツが張り込んであったので、
Twitterサイトを物色していたら、「プロフィールウィジェット」ってーのを見つけたので、スタルシートを適当に弄ったら上手くいったみたい。
サイドのフレームの幅が、若干狭かったので、そちらも少し広げました。
もっとも、基本的な「遅さ」の改善に手をつけねばなりませんけど。

面倒臭がりですが、時々は呟こうと思ってます。

2010年06月12日

理不尽

ツーリングの後は、無性に温泉に行きたくなります。
今日もそのパターンで、いつもの灘温泉に行きました。
温泉に行くと、「一杯」やりたくなるのもお決まりのパターンです。
つまり、「ツーリング+温泉+一杯」は、パッケージな訳です。
で、夕方、いつもの灘温泉に行って、
その帰り、これまたいつもの「高田屋」へ。
明日の天気が悪いせいか、今日は混んでるパターン。
わずかに開いていたカウンター席に滑り込みました。
今日、どうしても食べたかったのは、軟骨の唐揚げ。
湯上がりのビールに合います。
相変わらず、高田屋の軟骨唐揚げは絶品。
ほのかにニンニクの香りが食欲をそそります。
この時点で、両サイドの客で、喫煙者は無し!
ラッキーです。(^_^)V

いい感じに食が進むので、調子にのって生酒注文です。
が、この頃、例のタバコの紙が焦げた臭いが・・・。
右横の3人組のオッサンの一人が、肘をついた指の先に、火を付けたばかりのタバコが・・・。
一通りお酒がすすんで、「一服」が出ました。
私の席は風下なので、もろに煙がきやがります
「とにかく、コイツが吸い終われば」と耐えていると、
ようやく吸い終わったらしく(実際は半分以上燃えてるだけです)、灰皿にねじ込んでいます。
「やった終わった」
そう思った次の瞬間、トイレから戻ったもう一人のオッサンが、箱から1本のタバコを取り出しています。
で、おもむろに火をつけやがりました。
一難去ってまた一難です。
今度のオッサンは、肺活量が大きいようで、吐いた煙がすごい。
ったく、風呂上がりの髪と服に、しこたま臭いが付いた感じ。
頼んだお酒はたっぷりあるし、このままでは帰れません。
席をずらして必至に耐えるしかありません。
(ほんとに、クセーなぁ)
それでも、ようやく終わったようです。
しかし、今度は、左隣のオッサンの手に、一本のタバコが!
しかし、幸いにして、私のほうが風上なので、直撃は免れました。
ホッとしたも束の間、今度は最初にすってたオヤジが2本目着火です。
・・・・

かつて喫煙者だった身としては、
あまりえらそうなことは言えないんですが、
吸ってるときは、気が付かないんですよね。
だから、お店で禁煙にしてほしい。
せめて、タバコを吸わない人の気持を伝えて欲しいです。
お店の人は、売り上げを落としたくないために、禁煙なんて考えられないででょうけど、
こういう、理不尽なことには、勇気をもってノーをいうお店が出てきて欲しいです。
それに、タバコを吸わない人のほうが多いのだから、そっちのほうがお客さんが来ると思うんでけどね。

2010年06月30日

無事1周年

ウッカリしてました。
カレンダーの記載を見て、
昨年の6月29日、「フレンドリーな白バイ」を思い出しました。
それなりにあちこち走り回っていたし、
お世辞にも行儀のいい運転ではないです。
安全と判断する限り、気持ちのいい速度で走っていた気がするし、
黄色いラインを越して先行車を追い越したこともあったかも知れない。
それでも、無事何事もなく過ごせたのは、
nuviのおかげと、単に運が良かったからでしょう。
ギリギリセーフな時も何度かあったし。(汗)
ともかく、これで、前歴0、累積0にリセットされました。
この調子で、目指せゴールド!

2010年07月05日

一人大相撲

マニアでは無いですが、
相撲好きです。
なので、一連の騒ぎは残念ですが、
一部の力士や親方を厳しく処分するやり方は腑に落ちないですね。
琴光喜などは、幕下からやり直すとか、失敗してもやり直す姿を見せるようなやり方もあったと思います。
そもそも、閉鎖的な相撲社会自体こそ、今回の諸悪の根源ではないですかね。
「格式」とか「品格」とか、本来の意味を外れて、力士を拘束する術に使われて、
自己管理すら自由に出来ない閉塞的な環境が、「居ながらにして遊べる娯楽」に走らせた向きもあるのではと想像します。
ルールや処罰を厳しくして、果たして相撲界が良くなるとは思えません。
なので、今回の大嶽親方と琴光喜の処分は、今の相撲界の限界を示しているように思えます。

2010年07月06日

あるはずのものがない

10imgp8074.jpg

「あるはずのものがない」
そういう状況とうのは、けっこう焦るものです。
昨日行った神戸マツダの待合室にあったパソコンは、
きれいに手入れは行き届きつつも、
かなり型の古いIBMのデスクトップモデルでした。
なので、マウスも今時希有な「ボールマウス」でしかも「スクロールホイール無し」。
少々懐かしい動きの悪さはともかくとして、
スクロールホイールが無いのには、戸惑いました。
ページをスクロールするときに、人差し指が虚空を彷徨うことも何度か。
AT車からマニュアル車に乗り換えた直後の左手の動きと同じです。(笑)
スクロールホイールってーのは、必須の機能になっていたんですね。
あるべき機能がないというのは、かなり調子が狂います。

2010年07月09日

もっと光を

最近の雨はすごいっすね。
温暖化の影響なんて言われてますけど、
ホントに「降るときゃ降るぜ!」って感じで、ザブザブ来ます。
先日も、実家に帰る折、いつものように加古川バイパスを走っていたら、
いきなり、前が見えにくいほどの勢いで来ました。
ワイパーも追いつかないほど。
すぐにライトオンして、速度を落としましたが、
急だったせいか、ライトを点灯していないクルマも多数ありました。
これが、結構怖い。
ライトが点いていないと、本当に見えないんです。
それに、落としたと思った速度も意外に殆ど落ちていないことに気が付きました。
遮音が控えめな1号は、高速ではエンジンや風切り音が容赦ないんですが、
豪雨の音にかき消されて、速度を落としたと錯覚していたみたい。
前を見るのに必至で、メーター見る余裕もありませんでした。
たぶん、こんな状況で事故って起こるんでしょうね。
皆さんも気をつけてください。

って締めたいところだけど、
ライトオンや速度に気が付かないのを、人のせいばかりにも出来ないですね。
照光式のメーターが増えたせいか、日が暮れた時やトンネルの中でもライトの点灯を忘れる人が増えた気がします。
ひどい雨や暗い時は、ライトの自動点灯か、点灯を促す警告が標準装備も良いのではと思います。
ヒューマンエラーをフォローするのが機械の役割ですから。

2010年07月12日

選挙結果

政治家というのは、どうしてこうも感覚の鈍い方が多いんでしょうか?
名前に「かん」が付くのに鈍いですね。
すぐにすげ替えるわけにもいかないだろうし、
若手が出てこないのは、どこかの党と変わらないし、
話にならんですね。
ダメならひっくり返る傾向はいいことですが、
レベルの低い人には出て欲しくないです。
やっぱり、しんしん党しかない?

2010年07月15日

2台目ゲット

WiFi Body Scaleを実家のジジババ用にポチしました。
ジジは、全摘したにもかかわらず、食べ物の好き嫌いが激しく、
その割に活動量がを減らないので、目下体重が下降中。
ババは、体重減少傾向中のジジを尻目に、
高血圧にも関わらず、隙あらば食べるし、運動量少なめの省エネ志向なので、
医者の警告にもかかわらず、体重が減りません。
そういうわけで、二人の健康を管理する必要に迫られました。
自分の事すら管理できていないのにという指摘は却下です。

2010年07月23日

脱臼

時々、姪っ子を預かってます。
目下の興味は「ワンワン」。
Youtubeでペットのビデオを観ることに嵌っています。
カメラでの自分撮りも楽しいみたい。
ちっちゃい朝青龍ですね。(笑)
この間、遊んでいたら、急に腕が痛いと言い始めました。
どうやら脱臼したみたい。
用事が終わった父親に来てもらって「入れて」もらいました。
子供の脱臼は珍しくないとか。
関節周りが未発達だからだとか。
特定の角度で曲げると「入る」そうですが、
さすが親ですね。
私には怖くて無理です。(汗)
これからは、「自分で」入れてくれないかな。
「自分で脱臼を直す幼児」ってちょっとすごそうなんだけど。(笑)

2010年08月13日

怖い話

「道にオイル!バイク転倒・車スリップ…計9台が事故 堺」(asahi.com)

特にバイクを運転していて怖いと思う事のひとつが、
走行中のスリップダウンです。
林道などでは、そもそもスリップ前提で構えているし、
絶対速度も低いし、単独である場合が多いので怖さは少ないけど、
フツーに舗装路を走っていて、予想外のグリップ低下ほど怖いものはないです。
多くの場合は、路面に浮いた砂ですが、
ごく稀にある、路面にある黒いシミは最悪です。
おそらく、クルマから洩れたエンジンオイルですが、
万一、コーナー途中にこんなものがあれば、即転倒です。
幸いにして、そういう局面になったことはないけれど、
想像するだけで、怖いです。
気をつけるってわけにはいかないですが、
やばそうなエリアでは、頭の隅に置いておいた方がいいですね。

2010年08月24日

路上の人々

猛暑の影響からか、名古屋へ向かう途中の路上で立ち往生しているクルマを見かけました。
原因は色々だと思いますけど、その時の対応が気になりました。
1台は、高速道路の路側帯で止まっている家族連れのワンボックス車です。
どうやらパンクの様でしたが、三角版も発煙筒も設置せずに、お父さんが走行車線側のタイヤを外そうとしていました。
もう一台は、なんと、高速の追い越し車線で停止していました。
クルマの前で若い男女が照れ笑いし中。
こちらも同じく、三角版の発煙筒も見あたりません。
これから設置しようとしていたのかも知れないですが、
表情からは緊張感を感じませんでした。
そもそも追い越し車線で停止って・・・。
そのうち、路側帯でBBQでもやりかねないですね。(汗)
ゆる〜い空気が流れています。

2010年09月10日

「さくらんぼ」は不適切

「新設「さくらんぼ小」校名変更へ 成人向けサイトと同名」(asahi.com)

とか。
山形の新設の小学校の名称「さくらんぼ」がアダルトサイトと同じなので、変更するらしいです。
洒落じゃなくて、マジメに検討しているみたいで・・・萎えます。
特産のさくらんぼに因んだ名称とのことですが、
じゃぁ、その「さくらんぼ」自体変えなくていいんですかね。(笑)

2010年09月13日

テレビの進化

久しぶりに、家電量販店に行きました。
少し前、家のマンションもJ-COMが入り、漸く地デジ対応となりました。
なので、テレビは、当然のようにアナログ。
しかも、14インチです。
リビングに置いてるいる位置が遠いので、文字が読めません。
別にテレビが見えないからと言っても、全然焦る必要もないですが、
情報だけは仕入れていかないと、いざと言うときに、足下も見られる心配があります。
そういうわけで、運悪く近づいてきた若い店員さんを捉まえて、
軽く、最新のテレビ事情の把握に努めました。

何気にテレビコーナーをざっと見てみると、
なんと、すでに40インチ越えが10万円を切っています。
少し前、32インチが10万を切ったって騒いでいた記憶があるんだけど。
はぁ〜、もう40インチの時代ですかぁ。
でも、よく見ると、同じ42インチで、15万円とか25万円とかもあります。
この疑問を彼にぶつけてみました。

私:「はぁ〜、安くなりましたねぇ。もう40インチで10万を切るのもあるんですねぇ」
私:「なんで、この製品だけがこんなに安いの?」
店:「この製品は『フルHD』じゃないんですよ」
私:(出た『フルHD』! これくらいは知ってるぞぉ)
私:「なるほど。じゃぁこっちの『フルHD』が同じくらいに安いのは?」
店:「ああ、それは、録画機能が付いていないんです」
私:「って事は、こいつは、録画機能付きだけど、フルHDじゃないので、この価格な訳ね。」
店:そうなります。

私:「最近のは、『LEDバックライト』なのかしら?」
店:「そうですね、今は殆どLEDになってます。この”LED”って表示があるのは全てそうです。
私:(うぇ〜、ほぼ全てLEDじゃん!)
私:「LEDのやつはやっぱり消費電力は少ないの?」
店:「そうですね。大体半分くらいだと思ってもらえばいいです」
私:(「プラズマ」ってあるのを差しながら)「このプラズマだと電気食う?」
店:「そうですね。ちょっと消費電力は多くなります。」
私:「LEDの弱点ってないの?」
店:「特に弱点ってないですね。強いて言うなら明るすぎるところが好みになります」
私:(まぁ、今更LEDじゃないのを選ぶ理由はないかなぁ)
私:「スピーカーは無し?」
店:「LEDタイプは、薄型化していますので、スピーカーが外付けになります」

私:「画面や縁がテカテカしていないのが好みなんだけど、そういうのある?」
店:(やや困った表情で)「今、そういうのは無いですねぇ・・・」
私:(たたみかけるように)「あれ、部屋の照明が写り込んでイヤなんだよね」
店:(苦笑い)「・・・」
私:(プラズマのを差しながら)「これ少しマシだね。あ、プラズマだと輝度が高いからかな?」
店:「そうですねぇ・・・」

私:(この件に関しては進展無しと見て話題を変える)
  (デザインが良さそうな白いフレームのを差して)「この黒とかないの?」
店:(ちょっと表情に明るさが戻って)「こちらのはサイズ違いですが同じデザインの黒色のタイプです」
因みに、SONYブラビアでした。
私:「このデザインは薄くていいねぇ。」
店:「LEDのは、本体を薄くできます。」
私:「なるほど、LEDじゃないのは、少し分厚いね」
私:「お奨めってありますか?」
店:(さらに表情が明るくなって)「こちらの製品は『4原色』となっておりまして、非常に色の再現性が良いです。」
といって、ブラビアの横にある製品を差されました。
シャープのアクオスです。
出た、アクオス。
実際、見比べると、アクオスの4原色は、色に深みがあるというか、生っぽいというか、
人の肌の色とかの、クルマのボディーの質感とか、これが液晶化よ、ってレベルの凄さです。
値段は、録画機能無しのLEDブラビアの2.5倍。
4原色以外の機能は殆ど同じなので、表示品質のみが価格差になっています。
でも、それでも選ぶだけの説得力があります。
ホントすごいことになってます。
シャープで残念なのは、唯一デザインのみ。
本体のデザインは、やや過飾で、リモコンのデザインはストレートに野暮ったいです。
SONYのスマートさとは対局な感じ。
というか、これだけスマートな家電のデザインがもてはやされる中で、
シャープを初めとして、テレビのデザインが野暮ったいままなことに驚きです。
最後に、店員さんに訊きました。

私:「録画機能付きが多いけど、あなたならどっち選びます?」
店:「あまり録画をされない方でしたら、録画機能付きがお手軽でいいですけど、
   よく使われる方でしたら、故障とかもありますし、モデルサイクルもありますので、録画は別に行われるのが良いと思います」
彼は、正直なようです。

こんな会話をしながら、以下の結論を得ました。
LEDバックライト、録画機能無し。
4原色はまだ高い。
上記条件で、今のところ「テカテカ画面」と「テカテカフレーム」でない製品の登場をもうしばらく待つ・・かな。

2010年09月14日

デカ足×2

小4と小6の姪っ子姉妹の足です。
デカイです。
24〜25?
伯父さんの贔屓めな目でみても、そこそこ美人だと思うけど、
デカイです。
上は、私と身長が同じくらい。
足のデカサからいって、妹も、すぐに私を追い越すでしょう。
そのせいか、最近、なめられている気がします。
もっとも、2才の姪っ子にも、気のせいか、「顎で使われている」感じがしているんで、
単純に、大きさだけの問題では無いかも知れないですが・・・(汗)

#でもね、2才姪っ子の「ウダァー!」っていう「言葉で」彼女が、今何をして欲しいかを察する私って、ちょっと誉められていいんじゃないですか?
最初はチンプンカンプンだったけど、今は、殆ど何を言ってるかわかる自分を誉めてあげたいです。

2010年09月27日

「おおきに、ありがとう」

さて、東京から神戸に引っ越して、ほぼ1年になります。
スジ肉を買うにはどことか、
この日用品を買うにはこっちのホームセンターが良いとか、
行きつけの飲み屋やパン屋ができたりとか、
コアな地元情報以外、ほぼ支障なく得られるほどになりました。
最近思うのは、買い物などの折に、言われる言葉です。

「おおきに、ありがとう」

「おおきに」は、「ありがとう」の意味ですが、
ありがとう×2、みたいな感じ?
サンキュー、アリガトウー、と同じですかね。
普通は、「毎度、おおきにー!」ってパターンが多いです。
でも、この「おおきに」って言葉はいいですね。
関西弁で「アホやなぁ」っていうのと同じくらいに好きです。
方言というのは、気持がこもっている感じがしていいものですが、
こと「おおきに」って言葉は格別の感じがします。
語源を調べると、

「はなはだ、たいそう、大いに、とても」を意味する
形容動詞「おおき(なり)」の連用形である。

だそうで。
「本当にありがとう」って意味になりますか。
語感にもそう言う意味が感じられます。
関東だと「どうもありがとう」って感じ?
方言としては、「おおきに」=「大いにありがとう」ってことでしょうから、
「おおきに、ありがとう」は、関西風ありがとうと、標準語のありがとうのミックスとも言えます。
といっても、「関西」と「関東」だけではないです。
世代間のギャップを減らす意味でのマルチリンガル。
年配の方に向けては、「おおきに」。
若い世代には「ありがとう」。
「おおきに、ありがとう」は、全ての世代と地域をカバーする感謝の言葉なんんじゃないですかね。
後10年くらい経ったら、
高田屋の女将はお勘定の後にこういうかも。

「おおきに、ありがとう、サンキュー」

2010年09月29日

疑似シングルファーザー

緊急事態により、夕方からいつもの姪っ子を預かっていました。
いつものように、ペットのToutubeを見て、
NHKの子ども番組をみて、
プロジェクターで『カーズ』を流し、
その他諸々の遊びを終え、
おやつを与え、
夕飯を作り与え、
こぼしたお茶を拭き、
ウンチの始末をして、
シャワーを浴びさせ、
再び、Youtubeでにゃんにゃん鑑賞。
最後は眠くなってくずりはじめたので、
寝かしつけて、母の迎えを待ちました。
世のお母さんは、これを朝から晩まで毎日やっているんですね。
ホンマ「神」としか言いようがない。

2010年10月08日

三文芝居

国会の代表質問は・・・、
いったい、誰に向かって話しているのか・・・。